絵探し絵本おすすめ15選【2歳・3歳・4歳~】遊んで観察力をつける

絵本

「絵探し絵本のレベルがわからない」という方はいませんか?絵探し絵本は、絵本によってレベルが異なります。

難しすぎると読んでもらえません。逆に簡単すぎると一回切りで終わってしまいます。適切なレベルの絵本を選びたいですよね。

本記事では、おすすめの絵探し絵本を年齢別にご紹介します。2,3,4歳以上向けのものをピックアップしています。

絵本を購入する際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

絵探し絵本のおすすめを紹介します。

おすすめの絵探し絵本をご紹介します。年齢別に区分しています。子どもの年齢のおすすめの絵本を確認してみてください。

スポンサーリンク

絵探し絵本のおすすめ3選【2歳】

楽しむ

2歳向けのおすすめの絵探し絵本です。簡単な語彙で、見つけるものも簡単な絵本です。また、本が持ち運べるように小さいものもあります。

『きんぎょがにげた』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:五味太郎
出版社:福音館書店
発行日:
1982/8/31
値段+税:972円

逃げた金魚を見つける

金魚が水槽からカーテンに逃げました。カーテンのどこにいるでしょうか?次は植木鉢どこにいるでしょうか?

今度は飴玉のボトルに逃げました。部屋のどこかに隠れています。おもちゃのどこかに逃げました。化粧台のどこかに隠れています。

金魚を探す絵本です。わかりやすいため小さな子でも読むことができます。

『ちっちゃなミッケ!』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:ジーン・マルゾーロ
ウォルター・ウィック
訳:
糸井重里
出版社:
小学館
発行日:
2009/12/4
値段+税:756円

易しい絵探しの絵本

幼児を対象にしたボードブックの絵本です。小さなサイズで持ち運び便利です。『ミッケ!』よりも優しい難易度です。

「さがしてください、くつはどこ?ぼうしもどこかに隠れてる。ミッケ?」。テンポの良いリズムで読み進めることができます。

『たべたの だあれ』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作・絵:五味太郎
出版社:文化出版局
発行日:
1997/6/20
値段+税:648円

食べ物を食べてしまった動物は?

「さくらんぼたべたのだあれ」からはじまります。

見開きの左ページには質問。右ページには食べ物を食べた動物が隠れています。動物の中に1匹だけ隠れています。

単語を覚え始めた子が理解できる内容です。隠れている動物も見つけやすいです。

スポンサーリンク

絵探し絵本のおすすめ4選【3歳】

3歳むけのおすすめの絵探し絵本のまとめです。2歳向けよりも語彙が必要になります。また、探すのも少し難しくなっております。

『うずらちゃんのかくれんぼ』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作・絵:きもとももこ
出版社:福音館書店
発行日:
1994/2/25
値段+税:880円

かくれんぼに夢中なうずらちゃんとひよこちゃん

うずらちゃんがひよこちゃんとかくれんぼをします。最初に隠れるのはうずらちゃん。うずらちゃんが隠れているところに蜂が来ました。

思わず飛び出して見つかってしまいます。今度はひよこちゃんが隠れます。隠れているところに風が吹き、木の上から落ちました。

ひよこちゃんは見つかってしまいました。雨が降ってきて困っていると、お母さんが見つけてくれました。

最後は皆でお家に帰ります。

一緒にかくれんぼをしている気分になる絵本です。どこに隠れているか、一緒に探せます。

『かくしたの だあれ』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作・絵:五味太郎
出版社:文化出版局
発行日:
1977/6/20
値段+税:648円

隠した動物はだあれ?

「てぶくろかくしたのだあれ」と質問が続きます。

見開きの右ページには、動物が隠れています。左ページに質問があります。動物たちの中に自然と隠れていてかわいいです。

簡単な単語のみ出てくるので、子どもは内容を理解できます。また、隠れている動物もわかりやすく、見つけることができます。

『どこミニ どうぶつ どこ?』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:山形明美
撮影:大畑俊男
出出版社:
講談社
発行日:
2007/11/6
値段+税:702円

動物はどこ?

写真絵本の『どこ?』シリーズの難易度が簡単な絵本です。幼児向けに簡単になっています。

「かえるどこ?」「あひるどこ?」と左ページに質問があります。右ページには写真が並んでいます。動物を覚えるのにも役立つ絵本です。

『どこにいるかわかるかな?』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:ブリッタ・テッケントラップ
訳:木坂涼
出版社:
ポプラ社
発行日:
2014/12/13
値段+税:1404円

カラフルな動物たち

とてもカラフルな絵本です。

左のページには、動物の説明と質問があります。動物についてリズムよく説明されています。右のページにカラフルな動物たちがたくさんいます。

動物の数も多く、探すのが楽しくなってきます。

文章も少し長く、見つけるのも少し難しいです。単語をある程度覚えてきた子向けの絵本です。

スポンサーリンク

絵探し絵本のおすすめ5選【4歳~】

絵探し絵本のおすすめ5選【4歳~】

4歳以上向けのおすすめの絵探し絵本をご紹介します。質問の文章の理解が求められます。また、見つけるのも一苦労な絵本もあります。

『とこちゃんはどこ』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:松岡享子
絵:加古里子
出版社:
福音館書店
発行日:
1970/7/1
値段+税:972円

とこちゃんがどこかに行ってしまった

幼稚園児のとこちゃんは、お出かけの途中にどこかに行ってしまいます。

とこちゃんはすぐに親のところを離れてどこかにいなくなっちゃいます。見開き1ページのどこかにとこちゃんがいます。

大勢の人からとこちゃんを探す絵本です。人数が多く、見つけるのに時間がかかるかもしれません。

『ミッケ!』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:ジーン・マルゾーロ
絵:ウォルター・ウィック
訳:
糸井重里
発行日:
1992/8/6
値段+税:1469円

もういいかい?ミッケ!

誰もが知っている絵探し絵本の『ミッケ!』。見開きページいっぱいのおもちゃの中から探します。

見つけるものは、ページの下や左右に書かれています。

おもちゃのワクワク感が絵本から伝わってきます。全部見つけるのは難しいため、長く付き合える絵本です。

『新ウォーリーをさがせ!』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作・絵:マーティン・ハンドフォード
訳:唐沢則幸
出版社:
フレーベル館
発行日:
2000/11/1
値段+税:1404円

ウォーリーはどこ?

一度は見たことがある『ウォーリーを探せ!』です。見開きいっぱいに大勢の人からいます。その中からウォーリーを見つける絵本です。

ウォーリーの特徴は、赤と白のボーダーのシャツです。そして帽子、めがね、杖ですよね。

ウォーリー以外にも探す人や物があります。全部見つけようとすると時間がかかります。全部見つけるために熱中する子もいるでしょう。

『もりのかくれんぼう』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:末吉暁子
絵:
林明子
出版社:
偕成社
発行日:
1978/11
値段+税:1080円

迷い込んだ森でかくれんぼ

けいことお兄ちゃんは公園から一緒に帰っていました。お兄ちゃんは、急に走り出していつもと違う道に行きました。

けいこは追いかけて行くと見たことのない森がありました。不安になって歌をうたうと、声が聞こえてきました。

もりのかくれんぼう、という名の男の子でした。2人は森の動物たちといっしょにかくれんぼをすることに。けいこが隠れていると変な歌が聞こえてきました。

歌はお兄ちゃんが歌っていました。気づくと、森ではなく団地が広がっていました。

かくれんぼをしているときに、動物たちが隠れています。秋のオレンジの葉と同じ色で隠れています。

絵本をいろいろな向きにしてみると動物たちが見えてきます。

『どこどこ?セブン』

絵探し絵本

出典:https://www.amazon.co.jp/

著:藤本真
出版社:
自由国民社
発行日:
2003/4/10
値段+税:1404円

きれいな写真の間違い探し

写真を使った絵本です。左右のページの違いを見つける間違い探しです。色鮮やかな写真で、見ているとワクワクしてきます。

日本初の写真を用いた間違い探しの絵本でもあります。同じシリーズで他にも多くの絵本があります。

間違い探し好きが好きな子は絵本もチェックしてみてください。

スポンサーリンク

絵探し絵本がおすすめな理由

絵探し絵本がおすすめな理由

絵探し絵本を子どもが読むことをおすすめする理由を3つご説明します。絵探し絵本の良さについて触れていきます。

1.観察力を身につける。

特定のものを見極めるため、観察力が必要になります。ものを見極める力や認識能力を高めることができます。

観察力を身につけると、物事に冷静に対処できるようになります。

2.集中力を身につける。

隠されているものを見つけるには集中力が必要です。注意が散漫しているとなかなか見つけられません。

そのため、幼いうちから集中力を養うことができます。集中力を養うと、学習面やスポーツにも打ち込めることができます。

3.語彙が増える。

いろいろなものや動物などが登場するため、語彙が増えます。しかも能動的に探しているため、覚えるスピードも速いです。

語彙がなかなか増えない場合は、絵探し絵本が良いでしょう。

スポンサーリンク

ワクワクする絵探し絵本に出会おう!

ワクワクする絵探し絵本に出会おう!

おすすめの絵探し絵本とおすすめする理由をご紹介しました。絵探し絵本は、イラストがきれいで大人も探したくなってしまうものばかり。

子どもの年齢に合わせて絵本を選んであげましょう。

絵探し絵本を読むことで見につく能力も多いです。どんどん子どもと一緒に読んであげてください。

絵本
スポンサーリンク
絵本スペース
タイトルとURLをコピーしました