絵本

ジュースの絵本おすすめ人気12選!年齢に合わせたおすすめ絵本を紹介

あまいミックスジュース、しゅわしゅわのソーダ。

この記事ではジュースの絵本おすすめ人気作品を年齢別に12冊ご紹介します。

ジュースの絵本は、どれもおいしそう。

絵本に出てくるジュースを、のんでみたくなりますね。

是非絵本選びの際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ジュースの絵本おすすめ人気作品【0歳児向け】

小さい子どもむけの、ジュースの絵本を2作ご紹介します。

『かんぱいごっくん』

『かんぱいごっくん』

出典:Amazon.com『かんぱいごっくん』
作:真木 文絵
絵:石倉 ヒロユキ
出版社:岩崎書店
発行日:2008年11月1日
値段:600円+税
対象年齢:0歳~

『かんぱいごっくん』のあらすじ

コップに牛乳をいれましょう。

そして、かんぱい!

ごくごくのんで、ああ、つめたいね。

『かんぱいごっくん』のおすすめポイント

「かんぱい」を覚えて、たのしくのみものをのんでみよう!

子どもが、コップを使うのが好きになる絵本です。

おいしいのみものが、たくさんでてきますよ。

『コップちゃん』

『コップちゃん』

出典:Amazon.com『コップちゃん』
作:中川 ひろたか
絵:100%ORANGE
出版社:ブロンズ新社
発行日:2003年8月
値段:850円+税
対象年齢:0歳~

『コップちゃん』のあらすじ

ちいさなコップの、コップちゃん。

はじめまして、こんにちは。

おなまえは、なんでしょう?

としは、なんさいかな?

いっしょにおはなししよう。

『コップちゃん』のおすすめポイント

コップちゃんといっしょに、ごあいさつの練習や、おしゃべり。

かわいいイラストで、たのしく話し方を学べます。

赤ちゃんのはじめての絵本にもおすすめです。

スポンサーリンク

ジュースの絵本おすすめ人気作品 【1、2歳児向け】

1、2歳くらいの子どもむけの、ジュースの絵本を3作ご紹介します。

『バーバパパのジュースづくり』

『バーバパパのジュースづくり』

出典:Amazon.com『バーバパパのジュースづくり』
作:アネット・チゾン、タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社
発行日:1997年8月28日
値段:850円+税
対象年齢:1歳~

『バーバパパのジュースづくり』のあらすじ

くだものがたくさんとれた!

ジュースを作ってみよう。

さて、バーバパパたちはどうやってジュースを作る?

『バーバパパのジュースづくり』のおすすめポイント

からだが変身できる不思議なキャラクター、バーバパパの絵本。

バーバファミリーもみんな登場します!

庭の畑でくだものを収穫したり、ジュース製造機を発明したり、なにかと楽しいこの作品。

やはりみんなの変身ぶりがみどころです!

『ぐるぐるジュース』

『ぐるぐるジュース』

出典:Amazon.com『ぐるぐるジュース』
作:矢野 アケミ
出版社:アリス館
発行日:2014年9月15日
値段:950円+税
対象年齢:2歳~

『ぐるぐるジュース』のあらすじ

りんご、みかん、バナナ、ぶどう。

おいしそうなくだものがいっぱい。

皮をむいて、ミキサーにいれます。

そして、ぐるぐる回しましょう。

『ぐるぐるジュース』のおすすめポイント

上からみたミキサーを表現した「○」がかかれています。

ミキサーで混ぜるみたいに、絵本を回してあそぼう!

「ぐるぐるえほん」シリーズの3作目です。

『ポコポコミックスジュース』

『ポコポコミックスジュース』

出典:Amazon.com『ポコポコミックスジュース』
作:さかいさちえ
出版社:教育画劇
発行日:2014年6月25日
値段:800円+税
対象年齢:2歳~

『ポコポコミックスジュース』のあらすじ

ちっちゃくてかわいいポコポコ。

今日は、たくさんのくだものをあつめます。

そして、とってもおおきなミキサーを用意して……。

ミックスジュースのできあがり!

『ポコポコミックスジュース』のおすすめポイント

カラフルでおいしそうなイラストが、とてもかわいくて魅力的!

ワクワクする絵本です。

どんなジュースができあがるのか、素敵なラストは必見!

スポンサーリンク

ジュースの絵本おすすめ人気作品 【3、4歳児向け】

幼稚園くらいの子どもむけの、ジュースの絵本を4作ご紹介します。

『ポポくんのミックスジュース』

『ポポくんのミックスジュース』

出典:Amazon.com『ポポくんのミックスジュース』
作:accototo ふくだとしお+あきこ
出版社:PHP研究所
発行日:2009年3月4日
値段:1,200円+税
対象年齢:2歳~

『ポポくんのミックスジュース』のあらすじ

かばのポポくんと、おともだちのみんな。

たくさんの果物をもっています。

そうだ、ミキサーで、ジュースにしてみよう!

いろいろなくだものを混ぜて、どんなジュースになるのかな?

『ポポくんのミックスジュース』のおすすめポイント

みんなでなかよくミックスジュースをつくる、幸せなおはなし。

最後まで、こころあたたまるストーリーです。

たくさんの、ミックスジュースのレパートリーがイラストで表現されています。

「マンゴー+オレンジ」、「イチゴ+アイスクリーム」など、想像するだけでウキウキ。

『そうだソーダ』

『そうだソーダ』

出典:Amazon.com『そうだソーダ』
作:丸山 誠司
出版社:くもん出版
発行日:2019年6月
値段:1,200円+税
対象年齢:4歳~

『そうだソーダ』のあらすじ

ソーダのお店があるそうだ。

店長さんは、ゾウだそうだ。

クリームソーダがおいしいそうだ。

ほかにもいろんなソーダがあるそうだ。

『そうだソーダ』のおすすめポイント

「ソーダ」と「そうだ」をかけた、言葉遊びの絵本。

どの文章をよんでもダジャレになっていて、たのしくよめます。

『おさるのスペシャルジュース』

『おさるのスペシャルジュース』

出典:Amazon.com『おさるのスペシャルジュース』
作:マイク・ベリー
絵:ケイト・リーク
訳・編:朝武 佳美
出版社:大日本絵画
発行日:2009年9月
値段:1,600円+税
対象年齢:3歳~

『おさるのスペシャルジュース』のあらすじ

ある日、おさるは、とってもおいしいスペシャルジュースをつくりました。

すると、動物たちがどんどんやってきて、おさるのジュースを飲みます。

『おさるのスペシャルジュース』のおすすめポイント

おいしいジュースがでてくる、仕掛け絵本です。

ページをめくっていくと、ジュースのなかみが減っていくというたのしい仕掛け!

飛び出すページもありますよ。

ほっこりするストーリの絵本です。

『はらぺこソーダくん』

『はらぺこソーダくん』

出典:Amazon.com『はらぺこソーダくん』
作:岩田 明子
出版社:佼成出版社
発行日:2014年3月30日
値段:1,300円+税
対象年齢:3歳~

『はらぺこソーダくん』のあらすじ

しゅわしゅわのソーダくん。

ソーダくんは、おいしいくだものがだいすき!

くだものにストローをさして、どんどん吸っていきます。

『はらぺこソーダくん』のおすすめポイント

おいしくてたのしそうな、ソーダが主役のお食事絵本。

ソーダなのに、飲まれるのではなく「飲む」というところに意外性アリ!

「じゅるじゅる」、「ごっくん」など、擬音語がいっぱいで読み聞かせにぴったりです。

ソーダくんはどうなってしまうのか、ハラハラドキドキの展開!

スポンサーリンク

ジュースの絵本おすすめ人気作品 【5、6歳児向け】

5、6歳くらいの子どもむけの、ジュースの絵本を2作ご紹介します。

『もりのおうちの きいちごジュース』

『もりのおうちの きいちごジュース』

出典:Amazon.com『もりのおうちの きいちごジュース』
作:ハヤ・シェンハヴ
絵:タマラ・リックマン
訳:樋口 範子
出版社:徳間書店
発行日:2019年5月25日
値段:1,600円+税
対象年齢:3歳~

『もりのおうちの きいちごジュース』のあらすじ

森のなか、あかいやねのおうちがあります。

おうちのまえには、「きいちごジュース」とかかれています。

いったいだれのおうちだろう?

『もりのおうちの きいちごジュース』のおすすめポイント

「きいちごジュース」のおうちにはだれがすんでいるのか?、気になってどんどん読み進めてしまう作品。

登場する「きいちごジュース」も、とてもおいしそうで、飲んでみたくなります。

色彩が魅力的なすてきなイラストと、やさしい気持ちになれるストーリーが魅力。

イスラエルの定番絵本です。

『ジュース』

『ジュース』

出典:Amazon.com『ジュース』
作:三木 卓
絵:杉浦 範茂
出版社:鈴木出版
発行日:2019年6月
値段:1,300円+税
対象年齢:4歳~

『ジュース』のあらすじ

いつでも自分のそばにいる、「かげぼうし」。

夏の暑い日は、とくにはっきりくっきり。

そんなある日、リョウくんがおそとにあそびにいくと、いるはずの「かげぼうし」がいない!

『ジュース』のおすすめポイント

「自分のかげが勝手に動き出したら……」という不思議なおはなし。

おそとが暑いので、「かげぼうし」がジュースをのみたがるところはとっても印象的。

リョウくんと「かげぼうし」の会話は、ユーモアたっぷりです。

スポンサーリンク

ジュースの絵本おすすめ人気作品 【小学生以上向け】

小学生くらいの子どもむけの、ジュースの絵本を1作ご紹介します。

『ロッコくんジュースのまちへ』

『ロッコくんジュースのまちへ』

出典:Amazon.com『ロッコくんジュースのまちへ』
作:にしまきかな
出版社:福音館書店
発行日:2001年5月31日
値段:1,100円+税
対象年齢:6歳~

『ロッコくんジュースのまちへ』のあらすじ

ロッコくんは森へむかいます。

その森に、月から「月の子」が落ちてきたからです。

ロッコくんは、月の子に連れられて、ジュースのまちに行きます。

『ロッコくんジュースのまちへ』のおすすめポイント

不思議でおいしそうなジュースがたくさん登場する、ファンタジックな絵本。

「ジュースのまち」にはいろんなジュースがあって、どれもとっても素敵なのです。

オレンジジュース、雨のジュース、おばけのジュース……。

みんなはどれがお気に入りかな?

スポンサーリンク

ジュースの絵本は乳児から小学生まで人気!選び方は?

ジュースの絵本の選び方のポイントを、3つご紹介します!

ジュースの絵本の選び方①身近な題材の絵本を選ぶ

ジュースをのんだことあるかな? どんなジュースがすき?

子どもにとって身近な題材の絵本を選ぶことで、物語に入り込んだり共感しやすくなります。

「このジュース、飲んだことある!」や「こういうの、飲んでみたい!」など、ポジティブな感情を引き出します。

ジュースの絵本の選び方②カラフルな絵本を選ぶ

ジュースにはいろんな色があります。

カラフルな絵本を選んで子供たちの想像力や感性を豊かに!

絵本のページを見ていくだけでも、どんどん新しい世界に触れることができますね。

ジュースの絵本の選び方③作り方がわかる絵本を選ぶ

好奇心をはぐくむためには、たのしいジュースづくり絵本がおすすめ!

なにかを作る作業は、子どもも大人もわくわくするもの。

絵本にでてきたジュースを親子で一緒に作ってみたら、素敵な思い出になること間違いなし!

スポンサーリンク

【ジュースの絵本まとめ】おいしいジュースで、さあかんぱい!

ジュースの絵本には、とってもおいしそうなジュースがたくさんでてきます。

お気に入りのジュースを見つけてみましょう!

ぜひこちらを参考に、絵本を選んでみてくださいね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました