いちご絵本の人気おすすめランキング20選【ユニークな絵本で面白いお話がもりだくさん!】

いちご絵本の人気おすすめランキング20選【ユニークな絵本で面白いお話がもりだくさん!】絵本

いちごは、子どもに大人気の果物ですよね。

子どもだけでなく、大人も好きな人が多いです。

そんないちごが登場する人気絵本を、おすすめランキングで20冊ご紹介します。

さまざまないちご絵本があるので、気になったもの、可愛いものはぜひ手に取ってみてください。

いちごが大好きな子どもと一緒に楽しめたら、親子の仲もぐっと深まりますね。

いちご絵本の選び方や種類も解説しているので、「どれにしよう?」と迷ったら参考にしてください。

いちごが苦手な子どもも、絵本を読んだら好きになるかもしれませんね。

子どもの好き嫌い克服にも、絵本が活躍するかもしれませんよ。

ぜひ、可愛らしいいちごの世界へ旅立ってください。

スポンサーリンク

いちごの絵本の選び方や種類を解説

イチゴ4

いちご絵本の選び方や種類を解説します。

3つの選び方があるので、どのいちご絵本を読もうか迷ったら、参考にしてください。

子どもが「これがいい!」と言ったら、その絵本を読んであげるといいでしょう。

いちごが主人公のものを選ぶ

イチゴ3

いちごは果物。普段は喋りませんよね。

そんないちごが動いて、喋って、面白いことをしていたら読んでいて楽しくなります。

絵本という想像の世界で、いちごたちの可愛らしい一面を見てみましょう。

おいしそうないちご絵本を選ぶ

イチゴ2

さまざまなデザートや料理に使われるいちご。

絵本の中のキャラクターがいちごで料理をしていたら、つい食欲が刺激されますよね。

絵本をきっかけに、いちご料理を作ってみるのも楽しいでしょう。

いちごを知ることができる絵本を選ぶ

イチゴ1

いちごの育て方を知っていますか?

どうやって成長するのか、それも気になりますね。

いちごの成長過程が分かる絵本を読むと、いちごを自分で栽培する楽しみも増えます。

大好きないちごをいつでも家で食べられるように、いちごの育て方が分かる絵本を読むのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

いちごの絵本の人気おすすめランキングを紹介

イチゴ

いちごの絵本の、人気おすすめランキングをご紹介します。

20冊あるので、どの絵本にしようかじっくり選んでください。

素敵ないちご絵本に出会えるといいですね。

第20位『いちご(幼児絵本シリーズ)』

いちご(幼児絵本シリーズ)出典:https://www.amazon.co.jp

作者:平山 和子
出版社:福音館書店
発行日:1989/4/15
値段+税:972円

いちごはどうやってできるの?

いちごの成長過程が分かる絵本です。畑で過ごし、春になるとつぼみをつけ花を咲かせるいちご。しばらくすると、実がなって、だんだんと赤くなっていく…。真っ赤になったら、食べごろですね。それでは、「いただきます」。

とても繊細な美しいイラストでいちごが描かれているので、見ていると美味しそうです。いちごの成長過程が分かるので、子どもの知識を付けるのにも、おすすめですよ。本物のいちごを食べながら読みたくなりますね。

第19位『いちごさんがね・・』

いちごさんがね・・出典:https://www.amazon.co.jp

作者・絵:とよた かずひこ
出版社:童心社
発行日:2013/9/10
値段+税:935円

いちごさん、どこ行くの?

いちごさんがね、旅に出ました。六個のいちごが、ずんずん進みます。進んでいると、目の前に大きなカエルが。気にせず進んでいると、今度はヘビが。その次は、雪だるま。あっ!風で飛んじゃった!でも、大丈夫。ケーキに着地。

繰り返しの言葉とポップなイラストで、小さい子どもから楽しめる絵本です。最終的にケーキに着地し、ケーキを完成させるので、食べたくなります。いちごさんを行進させながら、ケーキ作りをすると楽しいかもしれませんね。

第18位『ふたつのいちご』

ふたつのいちご出典:https://www.amazon.co.jp

作者:林 明子
出版社:福音館書店
発行日:1987/10/20
値段+税:605円

いちごを探しに森の中へ行くと…

かすみちゃんは、お母さんがケーキに乗せるいちごの数が足りないと言っていたので、森の中へ探しに行きました。すると、いちごをかごに入れている野うさぎを発見し、かすみちゃんは野うさぎを追いかけることに…。

日常のお話かな?と思いきや、うさぎのあとを追いかけるかすみちゃん。可愛いイラストと優しいストーリーに心が温まります。小さい子どもにもおすすめなので、読み聞かせてあげて優しい時間を過ごしてください。

第17位『いちごばたけのちいさなおばあさん』

いちごばたけのちいさなおばあさん出典:https://www.amazon.co.jp

作者:わたり むつこ
絵:中谷 千代子
出版社:福音館書店
発行日:1983/11/1
値段+税:990円

いちご畑の土の中のおばあさん

小さなおばあさんは、いちご畑の土の中に住んでいました。おばあさんの仕事は、いちごの実に赤い色を付けること。いつの間にか、もうじき実がなりそうになっていました。おばあさんは、大忙しで色を付ける準備に取り掛かります。

まさかいちごの赤い色はおばあさんが付けていたとは!とてもユニークなストーリーで、面白いです。イラストも細かく優しいので、じっくりと見てしまいます。ほのぼの、ほっこりとするストーリーで、とても素敵な絵本ですよ。

第16位『りくちゃんのいちごジャム』

りくちゃんのいちごジャム出典:https://www.amazon.co.jp

作者:かたくるみ
絵:さこももみ
出版社:集英社
発行日:2008/3/5
値段+税:930円

いちごジャムを一緒に作ろう!

いちごジャムの作り方が分かる絵本です。りくちゃんは、さんごちゃんから送られてきた貝殻とお手紙のお返しに、いちごジャムを作ろうと考えました。さぁ、お母さんと一緒にいちごジャム作り、始めましょう。

可愛らしいイラストと写真が載っています。絵本でいちごジャムの作り方を学べたら、楽しいですよね。いちごジャムだけでなく、リンゴやブルーベリージャムの作り方もあるので、楽しみも広がります。ぜひ、子どもと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

第15位『いちごパフェエレベーター』

いちごパフェエレベーター出典:https://www.amazon.co.jp

作者:石崎 なおこ
出版社:教育画劇
発行日:2014/7/1
値段+税:1210円

ポップで可愛いいちご絵本

いちごパフェエレベーターに、いちごやカステラ、バナナさんたちが乗りました。2階は、スポンジ工場。カステラさんが降りました。7階は、リゾートバナナ。バナナさんが降りました。そして、いちごさんは展望台まで!

ポップなイラストが可愛らしい絵本です。パフェの階層ごとに材料が違いますし、その階にいるキャラクターたちが個性豊かなので見ていて面白いですよ。パフェがエレベーターというのも、とてもユーモラスで楽しくなります。

第14位『いちごです』

いちごです出典:https://www.amazon.co.jp

作者:川端 誠
出版社:文化出版局
発行日:1984/9/16
値段+税:660円

いちごを使ったものがたくさん!

アイスクリームが6個並んでいます。いちごです。このパフェも。タルトもそうです。ケーキや、パンに塗られたジャムも。カップの柄は?これもいちごです。この本も「いちごです」です。いちごが出てきました。これもいちごです。

たくさんの「いちごです」が出てくる絵本です。繰り返しの言葉が多いので、小さい子どもから楽しめますよ。いちごが使われている料理が多いことが分かりますし、可愛らしさも伝わってくるでしょう。

第13位『いろいろいちご』

いろいろいちご出典:https://www.amazon.co.jp

作者:山岡 ひかる
出版社:くもん出版
発行日:2012/4/1
値段+税:880円

山登りをしたいちごたちは…?

つぶつぶいちごたちが、山登りをします。山のてっぺんを目指しますが、昼寝を始めたいちごがいました。そのいちごたちは、ジャムになりました。踊り始めたいちごは、ムースに。雪合戦をしたいちごは、アイスクリームに。なんと最後には…。

いちごたちがさまざまなものに変化していくので、とても面白いです。そして、最後に出来上がったものに思わずにっこり。そういうことか!と合点がいきます。いちごたちの山登りを、子どもと一緒に楽しんでください。

第12位『いちご (語りかけ絵本)』

いちご (語りかけ絵本)出典:https://www.amazon.co.jp

作者:こが ようこ
出版社:大日本図書
発行日:2017/4/5
値段+税:1100円

幼児におすすめ!シンプルな絵本

いちごが大好き。あ、もう1個あった。もう1個も。いちご。食べたくなって、1個食べちゃった!もう2個も…。なくなっちゃったけど、あ、たくさんいちごあった!それらも、パクリパクリ。全部食べちゃった。

いちごのシンプルなイラストと、繰り返しの言葉がある絵本です。幼児におすすめで、読み聞かせてあげると喜ぶでしょう。いちごを食べる動作も付けると、より楽しめますよ。いちごをたくさん食べたくなります。

第11位『どこへいったの?いちごちゃん』

どこへいったの?いちごちゃん出典:https://www.amazon.co.jp

作者:のし さやか
出版社:チャイルド本社
発行日:2019/4/1
値段+税:397円

甘いものが食べたくなる!

畑で、真っ赤になるのを待っていたいちごちゃん。やっと真っ赤になったいちごちゃんは、他のいちごたちと一緒に、かごに乗って畑からケーキ屋さんに行きました。すると、いちごちゃんはかごを飛び出して…。あれ?いちごちゃんどこ行ったの?

たくさんのいちごが登場する可愛らしい絵本です。さまざまなフルーツやデザートも描かれているので、甘いものが食べたくなりますよ。いちご好きな子どもや、甘いものが好きな子どもに読み聞かせてあげたいですね。

第10位『いちご(日本の創作絵本)』

いちご(日本の創作絵本)出典:https://www.amazon.co.jp

作者:新宮 晋
出版社:文化出版局
発行日:1975/5/1
値段+税:1760円

いちごを描いた素敵な絵本

いちごの成長が分かる絵本です。いちごが土の中で成長し、雪が降ったり風が吹いたり。少しずつ時間をかけて、いちごは成長していきます。いちごの実ができたら、またいちごが芽生える。いちごの一生も味わえます。

インパクトのある表紙がとても印象的ですね。いちごの気持ちになって描かれているので、素敵な、とても美しい絵本ですよ。子ども向けというよりも大人向けといえるかもしれません。日本語以外の言語も載っているので、外国語でも楽しめます。

第9位『いちごちゃん』

いちごちゃん出典:https://www.amazon.co.jp

作者・絵:さとう めぐみ
出版社:PHP研究所
発行日:2018/12/6
値段+税:1430円

いちごちゃんを助けろ!やくみレンジャー!

いちごちゃんは果物や野菜たちとドッチボールをしていました。そんないちごちゃんを見たカビラ―たちは、カビやすそうないちごちゃんを連れ去ろうとします。そこへ、やくみレンジャーたちがやってきました。いちごちゃんを無事助けられるのか!?

やくみレンジャーは、レモンやゆず、わさびなどです。これだけ聞いても、面白さが伝わってきますね。やくみレンジャーの活躍にも期待しますし、可愛いイラストにも注目です。男の子、女の子問わず、楽しめますよ。

第8位『イチゴの絵本』

イチゴの絵本出典:https://www.amazon.co.jp

編集:木村 雅行
絵:杉田 比呂美
出版社:農山漁村文化協会
発行日:1999/4/1
値段+税:2750円

イチゴを育てよう!

イチゴを育てたい人は、ぜひとも読みたい1冊です。イチゴはどうやって育てるの?おいしい食べ方は?花と実の実験も載っている!大好きなイチゴを自分で育てたら、味もまた格別ですね。親子で育ててみませんか?

大好きなイチゴを育てたいと思ったら、おいしく可愛く育てたいですよね。この絵本には、イチゴの育て方などがイラストで紹介されているので、分かりやすいですよ。イチゴ好きな人、イチゴを育てたい人におすすめです。

第7位『せかいいちのいちご』

せかいいちのいちご出典:https://www.amazon.co.jp

作者:林 木林、庄野 ナホコ
出版社:小さい書房
発行日:2018/6/28
値段+税:1980円

増えると減るものとは?

「いちごおとどけいたします」。シロクマの元に、そう書かれた手紙が届きました。そうして、いちごが一粒、届きます。シロクマは、可愛らしいいちごにうっとりしました。その次の年も、その次も。徐々に増えて届くいちごに、シロクマは何を思う?

素敵なイラストで、絵本の世界にぐっと引き込まれるでしょう。絵本の表紙、なぞなぞのような言葉が気になりますね。シロクマの心境の変化が、物語っています。大人向けの絵本で、心に残るストーリーとなるでしょう。

第6位『なつのいちごのおたんじょうび』

なつのいちごのおたんじょうび出典:https://www.amazon.co.jp

作者:はしもと まさむ
出版社:そうえん社
発行日:2019/6/1
値段+税:1210円

真夏にいちごたくさんのケーキを食べたい!

真夏にはいちごがありません。だけど、なっちゃんは、真夏にもいちごがたくさん乗ったケーキを食べたいと考えました。いちごたくさんのお誕生日ケーキを食べるため、さまざまな作戦を考えます。さてどうなるでしょう?

誕生日ケーキは、いちごがたくさん乗っていると嬉しくなりますよね。誕生日ケーキでなくても、いちごが乗ったケーキやデザートはおいしそうで、食べるのが楽しみになります。3歳頃からおすすめの絵本です。

第5位『ぜんべいじいさんのいちご』

ぜんべいじいさんのいちご出典:https://www.amazon.co.jp

作者:松岡 節
絵:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド
発行日:1982/3/1
値段+税:1199円

いちごと動物とぜんべいじいさん

ぜんべいじいさんは、山に一人で住んでいました。いちごを作って生活しているじいさんは、熟したいちごを動物たちにあげます。スズメやウサギなどの動物たちと触れ合いながら過ごすじいさん。ほのぼのした時間です。

いちごを通じて触れ合うじいさんと動物たちの優しいストーリーです。いちごを育てて、動物にあげたくなりますね。動物が登場するので、いちご好きだけでなく動物好きな人にもおすすめですよ。ぜひ子どもに読み聞かせてあげてください。

第4位『モリくんのいちごカー』

モリくんのいちごカー出典:https://www.amazon.co.jp

作者:かんべ あやこ
出版社:くもん出版
発行日:2016/1/1
値段+税:1320円

びっくりお誕生会を開こう!

モリくんはコウモリです。畑でいちごがたくさん実ったので、いちごのおやつを作り、きつねさんの誕生日を祝おうと思いました。きつねさんがやってきたので、いちごカーを作り、春探しゲームをみんなでやることにします。お祝いは成功するかな?

可愛らしいイラストに心が癒されます。ストーリーも温かいので、穏やかな気持ちになりますよ。いちごカーもユニークで、乗ってみたくなりますね。お友達の誕生日をお祝いするために、いちごでおやつを作りたくなります。

第3位『いちごとおひさま』

いちごとおひさま出典:https://www.amazon.co.jp

作者:真木 文絵
絵:石倉 ヒロユキ
出版社:学習研究社
発行日:2007/2/1
値段+税:372円

おひさまに会いに!いちごたちが出発

雨がやみましたが、おひさまが全然出てきません。いちごたちは心配そうに話していました。おひさまが出ないと、いちごたちは赤くなれません。いちごたちはおひさまに会いに行くことにしました。いちごたちは赤くなれるのでしょうか?

野菜や果物の成長には、おひさまは欠かせない存在ですよね。おひさまが空に昇らないと、真っ赤なおいしいいちごになりません。いちごたちの奮闘に、思わず応援したくなりますよ。小さい子どもから読むことができます。

第2位『いちごでなかよし』

いちごでなかよし出典:https://www.amazon.co.jp

作者・絵:じゃんぼ・かめ
出版社:国土社
発行日:1990/10/1
値段+税:880円

いちごたちに芽生えた友情

大きないちごと小さないちごがいました。大きないちごは一人暮らし。小さないちごは、大勢で暮らしています。大きないちごは一人で、小さないちごたちはみんなで遊んでいると、大きないちごと小さないちごたちは出会いました。

絵本の表紙のいちごイラストが目を引きます。大きないちごと小さないちごたちが仲良くなるという、ほっこりするストーリーです。たくさんのいちごが登場するので、いちご好きな人におすすめですよ。小さい子どもから読めるでしょう。

第1位『いちごちゃん (ちいさなくだものえほん) 』

いちごちゃん (ちいさなくだものえほん) 出典:https://www.amazon.co.jp

作者・絵:ひろかわ さえこ
出版社:偕成社
発行日:2015/10/17
値段+税:660円

幼児におすすめ!繰り返しがある絵本

いちごちゃん、おいでおいで。並んで並んで。とことことことこ。回って、くるくる。いちごちゃんたちが輪になりました。ぐるぐる。ヘタが取れたら、くるりんして…。あ、ケーキの上だ!いちごちゃんたちのおかげで、ケーキが完成です。

幼児から読み聞かせができる絵本です。繰り返しの言葉や簡単な文章と、可愛らしいいちごちゃんたちが描かれているので楽しめるでしょう。やっぱりいちごと言ったらケーキですね。子どもと一緒にいちごを乗せて、ケーキを完成させたくなります。

スポンサーリンク

もっといちごのことが好きになる!

いかがでしたでしょうか?

いちご絵本は、いちごの成長が分かるものやいちごが主人公のもの、いちごを使ったデザートなどが出てくるものなど、さまざまです。

どの絵本にも共通して言えるのが、読むといちごのさらなる魅力に気付き、益々好きになってしまうということですね。

いちご好きな人は、読むと幸せな気持ちになりますよ。

いちごの育て方を教えてくれる絵本もあるので、これを機に育ててみるのも面白いです。

いちごを食べるときには、絵本のキャラクターたちのことも思い出すと楽しくなりますね。

タイトルとURLをコピーしました