絵本

お月見の絵本おすすめ人気15選!年齢に合わせたおすすめ絵本を紹介

子どもも大人も、つい心がはずむ日本の伝統行事、「お月見」!

ここでは、そんな「お月見」にまつわる絵本のおすすめ人気作品を、乳児、幼児~小学生まで年齢別にご紹介します。

お月見や十五夜の由来がわかる絵本など、ぜひ親子でコミュニケーションをとりながら絵本を楽しんでください!

スポンサーリンク

お月見絵本おすすめ人気作品【0歳児向け】

小さいお子さまむけの、おつきさまの絵本を1作ご紹介します。

『おつきさまこんばんは』

『おつきさまこんばんは』

出典:Amazon.com『おつきさまこんばんは』
作:林 明子
出版社:福音館書店
発行日:1986年6月20日
値段:800円+税
対象年齢:0~2歳

『おつきさまこんばんは』のあらすじ

暗い夜空に、明るいおつきさまがやってきます。

屋根のうえのネコさんは、おつきさまにごあいさつ。

「おつきさま こんばんは」

ところが、夜空には、真っ黒な雲さんもやってきて……。

『おつきさまこんばんは』(1986)の内容あらすじ・口コミと評判【ネタバレあり】
...

『おつきさまこんばんは』のおすすめポイント

おつきさまの絵本といえばこちら!

リズムのいい文章と幻想的なイラストで、何度でも楽しめる名作。

にっこりえがおのおつきさまの表情に、みているわたしたちもにっこり。

読み聞かせにとってもおすすめです。

スポンサーリンク

お月見絵本おすすめ人気作品 【1、2歳児向け】

1、2歳くらいのお子さまむけのお月見絵本を4作ご紹介します。

『ちいちゃんとじゅうごや』

『ちいちゃんとじゅうごや』

出典:Amazon.com『ちいちゃんとじゅうごや』
作:しみず みちを
出版社:ほるぷ出版
発行日:2003年4月1日
値段:900円+税
対象年齢:1歳~

『ちいちゃんとじゅうごや』のあらすじ

じゅうごやの夜。

ちいちゃんは、家族みんなでお月見をします。

さっそく、お月見だんごの準備。

うまくできるかな?

『ちいちゃんとじゅうごや』のおすすめポイント

家族でまったりお月見をする、やさしい絵本。

日本の昔ながらの暮らしをかいまみれて、ほっこりします。

小さいお子さんへの読み聞かせにもおすすめ。

『おつきみおばけ』

『おつきみおばけ』

出典:Amazon.com『おつきみおばけ』
作:せな けいこ
出版社:ポプラ社
発行日:2015年8月
値段:880円+税
対象年齢:2歳~

『おつきみおばけ』のあらすじ

今夜は、お月見のよる。

やさしいちいさなおばけの子どもは、泣いているウサギの子どもをみつけます。

どうしよう……ウサギの子どもをたすけないと!

おばけの子どもは、おつきさまの力をかりることに。

『おつきみおばけ』のおすすめポイント

迷子になってしまったウサギの子どもを、「お月見」でなんとか楽しませてあげようと奮闘するおはなし。

おばけの子どもががんばってお月見グッズを準備したりと、とってもほほえましい作品です。

ウサギの子どもに、まるでお兄ちゃんのように世話を焼くおばけの子ども。

せな けいこさんのかわいらしいイラストがすごく魅力的です!

『10ぴきのかえるのおつきみ』

『10ぴきのかえるのおつきみ』

出典:Amazon.com『10ぴきのかえるのおつきみ』
作:間所 ひさこ
絵:仲川 道子
出版社:PHP研究所
発行日:2009年8月20日
値段:1,400円+税
対象年齢:2歳~

『10ぴきのかえるのおつきみ』のあらすじ

みんなの大好きな秋。

おつきさまがだんだんまんまるに近づいていって、もうすぐ「十五夜」。

カエルさんたちは、おじいさんカエルから「お月見」のことを聞きます。

さあ、みんなでお月見しよう!

『10ぴきのかえるのおつきみ』のおすすめポイント

お団子を用意して、すすきをとってきて、お月見ってとっても楽しそう!

小さいお子さんの、「お月見」入門編にぴったり。

ところがカエルさんたちはトラブルに巻き込まれ、その顛末もたいへん見どころがあります。

お月見のおはなしとハプニングが組み合わされた、最後までたっぷり楽しめるストーリー。

『やまねこせんせいのこんやは おつきみ』

『やまねこせんせいのこんやは おつきみ』

出典:Amazon.com『やまねこせんせいのこんやは おつきみ』
作:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド
発行日:2013年8月30日
値段:1,200円+税
対象年齢:2歳~

『やまねこせんせいのこんやは おつきみ』のあらすじ

やまねこ先生は、みんなのおいしゃさん。

おしごとがおわり、いそいでお月見にむかいます。

だけど、ころんでがけからすべりおちてしまった……!

『やまねこせんせいのこんやは おつきみ』のおすすめポイント

おっちょこちょいなやまねこ先生と、たのしくお月見パーティ!

やまねこ先生は無事にお月見の会場にたどり着けるのか!?

ハラハラドキドキ、たのしく読み進められる作品です。

スポンサーリンク

お月見絵本おすすめ人気作品 【3、4歳児向け】

幼稚園くらいのお子さまむけのお月見絵本を5作ご紹介します。

『おつきみどろぼう』

『おつきみどろぼう』

出典:Amazon.com『おつきみどろぼう』
作:ねぎしれいこ
絵:花之内 雅吉
出版社:世界文化社
発行日:2009年7月
値段:1,000円+税
対象年齢:3歳~

『おつきみどろぼう』のあらすじ

おばあさんは、お月見のために、お月見だんごをつくります。

そして、つくりおわったら、なんとみんなのおうちのお月見だんごをつまみ食い!

だけど、あれ? おおかみさんのおうちには、お月見だんごがひとつもない……!

『おつきみどろぼう』のおすすめポイント

「おつきみどろぼう」とは、「おつきみの夜にはほかのおうちのおだんごを食べてもいいよ」という日本の風習。

こちらの絵本は、その風習をもとにしたおはなし。

カラフルでくせになるイラストが魅力的です。

十五夜のころに読むとよりたのしい絵本ですね。

『たぬきのおつきみ』

『たぬきのおつきみ』

出典:Amazon.com『たぬきのおつきみ』
作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店
発行日:2003年9月20日
値段:1,300円+税
対象年齢:4歳~

『たぬきのおつきみ』のあらすじ

とある村の、お月見の夜のタヌキたち。

お月見の準備をしよう!

さて、どこから食べ物をもってこようかな?

『たぬきのおつきみ』のおすすめポイント

ユーモアたっぷりの作品。

人間たちが用意していたおそなえものを、タヌキたちがこっそりとぬすんでいく様子が、なかなか憎めなくて笑えるおはなしです。

さいごのさいごまで、タヌキたちのおもしろおかしい行動が盛りだくさんで、気が抜けません!

『おつきみバス』

『おつきみバス』

出典:Amazon.com『おつきみバス』
作:藤本 ともひこ
出版社:鈴木出版
発行日:2017年7月
値段:1,300円+税
対象年齢:3歳~

『おつきみバス』のあらすじ

お月見の丘のうえに到着したお月見バス。

ネズミくんたちは、お月見の準備をしています。

ところが、お空のおつきさまのお顔はなんだか元気がありません。

どうしたんだろう?

『おつきみバス』のおすすめポイント

「おつきさまが のぼってくるでございバス」と、「バス」のついた喋り方がくせになるこちらの作品。

「いただきバス」シリーズの一冊です。

ポップなイラストもとてもかわいいので、読みやすい!

おはなしもおもしろくて、お月見行事のことをたのしく教えてくれるストーリーになっています。

『いただきますのおつきさま』

『いただきますのおつきさま』

出典:Amazon.com『いただきますのおつきさま』
作:鈴木 真実
出版社:講談社
発行日:2017年9月6日
値段:1,400円+税
対象年齢:4歳~

『いただきますのおつきさま』のあらすじ

ウサギさんが、あわてています。

お空にいるはずのおつきさまが、おっこちてきたのです!

ウサギさんはみんなを集めて、おちてきたおつきさまのところに向かいます。

おつきさまの正体とは……?

『いただきますのおつきさま』のおすすめポイント

とってもきれいでかわいいイラストと、ユーモアたっぷりのシュールなストーリーが魅力的な作品。

おつきさまの正体がなんなのか?、読むとほんとうにびっくりする展開。

なのですが、そのままぐんぐんストーリーが進んでいくので、面白さで押し切られます。

たくさん笑いたいときにおすすめの絵本。

『パパ、お月さまとって!』

『パパ、お月さまとって!』

出典:Amazon.com『パパ、お月さまとって!』
作:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社
発行日:1986年12月
値段:1,600円+税
対象年齢:3歳~

『パパ、お月さまとって!』のあらすじ

おつきさまがとっても近くに見える。

手を伸ばせばとどくんじゃないかな?

そこでモニカはパパに頼みます。

「パパ、お月さまとって!」

『パパ、お月さまとって!』のおすすめポイント

おっきなおつきさまがきれいで印象的な、仕掛け絵本。

夜空の色あいや月の表面など、ずっと見ていたくなるきれいさ!

ページをめくるたびに感動するような、一度は体験しておきたい名作絵本です。

お子さんの想像力や感受性を高めてくれます。

スポンサーリンク

お月見絵本おすすめ人気作品 【5、6歳児向け】

5、6歳くらいのお子さまむけのお月見絵本を2作ご紹介します。

『14ひきのおつきみ』

『14ひきのおつきみ』

出典:Amazon.com『14ひきのおつきみ』
作:いわむら かずお
出版社:童心社
発行日:1988年6月25日
値段:1,200円+税
対象年齢:2歳~

『14ひきのおつきみ』のあらすじ

大家族でくらしているネズミたち。

14ひきの子どもたちは、木のうえになにかをつくっています。

それはなんと、お月見のための展望台!

さあ、きれいなおつきさまがみえるかな?

『14ひきのおつきみ』のおすすめポイント

あたたかくてきれいな素晴らしいイラスト!

おつきさまの美しさが、力づよく表現されています。

ワクワクする展開に、お子さんも、「お月見って楽しそう」となること間違いなし。

絵本みたいに、家族でお月見してみよう!

『おつきみうさぎ』

『おつきみうさぎ』

出典:Amazon.com『おつきみうさぎ』
作:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:童心社
発行日:2001年6月11日
値段:1,300円+税
対象年齢:3歳~

『おつきみうさぎ』のあらすじ

お月見といえば「すすき」。

みんななかよく、すすきをとりに行きます。

そこで不思議なウサギを見つけて……。

『おつきみうさぎ』のおすすめポイント

「おつきさまにはウサギが住んでいるんだよ」という言い伝えをモチーフにしたファンタジックな絵本。

光る不思議なウサギさんの登場に、とってもワクワクするストーリー。

ウサギさんの正体はなんなのか……? ぜひさいごまでドキドキしながら読んでみてください!

お月見だんごの作り方が載っているところも素敵!

スポンサーリンク

お月見絵本おすすめ人気作品 【小学生以上向け】

お子さん、そして大人も楽しめる、おつきさまの絵本を3作ご紹介します。

『おつきみ』

『おつきみ』

出典:Amazon.com『おつきみ』
作:あまん きみこ
絵:黒井 健
出版社:ひさかたチャイルド
発行日:2016年8月31日
値段:1,300円+税
対象年齢:5歳~

『おつきみ』のあらすじ

おんなのこ えっちゃんと、子ねこのミュウ。

えっちゃんは、たのしくお月見の準備をしています。

だけどお空に雲がかかってしまった……!

ミュウがえっちゃんを手伝って、なんとふたりでお空の旅に出発!

『おつきみ』のおすすめポイント

とってもファンタジックなおとぎばなし。

えっちゃんと、子ねこのミュウのなかよしコンビがほほえましいです。

無事におつきさまは現れてくれるのでしょうか……?

夢あふれる展開に、ひきこまれる作品。

『ねこまるせんせいの おつきみ』

『ねこまるせんせいの おつきみ』

出典:Amazon.com『ねこまるせんせいの おつきみ』
作:押川 理佐
絵:渡辺 有一
出版社:世界文化社
発行日:2012年8月20日
値段:1,000円+税
対象年齢:5歳~

『ねこまるせんせいの おつきみ』のあらすじ

ねこまる先生は、ようちえんの先生。

さあ、今日はお月見の夜!

ねこまる先生は、お月見だんごをひとつ食べます。

すると、ねこまる先生は不思議な力でお空に飛んで行ってしまい……。

『ねこまるせんせいの おつきみ』のおすすめポイント

「ようちえんでのお月見準備」という、読んでいるとワクワクしてくる絵本。

お月見イベントの時期にぴったりな作品ですね!

青色が目をひく色使いが、とっても素敵なイラストです。

ラストのオチには、「そういうことか~」と感心すること間違いなし!

『おつきさま』

『おつきさま』

出典:Amazon.com『おつきさま』
作:やすい すえこ
絵:葉 祥明
出版社:フレーベル館
発行日:2001年9月
値段:1,000円+税
対象年齢:2歳~

『おつきさま』のあらすじ

夜になるとお空にあらわれるおつきさま。

人間も動物たちもみんな、おつきさまを見上げて、おつきさまに向かって語り掛けます。

そして、おつきさまが明日もみんなを、みまもってくれますように。

『おつきさま』のおすすめポイント

ひきこまれるようなきれいなイラストと、詩的な文章が特徴の絵本。

お子さんへの読み聞かせだけでなく、大人もたのしめる作品になっています。

おつきさまはいつもわたしたちをみまもってくれている……というやさしい作品です。

スポンサーリンク

お月見の絵本は乳児から小学生まで人気!選び方は?

お月見絵本の選び方のポイントを、3つご紹介します!

お月見絵本の選び方①

ファンタジー系?、ユーモア系?

お子さんの興味に合わせて「お月見絵本」を選びましょう!

お月見絵本の選び方②

主人公が子ども目線の絵本は、共感力を高めるのにおすすめ!

お月見絵本の選び方③

「お月見だんごのおそなえ」など、日本の伝統行事に触れられる絵本もいいですね。

スポンサーリンク

【お月見絵本まとめ】みんなでいっしょに、たのしくお月見!

お月見をするまえに、お月見絵本でワクワクを先取り!

秋にぴったりの絵本ばかりです。

ぜひ親子でいっしょに、絵本をたのしんで、十五夜になったら月を見上げてみましょう!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました