絵本

玉ねぎの絵本おすすめ人気15選!年齢に合わせたおすすめ絵本を紹介

茶色の皮でコロンと丸い玉ねぎ。

長期保存もできて、いろんな料理に使えるので常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。

今回は子どもにも親しみのある玉ねぎの絵本を紹介したいと思います。

年齢別に15冊選びましたので、きっと子供に読んであげたい絵本が見つかると思います。

スポンサーリンク

玉ねぎの絵本おすすめ人気作品【0、1、2歳児向け】

火を入れると甘く柔らかくなる玉ねぎ。

玉ねぎは離乳食としても使えるので、赤ちゃんのころから親しみが持てる野菜の一つです。

そんな玉ねぎで食育や生活マナーを教えていく本を紹介します。

『ちいさなたまねぎさん』

画像引用:Amazon

作:せな けいこ

出版社:金の星社

発行日:1977年

値段:1300円+税

対象年齢:0~2歳ごろから

『ちいさなたまねぎさん』のあらすじ

ネズミにかじられて泣いているジャガイモさん。

台所道具たちや野菜たちがネズミに立ち向かいますがやられっぱなし。

最後に玉ねぎが立ち上がります…

『ちいさなたまねぎさん』のおすすめポイント

せなけいこさんの名作絵本です。

一人では無理でも、仲間で力を合わせるとできるんだよと伝えることのできる絵本でおすすめです。

『おやさいとんとん』

画像引用:Amazon

作:真木 文絵

絵:石倉 ヒロユキ

出版社:岩崎書店

発行日:2008年01月

値段:600円+税

対象年齢:0~2歳ごろから

『おやさいとんとん』のあらすじ

じゃがいもににんじん、玉ねぎ、ブロッコリー。

ママと一緒にトントントンと切ってみよう。

切れたらお鍋にいれてね。

さて、何ができるのかな?

『おやさいとんとん』のおすすめポイント

「ママと赤ちゃんのたべもの絵本」シリーズの一冊です。

トントントンとリズミカルに切っていく様子は、子どもも一緒できるので親子で楽しめる絵本です。

『すっぽんぽーん』

画像引用:Amazon

作:わたなべ あや

出版社:ひかりのくに

発行日:2012年9月

値段:850円+税

対象年齢:0~2歳ごろから

『すっぽんぽーん』のあらすじ

「すっぽんぽーん」と野菜たちが一生懸命皮を脱いでいくお話です。

『すっぽんぽーん』のおすすめポイント

リズムがあって、絵もかわいいので小さい子どもにぴったりです。

お風呂やお着替えへのきっかけ作りにおすすめの絵本です。

『ないちゃったまねぎ』

画像引用:Amazon

作:わたなべ あや

出版社:ひかりのくに

発行日:2016年6月

値段:850円+税

対象年齢:0~2歳ごろから

『ないちゃったまねぎ』のあらすじ

たまねぎちゃんがスーパーでお菓子が欲しいといって泣き出してしまいます。

「きょうはおやつは買わないよ」というママとの約束を守ることはできるのでしょうか…

『ないちゃったまねぎ』のおすすめポイント

わたなべあやさんの生活えほんシリーズの一冊です。

約束は守ろうねということをやさしく伝えてくれる絵本です。

また、繰り返しの展開が小さな子どもに喜ばれますよ。

スポンサーリンク

玉ねぎの絵本おすすめ人気作品【3、4、5歳児向け】

自己主張がでてくるようになり、集団生活も始まってくるころです。

玉ねぎを食べるとどんないいことがあるのかという食育の本。

集団生活からの友だちへのかかわり方をみていく本。

野菜としての玉ねぎの成長を見ていく本などありますので、紹介していきますね。

『ピーマン・にんじん・たまねぎ・トマト!』

画像引用:Amazon

作:平田 昌広

絵:平田 景

出版社:文化出版局

発行日:2005年10月

値段:1400円+税

対象年齢:3歳ごろから

『ピーマン・にんじん・たまねぎ・トマト!』のあらすじ

野菜が苦手なゆうちゃんのために、お父さんが料理をすることになりました。

一緒に買い物から料理までしていきます。

ゆうちゃんは野菜を食べられるのでしょうか…

『ピーマン・にんじん・たまねぎ・トマト!』のおすすめポイント

嫌いなものを無理に食べさせるのではなく、一緒に買い物・料理をして「こうやって食べるのはどう?」と勧めてくれます。

レシピがついているので、絵本の料理を再現することもできますよ。

『ごろりん たまねぎ』

画像引用:Amazon

作:いわさ ゆうこ

出版社:童心社

発行日:2018年7月10日

値段:1100円+税

対象年齢:3歳ごろから

『ごろりん たまねぎ』のあらすじ

台所にいつもいる玉ねぎ。

芽が出た玉ねぎを植えてみたらどうなるんだろう?

種から育てたらどうなるんだろう?

『ごろりん たまねぎ』のおすすめポイント

「どーんとやさい」シリーズの一冊です。

写真のように美しい絵と、リズミカルな言葉で楽しめる絵本でおすすめです。

『たまねぎちゃん あららら!』

画像引用:Amazon

作・絵: 長野 ヒデ子

出版社:世界文化社

発行日:2012年09月05日

値段:1000円+税

対象年齢:3歳ごろから

『たまねぎちゃん あららら!』のあらすじ

玉ねぎの父さんと母さんと子どもたちは旅に出ました。

どころが、出会った子どもたちはみんな玉ねぎが嫌いだというのです。

玉ねぎほど不思議な優れものはないのだぞ、と玉ねぎの底力を見せることに…

『たまねぎちゃん あららら!』のおすすめポイント

楽しい玉ねぎ一家を通して、玉ねぎが料理の立役者であること知ることができます。

また詩のようにリズムが心地よいので、読んでいても楽しい気持ちになれる絵本です。

『たまねぎの王者ターザン』

画像引用:Amazon

原作:桂 文枝

文:ひろた だいさく

絵:すずき みほ

出版社:ワニブックス

発行日: 2017年08月

値段:1200円+税

対象年齢:3~5歳ごろから

『たまねぎの王者ターザン』のあらすじ

たまねぎが特産物の淡路島に珍しい品種の玉ねぎ「ターザン」がいました。

そしてスーパーでは、近畿の伝統野菜と玉ねぎのターザンの争いが始まりました…

『たまねぎの王者ターザン』のおすすめポイント

落語の第一人者である桂文枝さんが「淡路島創作落語三部作」を絵本にしたものです。

淡路島の風土と食べ物の魅力を分かりやすく伝えてくれる絵本です。

『怪僧タマネギ坊』

画像引用:Amazon

作・絵:川端誠

出版社:BL出版

発行日:2010年10月

値段:1300円+税

対象年齢:3~5歳ごろから

『怪僧タマネギ坊』のあらすじ

怪僧タマネギ坊はある時、漁師たちから依頼をされます。

海に巨大なイカやタコが出て漁ができないから助けてほしいのだそう。

タマネギ坊は海に小舟で乗り出すことに…

『怪僧タマネギ坊』のおすすめポイント

「野菜忍列伝」シリーズの第4弾です。

独特のリズムのある文章で、読み聞かせをしていても楽しいです。

また、ダジャレも多いので小学生の子どももいまだに好んで読んでいるのでおすすめです。

『たまねぎちゃんのやさいもぐもぐ いちねんかん』

画像引用:Amazon

原作:赤塚不二夫

編:エナポゥとフジオ・プロ

出版社:オークラ出版

発行日:2018年12月7日

値段:1500円+税

対象年齢:3~5歳ごろから

『たまねぎちゃんのやさいもぐもぐ いちねんかん』のあらすじ

やさいむらで暮らすたまねぎのたまちゃん。

なかまたちと仲良く暮らしています。

いつも元気にお外で遊べる理由は、よく野菜を食べているからのようです。

『たまねぎちゃんのやさいもぐもぐ いちねんかん』のおすすめポイント

偏食気味の子どものためにと赤塚不二夫さんが書かれた絵本です。

一年を通して、色んな野菜のよさを紹介しています。

『育てよう!食べよう!野菜づくりの本 (5)根や茎を食べる野菜 だいこん・にんじん・たまねぎ』

画像引用:Amazon

監修:小菅 知三

著者:こどもくらぶ

料理指導:堀江ひろ子

出版社:ポプラ社

発行日:2003年04月

値段:2450円+税

対象年齢:5歳ごろから

『育てよう!食べよう!野菜づくりの本 (5)根や茎を食べる野菜 だいこん・にんじん・たまねぎ』のあらすじ

タマネギをはじめ、だいこんやにんじんといった根菜の育て方や食べ方を紹介してくれる本です。

『育てよう!食べよう!野菜づくりの本 (5)根や茎を食べる野菜 だいこん・にんじん・たまねぎ』のおすすめポイント

やわらかいイラストで分かりやすく紹介されています。

また、料理も紹介されているので、子どもと一緒に作ることもできます。

スポンサーリンク

玉ねぎの絵本おすすめ人気作品【小学生以上向け】

ここからは小学生向けの玉ねぎの絵本を紹介します。

タマネギの成長を詳しくおしえてくれる本や、思いやりの心を育てる本を紹介します。

『タマネギの絵本』

画像引用:Amazon

編:川崎重治

絵:田沢千草

出版社:農山漁村文化協会(農文協)

発行日:2005年03月

値段:2500円+税

対象年齢:小学生ごろから

『タマネギの絵本』のあらすじ

タマネギはカレーライスに肉じゃが、サラダ、ハンバーグなど毎日の食事には欠かせない野菜。

古代から人類は玉ねぎを食べていたけれども、日本人が食べるようになったのは意外と最近のこと。

いろいろな料理に使える便利な野菜タマネギを知って、育てて、食べてみよう。

『タマネギの絵本』のおすすめポイント

「そだててあそぼう」シリーズの一冊です。

タマネギの歴史やその効能、育て方や食べ方に遊び方まで紹介している本です。

『たまねぎあたまのたまねぎこぞう』

画像引用:Amazon

作:二宮 由紀子

絵:スズキ コージ

出版社:ポプラ社

発行日: 2002年12月

値段:1000円+税

対象年齢:小学校低学年ごろから

『たまねぎあたまのたまねぎこぞう』のあらすじ

たまねぎあたまのたまねぎこぞうが道を歩いていた。

すると向こうからたまごあたまのたまごこぞうがやってきた。

なにかが起こりそうです…

『たまねぎあたまのたまねぎこぞう』のおすすめポイント

なんといってもインパクトのある絵の作品です。

この絵を見ただけで子どもが「読んで!」と言ってきます。

文章も面白くて、寿限無のように早口言葉風に読んであげていいと思いますよ。

『川へおちたたまねぎさん』

画像引用:Amazon

作:村山 籌子

絵:村山 知義

出版社:JULA出版局

発行日:1998年3月1日

値段:1500円+税

対象年齢:小学生ごろから

『川へおちたたまねぎさん』のあらすじ

じゃがいもさんが経営しているホテルに、なんとたまねぎさんが泊まりにきました。

そしてこのホテルに次々とアクシデントが起きてしまいます…

『川へおちたたまねぎさん』のおすすめポイント

村山 籌子さんの作品集の一冊です。

大正・昭和ごろの作品で、今の子どもたちには新鮮に聞こえる言葉づかいかとおもいます。

お話が持っている優しさで前向きになれる絵本です。

『たまねぎとはちみつ』

画像引用:Amazon

作:瀧羽 麻子

絵:今日マチ子

出版社:偕成社

発行日:2018年11月30日

値段:1600円+税

対象年齢:小学校高学年ごろから

『たまねぎとはちみつ』のあらすじ

内気で素直な千春は小学5年生。

ふとしたことがきっかけで修理屋さんのおじさんと知り合いになります。

そこには同じクラスの俊太くんも。

何かが変わっていく3人の1年を描きます。

『たまねぎとはちみつ』のおすすめポイント

小学5年生という子どもよりもすこし大きく、大人よりも小さいというわずかな期間を描いた一冊です。

大人になったときに、心の栄養になる本だと思います。

スポンサーリンク

玉ねぎの絵本は乳児から小学生まで人気!選び方は?

玉ねぎの絵本の選び方①くりかえし言葉

赤ちゃんはくりかえし言葉が大好きです。

もちろん、幼児になっても小学生になっても、みんなくりかえし言葉の絵本は大好きです。

ぜひ、くりかえし言葉のある絵本を選んでみてください。

玉ねぎの絵本の選び方②食育になる

食べ物の絵本のいいところは何といっても「食べることにつなげることができること」です。

食べることは生きること。

食への興味を出させることができる本をぜひ選んでみてください。

玉ねぎの絵本の選び方③親が読みたい本

読み手の親が楽しめないと聞いてる子どもは楽しくないです。

親の好みの絵や文章の絵本が一番だと思います。

いろんな絵本に触れて、好みの絵本を見つけてみてください。

スポンサーリンク

玉ねぎの絵本まとめ

玉ねぎの絵本を15冊ご紹介しました。

気になる絵本は見つかったでしょうか?

玉ねぎには旬がないといわれるほど、どこかの地域で何かしらの品種が栽培されていて、いつでも買うことができます。

玉ねぎはそんななじみのある野菜として、いろんな絵本があります。

この記事をよんで、お気に入り絵本が見つかるといいですね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました