つくしがでてくるおすすめの絵本15選!あらすじやおすすめポイントを紹介!

絵本

外を歩いていてつくしを見かけると、春がきたことがより実感できます。

今回は、そんなつくしが登場する素敵な絵本のおすすめ15冊をご紹介します。

ぜひ親子で一緒に読んで、絵本からも季節を感じてみましょう。

スポンサーリンク

つくしの絵本は乳児から小学生まで大人気!子どもにはどんな効果が?

ころっとしたつくしの見た目のかわいらしさに、つい立ち止まって見入ってしまいます。

春のぽかぽかした陽気の中、つくしを見つけるとなぜか嬉しい気持ちになりますよね。

春の自然に触れることで、子どもの感性もどんどん刺激されていきます。

スポンサーリンク

つくしの絵本の人気ランキング15選!あらすじやおすすめポイントも紹介!

それでは、つくしが登場する絵本のおすすめランキング15選をご紹介します。

あらすじやおすすめポイントも合わせて紹介するので、是非絵本を選ぶときの参考にしてみてください。

1位 つくし

つくし

画像引用:Amazon『つくし』

出版社:福音館書店

作:甲斐 信枝

発行日:1997年2月15日

値段:900円+税

対象年齢:4歳頃から

『つくし』のあらすじ

つくしの1年の様子がわかりやすく描かれています。

私たちが見ているつくしは1年のうちでほんの少しだけ。

どのように育つのか、詳しく描かれています。

『つくし』のおすすめポイント

大人も知らないつくしの生態がわかりやすく描かれています。

親子で一緒に学べる絵本です。

2位 てんきのいいひはつくしとり

てんきのいいひはつくしとり

画像引用:Amazon『てんきのいい日はつくしとり』

出版社:福音館書店

作:石川えりこ

発行日:2016年2月20日

値段:1400円+税

対象年齢:6歳頃から

『てんきのいい日はつくしとり』のあらすじ

はじめてのつくし取りに気合いじゅうぶんのちえちゃん!
 
お兄ちゃんお姉ちゃんはどんどん大きいつくしを見つけるけれど、
 
ちえちゃんが見つけるのは小さいつくしばかりでだんだん悲しくなって来ました。
 
そろそろ家に帰るころ、土手の下で、見たことのないくらいの大きなつくしを見つけます。

『てんきのいい日はつくしとり』のおすすめポイント

ちえちゃんと一緒につくしを探しながら読んでみましょう。

大きなつくしを見つけたら、ちえちゃんと同じく、嬉しい気持ちになりますよ!

3位 つくしはつんつん

つくしはつんつん

画像引用:楽天ブックス『つくしはつんつん』

出版社:チャイルド本社

構成・絵:みなみじゅんこ

発行日:2018年3月

値段:343円+税

対象年齢:0歳から

『つくしはつんつん』のあらすじ

わらべうた『つくしはつんつん』をかわいらしい絵とともに描かれています。

つくしがつんつん伸びる様子をリズミカルに表現しています。

0歳の赤ちゃんから楽しめる絵本です。

『つくしはつんつん』のおすすめポイント

親子で一緒に歌って楽しむ絵本です。

覚えやすいので、毎日のお散歩のときなどにも歌ってみると、もっと楽しくなるのではないでしょうか。

4位 はるだはるだよ!10ぴきのかえる

はるだはるだよ!10ぴきのかえる

画像引用:Amazon『はるだはるだよ!10ぴきのかえる』

出版者:PHP研究所

作:間所ひさこ

絵:仲川道子

発行日:1997年2月12日

値段:1118円+税

対象年齢:4歳頃から

『はるだはるだよ!10ぴきのかえる』のあらすじ

冬眠から目を覚ました10ぴきのかえるははじめての春をむかえます。
 
つくしをみつけて大はしゃぎ!
 
ねぼすけさんがいると思って起こしたらなんとへびでみんなびっくり!
 
最後は楽しくお花見をしました。

『はるだはるだよ!10ぴきのかえる』のおすすめポイント

明るくはっきりした色使いに明るい気持ちになる本です。
 
はじめての春を迎えたかえるたちの嬉しい気持ちがあふれていてこちらまで楽しくなっちゃう!
 
かえるたちと一緒にお花見をして春を満喫しましょう。

5位 ころわんが はる みっけ!

ころわんがはるみっけ!

画像引用:Amazon『ころわんがはるみっけ!』

出版社:ひさかたチャイルド

作:間所ひさこ

絵:黒井健

発行日:2010年1月1日

値段:1200円+税

対象年齢:2歳頃から

『ころわんが はる みっけ!』のあらすじ

子犬のころわんが、友達のちょろわんと一緒に、春を見つけにお散歩に出かけます。

そこにはつくしや菜の花、てんとう虫などがたくさん。

野原いっぱいに春の風景が広がっていました。

『ころわんが はる みっけ!』のおすすめポイント

大人気ころわんシリーズの一冊です。

主人公の子犬のころわんのかわいらしい姿に癒されます。

ころわん、ちょろわんと一緒に、春を探しに出かけましょう!

6位 14ひきのピクニック

14ひきのピクニック

画像引用:Amazon『14ひきのピクニック』

出版社:童心社

作・絵:いわむらかずお

発行日:1986年11月

値段:1200円+税

対象年齢:3歳頃から

『14ひきのピクニック』のあらすじ

ある春の日、14匹のねずみの家族はピクニックへでかけました。
 
そこにはつくしやたんぽぽなどの春の草花が、たくさんありました。

『14ひきのピクニック』のおすすめポイント

小さいねずみ達からは、春はどのように見えているのでしょう。

一緒にねずみたちの視点で春を探してみましょう。

7位 みいちゃんの春

みいちゃんのはる

画像引用:Amazon『みいちゃんの春』

出版者:雲母書房

監修:遠山昭雄

文・絵:ピーマンみもと

発行日:2009年3月20日

値段:2400円+税

対象年齢:6歳頃から

『みいちゃの春』のあらすじ

お誕生日プレゼントでもらった草履を履いてお散歩に出かけたみいちゃん。
 
そこにはつくしが顔を出し、ウグイスが鳴いて、あたたかい春が来ていました。

『みいちゃんの春』のおすすめポイント

日本の春の歌を歌いながらお話が進む紙芝居です。

子どもからお年寄りまで一緒に歌いながら楽しみましょう。

8位 ぽぽちゃんとつくちゃん

ぽぽちゃんとつくちゃん画像引用:Amazon『ぽぽちゃんとつくちゃん』

出版者:平和工業

作:西本美香

絵:照喜名隆充

値段:1000円+税

対象年齢:3歳頃から

『ぽぽちゃんとつくちゃん』のあらすじ

つくしのつくちゃんとたんぽぽのぽぽちゃんの間にはガラス瓶が落ちていて、会うことができません。
 
ハチが見守る中、2人は会えるのでしょうか。
 
ぽかぽかした春の日の、心温まる友情のお話です。

『ぽぽちゃんとつくちゃん』のおすすめポイント

木の温もりを感じられる、木製かみしばいです。

ガラス瓶越しに会話をする2人の様子に、つい応援してあげたくなりますよ。

9位 はるをみつけたよ

はるをみつけたよ

画像引用:福音館書店『はるをみつけたよ』

出版社:福音館書店

作:平野恵理子

発行日:2015年3月1日

値段:400円+税

対象年齢:2歳頃から

『はるをみつけたよ』のあらすじ

春になると、つくしや小さな花がいっぱい、もんしろちょうもひらひらとんで、ねこもあくび。
 
そんな春あたたかい様子を細かく描いた絵本です。

『はるをみつけたよ』のおすすめポイント

文が少なめで小さい子も読みやすくなっています。

丁寧に描かれているので、この絵本を読んだ後で外に出て、同じものを見つけられるか探してみるのもいいですね。

10位 はるがきた!いいものいくつ?

はるがきた!いいものいくつ?

画像引用:福音館書店『はるがきた!いいものいくつ?』

出版社:福音館書店

作:おおたぐろ まり

発行日:2021年3月

値段:400円+税

対象年齢:3歳頃から

『はるがきた!いいものいくつ?のあらすじ

だんだんと春が増えていく様子を、1から10まで数えていく絵本です。
 
春の訪れを知らせるつくしが1、花の周りを歩くてんとう虫が2、卵を産むかえるが3…。
 
絵の中に隠れた春を探してみましょう。

春がきた!いいものいくつ?のおすすめポイント

宝探しのように夢中になれる一冊です。
 
親子で一緒に読んだり、ひとりでも楽しむことができます。

11位 はるのやまはザワザワ

はるのやまはザワザワ

画像引用:Amazon『はるのやまはザワザワ』

出版社:徳間書店

作・絵:村上康成

発行日:2001年1月28日

値段:1400円+税

対象年齢:5歳頃から

『はるのやまはザワザワ』のあらすじ

春になって目を覚ましたこぐまのグルルがお母さんと一緒にはちみつを探しに出かけます。
 
耳をすますと、春の音がきこえてきます。
 
いのちの音があふれる春のリズミカルな言葉と楽しい絵のお話です。

『はるのやまはザワザワ』のおすすめポイント

草花や川、鳥や虫たちの音が絵本から聞こえてくるようです。
 
擬音語が多いので、小さい子も真似して楽しめます。

12位 もーいいかいまあだだよ


もーいいかいまあだだよ

画像引用:Amazon『もーいいかいまあだだよ』

出版社:福音館書店

作:平出衛

発行日:2001年5月1日

値段:900円+税

対象年齢:3歳頃から

『つくしんぼ』のあらすじ

球根のぼうやといもむしがかくれんぼをしています。

「もーいいかい」と球根のぼうやが聞いても、いつまでたってもいもむしは「まあだだよ」

春になり、やっと「もおいいよ!」

球根のぼうやは土の上にむくっと芽を出し、にょきにょきとリューリップを咲かせます。

ですがその間にいもむしはさなぎになり、ちょうになっていました。

チューリップになったぼうやは、ちょうになったいもむしを探し出すことができるのでしょうか。

つくしやたんぽぽなど、春の草花がいっぱいに広がった楽しい絵本です。

『つくしんぼ』のおすすめポイント

「もーいいかい」「まあだだよ」のやりとりがとってもかわいい絵本です。

球根のぼうやや、いもむしの真似をして一緒に言って楽しみましょう。

13位 草花とともだち

草花とともだち

画像引用:Amazon『草花とともだち』

出版社:偕成社

構成:松岡達英

文・絵:下田智美

発行日:2004年1月11日

値段:1500円+税

対象年齢:6歳頃から

『草花とともだち』のあらすじ

春がやって来ました。色鮮やかな草花や木々、生き物たちも動き始めます。
 
女の子と動物たちが、春の草花についてわかりやすく紹介しています。

『草花とともだち』のおすすめポイント

春からの草花を使った遊びが紹介されています。

読んだ後に実際に遊んでみることで、春がより実感できます。

14位 道ばたの四季

道ばたの四季画像引用:Amazon『道端の四季』

出版社:福音館書店

文:岡部牧夫 

絵:たかはしきよし

発行日:1984年5月1日

値段:1500円+税

対象年齢:5歳頃〜

『道ばたの四季』のあらすじ

身近に見られる草花や虫、鳥などを紹介した絵本です。
 
春夏秋冬合わせて700種もの自然が描かれています。
 
春は道端の草花やたくさんの虫が動き出す様子。
 
夏はぐんぐんのびる野菜や大きくて色鮮やかな花の数々。
 
秋はだんだんと日が短くなり、虫たちが残り少ない日々を過ごし、冬は雪が一面に積もる中、鳥たちが少ないエサを探しています。

『道ばたの四季』のおすすめポイント

家の近くで実際に見られる景色が描かれています。
 
毎日の散歩の際に四季を探してみましょう。

15位 みぃつけた

みいつけた

画像引用:あかえほ『みぃつけた』

出版社:あかえほ(web絵本)

文:ちびこママ

絵:みゆき

発行日:2017年2月27日

値段:ー

対象年齢:2歳頃から

『みぃつけた』のあらすじ

お花が大好きな女の子が、つくしやお花を見つけます。

たんぽぽを見つけて、おばあちゃんが好きだった花だということを思い出します。

お空に行ったおばあちゃんに見せるように、たんぽぽの綿毛を吹くのでした。

『みぃつけた』のおすすめポイント

大切な人を思い出すような、心があたたまるお話です。

読んだあとに、優しい気持ちなれるでしょう。

スポンサーリンク

つくしの絵本を読んだら、春を見つけに行こう!

つくしの絵本を読んだら、春のお散歩にいきましょう!

つくしだけでなく、他にもたくさんの春を見つけることができて、新たな発見につながります。

絵本をきっかけに、親子で春を感じてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました