シリーズ絵本のおすすめ15選【名作のシリーズ絵本を一覧で紹介】

シリーズ絵本 おすすめ絵本

子どもに初めての絵本や読んでもらいたい絵本を選ぶ時、思い浮かぶのは長い間人々に親しまれてきた作品ですよね。

古くから語り継がれてきた昔話はもちろん、誰もが一度は目にしたことのあるキャラクターたちが活躍する物語は、親子が絵本を楽しむきっかけを与えてくれます。

今回ご紹介するシリーズ絵本も、どれも多くの人々に親しまれてきた名作ばかりです。
読むごとに、次の物語を手に取りたくなるシリーズばかりなのでぜひ参考になさって下さいね。

スポンサーリンク
  1. シリーズ絵本のおすすめを紹介【名作から人気の定番まで】
  2. シリーズ絵本のおすすめ1.【おしりたんてい絵本シリーズ】
    1. 『おしりたんてい』
    2. 『おしりたんてい ププッ レインボーダイヤをさがせ!』
    3. 『おしりたんてい ププッ ちいさなしゃちょうのだいピンチ!?』
    4. 『おしりたんてい ププッ きえたおべんとうのなぞ!』
  3. シリーズ絵本のおすすめ2.【絵本だるまさんシリーズ】
    1. 『だるまさんが』
    2. 『だるまさんの』
    3. 『だるまさんと』
  4. シリーズ絵本のおすすめ3.【くれよんのくろくん絵本シリーズ】
    1. 『くれよんのくろくん』
    2. 『くろくんとふしぎなともだち』
    3. 『くろくんとなぞのおばけ』
    4. 『くろくんとちいさいしろくん』
  5. シリーズ絵本のおすすめ4.【猫絵本シリーズ】
    1. 『11ぴきのねこ』
    2. 『11ぴきのねあsことこぶた』
    3. 『11ぴきのねこふくろのなか』
    4. 『11ぴきのねことへんなねこ』
  6. シリーズ絵本のおすすめ5.【童話絵本シリーズ】
    1. 『エルマーのぼうけん』
    2. 『エルマーとりゅう』
    3. 『エルマーと16ぴきのりゅう』
  7. シリーズ絵本のおすすめ6.【ウルトラマン絵本シリーズ】
    1. 『かたづけしないとどうなるの?』
    2. 『あいさつ あいさつ』
    3. 『はみがきしないとどうなるの?』
    4. 『ゴモラのえいようまんてんごはん』
  8. シリーズ絵本のおすすめ7.【ディズニー絵本シリーズ】
    1. 『リトル・マーメイド』
    2. 『シンデレラ』
    3. 『ダンボ』
    4. 『プーさんとはちみつ』
  9. シリーズ絵本のおすすめ8.【幼児絵本シリーズ】
    1. 『いちくんにいくんさんちゃん』
    2. 『ともだち』
    3. 『こりすのふかふかまくら』
    4. 『らいおんのがお』
  10. シリーズ絵本のおすすめ9.【日本昔話絵本シリーズ】
    1. 『かちかち山(日本昔ばなしアニメ絵本1)』
    2. 『さるかにばなし(日本昔ばなしアニメ絵本2)』
    3. 『一休さん(日本昔ばなしアニメ絵本3)』
    4. 『かぐやひめ(日本昔ばなしアニメ絵本4)』
  11. シリーズ絵本のおすすめ10.【おばけ絵本シリーズ】
    1. 『ねないこだれだ』
    2. 『おばけなんてないさ』
    3. 『おつきみおばけ』
    4. 『おばけのばあ』
  12. シリーズ絵本のおすすめ11.【世界名作絵本シリーズ】
    1. 『ながぐつをはいたねこ(世界名作アニメ絵本1)』
    2. 『シンデレラ(世界名作アニメ絵本2)』
    3. 『ヘンゼルとグレーテル(世界名作アニメ絵本3)』
    4. 『しらゆきひめ(世界名作アニメ絵本4)』
  13. シリーズ絵本のおすすめ12.【昔話絵本シリーズ】
    1. 『きつねとたぬきのばけくらべ』
    2. 『にんじんさんがあかいわけ』
    3. 『おんぶおばけ』
    4. 『ふくろうのそめものや』
  14. シリーズ絵本のおすすめ13.【森のシリーズ】
    1. 『森の絵本』
    2. 『水の絵本』
    3. 『空の絵本』
  15. シリーズ絵本のおすすめ14.【絵本14匹シリーズ】
    1. 『14ひきのひっこし』
    2. 『14ひきのあさごはん』
    3. 『14ひきのさむいふゆ』
    4. 『14ひきのやまいも』
  16. シリーズ絵本のおすすめ15.【絵本そらまめくんシリーズ】
    1. 『そらまめくんのベッド』
    2. 『そらまめくんとめだかのこ』
    3. 『そらまめくんのぼくのいちにち』
    4. 『そらまめくんとながいながいまめ』
  17. お気に入りを揃えたくなるシリーズ絵本

シリーズ絵本のおすすめを紹介【名作から人気の定番まで】

シリーズ絵本の最大の特徴は、子どもたちの好奇心をかき立てる魅力溢れるキャラクターが描かれている事です。

その多くは、子どもが親しみやすいシンプルなストーリーと、色彩豊かなイラストが魅力的な作品となっています。

そして、シリーズで揃えたくなるポイントのひとつが、子どもが手に取りやすいコンパクトなサイズと、買い求めやすい価格設定です。

赤ちゃんに向けたシリーズ絵本は、ファーストブックとしてプレゼントする際にもおすすめですよ。

読み聞かせやお出かけブックとしても最適な絵本から、大人でも楽しめる読み応えのある絵本まで、ぜひお気に入りのシリーズを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ1.【おしりたんてい絵本シリーズ】

『おしりたんてい』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作・イラスト:トロル
出版社:ポプラ社
発行日:2012/10/6
価格+税:1,404円

「においますね」が口癖の紳士、おしりたんていは今日も大活躍!

レディーにやさしくスィートポテトが大好きなおしりたんていは、子どもに大人気のユーモア溢れるキャラクターです。

「消えたお菓子を探してほしい」という依頼を受け、リボンを目印に依頼人に会いに出かけるおしりたんてい。
しかし、待ち合わせの場所にはリボンを付けた3人の人物が待っているのでした。

果たして本当の依頼人は?

このシリーズの人気の秘密は、おしりたんていと謎解きをしながらページをめくるワクワク感とも言えます。

最後はおしりたんていの必殺技に子どもも大喜び。
小さな子どもから小学校低学年まで、幅広い年代に大人気のシリーズ絵本となっています。

『おしりたんてい ププッ レインボーダイヤをさがせ!』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『おしりたんてい ププッ レインボーダイヤをさがせ!』
作・イラスト:トロル
出版社:ポプラ社
発行日:2013/9/10
価格+税:1,404円

『おしりたんてい ププッ ちいさなしゃちょうのだいピンチ!?』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『おしりたんてい ププッ ちいさなしゃちょうのだいピンチ!?』
作・イラスト:トロル
出版社:ポプラ社
発行日:2014/3/8
価格+税:1,404円

『おしりたんてい ププッ きえたおべんとうのなぞ!』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『おしりたんてい ププッ きえたおべんとうのなぞ!』
作・イラスト:トロル
出版社:ポプラ社
発行日:2014/10/1
価格+税:1,404円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ2.【絵本だるまさんシリーズ】

『だるまさんが』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:かがくい ひろし
出版社:ブロンズ新社
発行日:2008/1/1
価格+税:918円

赤ちゃんのファーストブックにぴったりのシリーズ絵本です。

ぷくーっと真っ赤に膨らんでこちらを見ているだるまさん。

「だ・る・ま・さ・ん・が~」の言葉に続けてページをめくると、あらら、ゆらゆら揺れただるまさんはすってんころりん転んでしまいます。

「だ・る・ま・さ・ん・が…」と再びページをめくると、そこにいるのはプシューっとぺちゃんこになっただるまさん!

まんまると可愛らしいだるまさんが伸びたり縮んだり、時に笑って見せる姿には、赤ちゃんだけでなく大人も思わず笑顔になってしまいますね。

作者のかがくいひろしさんの読者に対する、温かな想いが込められた作品は、シリーズで揃えて親子で何度も読み返したくなる絵本となっています。

『だるまさんの』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『だるまさんの』
作者:かがくい ひろし
出版社:ブロンズ新社
発行日:2008/8/8
価格+税:918円

『だるまさんと』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『だるまさんと』
作者:かがくい ひろし
出版社:ブロンズ新社
発行日:2009/1/1
価格+税:918円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ3.【くれよんのくろくん絵本シリーズ】

『くれよんのくろくん』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作・イラスト:なかや みわ
出版社:童心社
発行日:2001/10/15
価格+税:1,296円

色とりどりのクレヨンたちの前に用意されたのは、真っ白な画用紙。

黄色のクレヨンが蝶々を描くと、「お花が必要ね」とあかさんとピンクちゃんが現れ、画用紙をきれいに彩っていきます。

みんなが次々と画用紙に絵を描いていく中、クレヨンのくろくんだけは、絵を汚されたらたまらないと仲間に入れてもらうことができません。

そこに現れたのはシャープペンのお兄さん。
くろくんにとっておきのアドバイスを与えてくれます。

『そらまめのベッド』でも知られる、著者のなかやみわさんの描くクレヨンシリーズは、仲間を想い合う大切さと優しい気持ちを思い起こさせてくれます。

子どもの大好きなクレヨンをテーマに、大人も楽しむ事の出来る人気シリーズとなっています。

『くろくんとふしぎなともだち』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『くろくんとふしぎなともだち』
作・イラスト:なかや みわ
出版社:童心社
発行日:2004/8/25
価格+税:1,296円

『くろくんとなぞのおばけ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『くろくんとなぞのおばけ』
作・イラスト:なかや みわ
出版社:童心社
発行日:2009/7/20
価格+税:1,296円

『くろくんとちいさいしろくん』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『くろくんとちいさいしろくん』
作・イラスト:なかや みわ
出版社:童心社
発行日:2017/9/6
価格+税:1,296円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ4.【猫絵本シリーズ】

『11ぴきのねこ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:馬場 のぼる
出版社:こぐま社
発行日:1967/4/1
価格+税:1,296円

1967年の発行以来、多くの人々に親しまれてきた馬場のぼるさんの大ベストセラーです。

登場するのは、いつもおなかぺこぺこの11匹ののらねこたち。

ある日、ヒゲの長いじいさんねこに「山のずっとむこうの湖に怪物みたいな魚が住んでいる」と教えられたのらねこたちは、魚を捕まえてやろうと11匹で出かけることになります。

「ニャゴー ニャゴニャゴ ゴロニャーン」と一斉に大きな魚に襲い掛かったねこたちは、何度も跳ね返されながらも魚を捕まえることに成功!

大喜びで魚を引きずって返るのですが、その途中に暗い夜がやってきて…。

元気で可愛らしいねこたちの姿は子どもの心を惹きつけ、シリーズを通し絵本を読むことの楽しさを教えてくれるものとなっています。

随所に散りばめられた楽しいエピソードに、読み聞かせながら思わず笑顔がこぼれてしまいます。

『11ぴきのねあsことこぶた』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『11ぴきのねことこぶた』
作者:馬場 のぼる
出版社:こぐま社
発行日:1976/1/1
価格+税:1,296円

『11ぴきのねこふくろのなか』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『11ぴきのねこふくろのなか』
作者:馬場 のぼる
出版社:こぐま社
発行日:1985/1/1
価格+税:1,296円

『11ぴきのねことへんなねこ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『11ぴきのねことへんなねこ』
作者:馬場 のぼる
出版社:こぐま社
発行日:1989/12/1
価格+税:1,296円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ5.【童話絵本シリーズ】

『エルマーのぼうけん』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:ルース・スタイルス・ガネット
イラスト: ルース・クリスマン・ガネット
出版社:福音館書店
発行日:1963/7/15
価格+税:1,296円

ある雨の日、年取ったのら猫に出会ったエルマーは、どうぶつ島に捕らえられている、かわいそうなりゅうの子どもの話を聞きます。

「りゅうの子どもを助けに行こう!」と一大決心したエルマーは、家を抜け出し船に忍び込むと、冒険の旅へ出かけます。

見開きのページにはどうぶつ島とみかん島の地図が大きく描かれ、子どもたちの好奇心をかき立てる今作は、世界の童話傑作シリーズとして高い人気を誇る絵本です。

エルマーがリュックに詰めた持ち物が、冒険の途中で次々にピンチを救うストーリーには、大人も思わず引き込まれてしまいます。

イラストを主体とする絵本から、物語を楽しむ絵本へと移行する年長の時期にもおすすめのシリーズと言えるでしょう。

後に続く続編の2冊も、ぜひ合わせて楽しんでみてくださいね。

『エルマーとりゅう』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『エルマーとりゅう』
作者:ルース・スタイルス・ガネット
イラスト: ルース・クリスマン・ガネット
出版社:福音館書店
発行日:1964/8/15
価格+税:1,296円

『エルマーと16ぴきのりゅう』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『エルマーと16ぴきのりゅう』
作者:ルース・スタイルス・ガネット
イラスト: ルース・クリスマン・ガネット
出版社:福音館書店
発行日:1965/9/30
価格+税:1,296円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ6.【ウルトラマン絵本シリーズ】

『かたづけしないとどうなるの?』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:ひらい たろう
イラスト:ヲバラ トモコ
出版社:あいうえお館
発行日:2015/1/21
価格+税:756円

みんなのヒーローウルトラマンと、身の回りのルールについて楽しく学ぶことができるシリーズ絵本です。

ウルトラかいじゅう絵本とされているように、登場するのは可愛く描かれたウルトラマンシリーズの怪獣たち。

お片づけをしなかったメトロン星人の姿は、なんともユーモラスで楽しく、子どももすんなりと片付けの重要性について親しむことができる内容となっています。

シリーズの中に登場するのは、あいさつや歯磨き、食育といった小さい子どもにこそ読み聞かせしたい内容のものばかり。

言葉では伝わりにくい日々のしつけも、子どもが大好きなウルトラマンと一緒なら楽しく身に着けることができそうですね。
一冊読んだ後には「次も揃えたい!」と子どもからリクエストが出る事も多い人気の作品です。

『あいさつ あいさつ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『あいさつ あいさつ』
作者:ひらい たろう
イラスト:ヲバラ トモコ
出版社:あいうえお館
発行日:2014/7/17
価格+税:756円

『はみがきしないとどうなるの?』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『はみがきしないとどうなるの?』
作者:ごとう まさる
イラスト:ヲバラ トモコ
出版社:あいうえお館
発行日:2017/4/29
価格+税:756円

『ゴモラのえいようまんてんごはん』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『ゴモラのえいようまんてんごはん』
作者:ごとう まさる
イラスト:ヲバラ トモコ
出版社:あいうえお館
発行日:2018/4/26
価格+税:756円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ7.【ディズニー絵本シリーズ】

『リトル・マーメイド』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:森 はるな・斎藤 妙子
出版社:講談社
発行日:2010/7/28
価格+税:473円

人魚が人間の王子に恋をしたことから始まる、ディズニー不朽のロマンチックストーリー。

長年に渡り数多くの人々を魅了してきたディズニーの中でも、選りすぐりの名作を集めた「ディズニーゴールド絵本シリーズ」は、ディズニーの物語をいつでも手元に置いておきたい方にもおすすめの絵本です。

愛すべき数々のキャラクターに、シンプルかつ心に残るストーリー。
いつまでも色あせる事のない感動作を集めたシリーズは、初めてディズニーに触れる子どもにもぴったりですね。

絵本のサイズもコンパクトで内容はイラスト中心になっているため、小さな子どもがひとりでも物語を楽しむことのできる作品となっています。

リーズナブルな価格も人気の理由のひとつ。
ぜひ、シリーズを揃えて子どもと一緒にお気に入りを見つけてみて下さいね。

『シンデレラ』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『シンデレラ』
作者:森 はるな・斎藤 妙子
出版社:講談社
発行日:2010/7/28
価格+税:473円

『ダンボ』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『ダンボ』
作者:福川 裕司
出版社:講談社
発行日:2010/8/28
価格+税:473円

『プーさんとはちみつ』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『プーさんとはちみつ』
作者:森 はるな
出版社:講談社
発行日:2011/3/28
価格+税:473円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ8.【幼児絵本シリーズ】

『いちくんにいくんさんちゃん』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:なかがわ りえこ
イラスト:やまわき ゆりこ
出版社:復刻ドットコム
発行日: 2016/2/29
価格+税:1,998円

船のかたちをした素敵な家に住んでいるのは、働き者のねこの3兄弟。
「いちくん」「にいくん」「さんちゃん」と呼ばれる3人は、ある晴れた日釣りに出かけます。

復刻傑作幼児絵本シリーズの第1作目は、名作「ぐりとぐら」でおなじみの作者による作品。
その他、シリーズに並ぶのは長きに渡り子どもから大人へと語り継いでいきたくなる心温まる作品ばかりです。

シリーズは全13巻。1冊ずつ、大切な記念日ごとに集めていくのも楽しいですね。

『ともだち』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『ともだち』
作者:まつたに みよこ
イラスト:わたなべ さぶろう
出版社:復刻ドットコム
発行日:2016/2/29
価格+税:1,998円

『こりすのふかふかまくら』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『こりすのふかふかまくら』
作者:かやま あきこ
イラスト:ひがし くんぺい
出版社:復刻ドットコム
発行日:2016/2/29
価格+税:1,998円

『らいおんのがお』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『らいおんのがお』
作者:てるむら てるお
イラスト:ただ ひろし
出版社:復刻ドットコム
発行日:2016/2/29
価格+税:1,998円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ9.【日本昔話絵本シリーズ】

『かちかち山(日本昔ばなしアニメ絵本1)』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:柿沼 美浩
イラスト:難波 高司
出版社:永岡書店
発行日:1997/8/10
価格+税:380円

いたずら大好きのタヌキは、いつもおじいさんの大切な畑を荒らす困り者です。
ある日、おじいさんはウサギの力を借りてタヌキをこらしめることを思いつきます。

たぬきの背負った枯草にそっと近寄ったウサギは、こっそりと火をつけて…。

日本昔ばなしアニメシリーズは、誰もが一度は見聞きしたことのある昔話を分かりやすく伝えてくれる絵本です。
子どももめくりやすいコンパクトサイズでしっかりした作りの絵本は、おでかけに持ち運ぶこともできますね。

シリーズは全部で16冊。
リーズナブルな価格でセットで購入することも可能なので、プレゼントにもおすすめの絵本となっています。

『さるかにばなし(日本昔ばなしアニメ絵本2)』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『さるかにばなし(日本昔ばなしアニメ絵本2)』
作者:柿沼 美浩
イラスト:井口 忠一
出版社:永岡書店
発行日:1997/8/10
価格+税:380円

『一休さん(日本昔ばなしアニメ絵本3)』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『一休さん(日本昔ばなしアニメ絵本3)』
作者:福島 宏之
イラスト:さくま しげ子
出版社:永岡書店
発行日:2002/1/1
価格+税:380円

『かぐやひめ(日本昔ばなしアニメ絵本4)』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『かぐやひめ(日本昔ばなしアニメ絵本4)』
作者:柳川 茂
イラスト:中島 ゆう子
出版社:永岡書店
発行日:1998/3/1
価格+税:380円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ10.【おばけ絵本シリーズ】

『ねないこだれだ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:せな けいこ
出版社:福音館書店
発行日:1969/11/20
価格+税:756円

「ボン、ボン、ボン…」夜の9時を伝える時計の音。
こんな時間に起きているのはだあれ?

夜中になっても起きている子は、おばけに連れられて夜空へぐんぐん、連れていかれてしまいます。

せなけいこさんの代表作である「おばけのえほん」は、不思議な怖さと共に、そのシンプルな貼り絵イラストとキャラクターの愛らしさが子どもを惹きつける作品です。

どこかほっとできる温かさに溢れたストーリーは、寝る前の読み聞かせ絵本としてもぴったりですね。

シリーズの中では可愛いおばけたちが大活躍。
おばけのキャラクターがお気に入りの子どもには、同作者の「めがねうさぎシリーズ」もおすすめです。

『おばけなんてないさ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『おばけなんてないさ』
作者:槇 みのり・ 峯 陽
イラスト:せな けいこ
出版社:福音館書店
発行日:2009/7/1
価格+税:950円

『おつきみおばけ』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『おつきみおばけ』
作者:せな けいこ
出版社:福音館書店
発行日: 2015/8/7
価格+税:950円

『おばけのばあ』


出典:https://www.amazon.co.jp/

『おばけのばあ』
作者:せな けいこ
出版社:福音館書店
発行日: 2019/6/28
価格+税:950円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ11.【世界名作絵本シリーズ】

『ながぐつをはいたねこ(世界名作アニメ絵本1)』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:シャルル・ペロー 柳川 茂
出版社:永岡書店
発行日: 2002/1/1
価格+税:380円

昔々、あるところに貧しい父親と3人の息子が暮らしていました。
父親は病気で死んでしまい、息子に残されたのは1匹の猫だけ…。

「猫を食べたら何もなくなってしまう」と嘆く息子に、「長靴と袋をください」とお願いした猫は思いもよらないストーリーを繰り広げます。

イソップ童話やアンデルセン、グリム童話を集めたシリーズは、文字も大きく漢字にはフリガナもふってあるため、子どもが長く楽しむことができる絵本です。

軽くて小さなサイズは寝る前に布団の中で読みたい時にもぴったりですね。
全部で20冊と豊富な種類が揃っているので、その日の気分で「今日はどれにしようかな」と選ぶことができるおすすめシリーズとなっています。

『シンデレラ(世界名作アニメ絵本2)』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『シンデレラ(世界名作アニメ絵本2)』
作者:シャルル・ペロー 柿沼 美浩
出版社:永岡書店
発行日: 2002/1/1
価格+税:380円

『ヘンゼルとグレーテル(世界名作アニメ絵本3)』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『ヘンゼルとグレーテル(世界名作アニメ絵本3)』
作者:グリム・柳川 茂
イラスト:宮尾 岳
出版社:永岡書店
発行日: 1998/3/1
価格+税:380円

『しらゆきひめ(世界名作アニメ絵本4)』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『しらゆきひめ(世界名作アニメ絵本4)』
作者:グリム・柳川 茂
イラスト:野田 道子
出版社:永岡書店
発行日: 2000/1/1
価格+税:380円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ12.【昔話絵本シリーズ】

『きつねとたぬきのばけくらべ』


出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:松谷 みよ子
イラスト:ひらやま えいぞう
出版社:童心社
発行日:1989/1/20
価格+税:972円

こっちの山のきつねさんと、向こうの山のたぬきさん。
ある日2匹はばけくらべをすることを思いつきます。

さあ、上手にばけることができるのはどちらでしょう?きつねとたぬきのやり取りが何とも楽しい一冊です。

「あかちゃんのむかしむかしえほん」とタイトルの付いたシリーズは、赤ちゃん絵本で大人気の「いないいないばあ」の作者、松谷みよ子さんの作品が集められた絵本です。

全7冊のシリーズ絵本は、どのイラストも可愛らしく贈り物にもぴったりですね。

文章も短く分かりやすいので、読み聞かせをしながら親子で楽しむファースト絵本としても最適なシリーズとなっています。

『にんじんさんがあかいわけ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『にんじんさんがあかいわけ』
作者:松谷 みよ子
イラスト:ひらやま えいぞう
出版社:童心社
発行日:1989/1/20
価格+税:972円

『おんぶおばけ』

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

『おんぶおばけ』
作者:松谷 みよ子
イラスト:ひらやま えいぞう
出版社:童心社
発行日:1990/2/25
価格+税:972円

『ふくろうのそめものや』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『ふくろうのそめものや』
作者:松谷 みよ子
イラスト:和歌山 静子
出版社:童心社
発行日:1991/6/25
価格+税:972円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ13.【森のシリーズ】

『森の絵本』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『森の絵本』
作者:長田 弘
イラスト:荒井 良二
出版社:講談社
発行日:1999/8/9
価格+税:1,512円

自分にとって一番大切なものとはなんでしょう?

太陽に輝く水の色や花の色…ともすればそれは慌ただしい日々の中で見過ごしてしまうようなもの。

講談社の創作絵本として発行されている今作は、「水」「空」へ続く自然豊かなシリーズ絵本です。

詩人作家である長田弘さんが丁寧に紡ぐ言葉の数々に合わせ、絵本作家である荒井良二さんが、心に染みる美しい風景を描き出しています。

子どもと共に楽しむことはもちろん、年代ごとに様々な受け取り方ができ、疲れた心をほっと癒してくれる、大人への贈り物にも最適なシリーズ絵本。

『水の絵本』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『水の絵本』
作者:
長田 弘
イラスト:荒井 良二
出版社:講談社
発行日:2019/8/22
価格+税:1,566円

『空の絵本』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『空の絵本』
作者:
長田 弘
イラスト:荒井 良二
出版社:講談社
発行日:2011/10/12
価格+税:1,512円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ14.【絵本14匹シリーズ】

『14ひきのひっこし』

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:いわむら かずお
出版社:童心社
発行日:1983/7/10
価格+税:1,296円

おとうさんにおかあさん、おじいちゃんとおばあちゃん、そして10匹の兄妹たち。
14匹のねずみの家族は、森の奥を目指して引っ越しの旅に出かけます。

家族みんなが協力しながら新しいお家を作っていく本作は、国内はもちろん、海外でも多くの人に親しまれている大ベストセラーシリーズの記念すべき第一作目です。

春、夏、秋、冬と一年を通して自然と寄り添いながら暮らす14匹の様子は、家族の温かさと自然の大切さを教えてくれるようですね。

いわむらかずおさんの優しい視点で描かれるシリーズ作の数々は、今もたくさんの人々の心を癒してくれます。

読み聞かせの時期から自分で絵本を楽しむことができるようになるまで、長い期間にわたって楽しむことができるおすすめシリーズです。

『14ひきのあさごはん』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『14ひきのあさごはん』
作者:いわむら かずお
出版社:童心社
発行日:1983/7/10
価格+税:1,296円

『14ひきのさむいふゆ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『14ひきのさむいふゆ』
作者:いわむら かずお
出版社:童心社
発行日: 1985/11/1
価格+税:1,296円

『14ひきのやまいも』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『14ひきのやまいも』
作者:いわむら かずお
出版社:童心社
発行日: 1984/7/20
価格+税:1,296円
スポンサーリンク

シリーズ絵本のおすすめ15.【絵本そらまめくんシリーズ】

『そらまめくんのベッド』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『そらまめくんのベッド』
作者:
なかや みわ
出版社:福音館書店
発行日:1999/9/30
価格+税:972円

そらまめくんの宝物は、雲のようにふかふかでやわらかい自慢のベッド。
えだまめくんやグリーンピースの兄妹がお願いしても、そらまめくんは誰にもベッドを貸してあげようとはしません。

ところがある日、大事なベッドがなくなってしまい困ったそらまめくんは…?

ベストセラーとなっているそらまめシリーズは、「くれよんのくろくん」「どんぐりむら」など数々のヒット作を生み出したなかやみわさんのデビュー作です。

お友だちの豆の殻であるベッドに寝てみるものの、困り顔のそらまめくん。
その姿はどこか可愛らしく、大人も思わずくすっと微笑んでしまいます。

初めは自分のベッドを独り占めしていたそらまめくんが、最後はお友だちにきちんと貸してあげる姿もこの作品の大きなポイントのひとつ。

「貸して」「いいよ」といったお友だちとのやり取りを覚える時期にもぴったりの絵本です。

『そらまめくんとめだかのこ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『そらまめくんとめだかのこ』
作者:なかや みわ
出版社:福音館書店
発行日:2000/9/15
価格+税:972円

『そらまめくんのぼくのいちにち』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『そらまめくんのぼくのいちにち』
作者:なかや みわ
出版社:福音館書店
発行日:2006/6/21
価格+税:905円

『そらまめくんとながいながいまめ』

出典:https://www.amazon.co.jp/

『そらまめくんとながいながいまめ』
作者:なかや みわ
出版社:福音館書店
発行日:2009/4/1
価格+税:905円
スポンサーリンク

お気に入りを揃えたくなるシリーズ絵本

シリーズ絵本となる作品は、どれも昔から言い伝えられてきた物語や、子どもに人気のキャラクターを主人公としたものばかりです。

お気に入りの作品を見つけシリーズとして楽しむことで、子どもも自然と絵本の世界に慣れ親しむことができますね。

大人も改めて名作の良さを実感できるシリーズ絵本は、親子の絵本時間をより充実したものにすること間違いなしです。

タイトルとURLをコピーしました