ホットケーキの絵本の人気おすすめランキング15選!内容・あらすじなども紹介!

ホットケーキ絵本

ほかほかのホットケーキは子どもが大好きな定番おやつ。

甘い香りと、ふんわりとした口どけで、ひとくち食べればみんな笑顔にしてくれます。

そんな魔法のようなホットケーキが出てくるお話で、親子の絵本時間を過ごしてみませんか?

定番の『しろくまちゃんのほっとけーき』や人気の鏡絵本『きょうのおやつは』をはじめ、おすすめのホットケーキの絵本を紹介します。

スポンサーリンク

ホットケーキの絵本は乳児から小学生まで大人気!子どもにはどんな効果が?

ホットケーキ初めての親子クッキングはホットケーキ、と考える方も多いのでは?

ホットケーキ作りは、材料や工程がシンプルで、小さい子どもでも挑戦できる料理ですよね。

ふつふつと焼けていく様子に食欲を刺激され、小食な子もたくさん食べてくれるはずです。

ホットケーキの絵本には親しみやすいものが多く、乳児からの読み聞かせにもぴったり。

さらに、ホットケーキを題材にした深いストーリー性のある絵本は、小学生以上のお子さんにも親しまれています。

スポンサーリンク

ホットケーキの絵本人気おすすめランキング15選!

ホットケーキ

人気のホットケーキの絵本を15冊、あらすじや対象年齢もあわせて紹介します!

ぜひ、絵本選びの参考にしてくださいね。

1位:『しろくまちゃんのほっとけーき』

しろくまちゃんのほっとけーき

出典:amazon.co.jp

作者:わかやま けん

出版社:こぐま社

発行日:1972年10月15日

値段:800円+税

対象年齢:0歳から

『しろくまちゃんのほっとけーき』のあらすじ

しろくまちゃんが、お母さんと一緒にホットケーキを作ります。

たまごは落としちゃったけれど、じっくり焼いて、きれいなホットケーキが出来上がりました。

こぐまちゃんを呼んで、いただきます!ちゃんとお皿も洗いますよ。

『しろくまちゃんのほっとけーき』のおすすめポイント

『こぐまちゃんえほん』シリーズの中でも、人気のこの作品。

頑張るしろくまちゃんの姿が、明るい色彩で描かれています。

ホットケーキを焼くときの、「ぽたあん」「ぷつぷつ」「ぽいっ」などの音は、覚えやすく病みつきになりますよ。

親も子も、何度も読みたくなるロングセラー作です。

2位:『きょうのおやつは』

きょうのおやつは

出典:amazon.co.jp

作者:わたなべちなつ

出版社:福音館書店

発行日:2014年10月10日

値段:1500円+税

対象年齢:5~6歳から

『きょうのおやつは』のあらすじ

今日のおやつを作ります。ボールに卵を割って、小麦粉、お砂糖と牛乳も。

ねこのクロは待ちきれないみたい。

湯気と甘い匂いがしてきたら、「ほっ」とひっくり返します。

メープルシロップをかけて、ホットケーキの出来上がり!

『きょうのおやつは』のおすすめポイント

絵本を直角に広げてみると、びっくり!

鏡のような紙が反射によって、本物そっくりな奥行きのある絵を見せてくれます。

手を添えれば、まるで自分がホットケーキを作っているかのような気分が味わえますよ。

リアルな絵も魅力的で、見て遊んで楽しい、鏡絵本です。

小さめサイズのため、持ち歩きにも便利ですよ。

3位:『そらから ぼふ~ん』

そらからぼふ~ん

出典:amazon.co.jp

作者:高畠那生

出版社:くもん出版

発行日:2018年3月20日

値段:1,300円+税

対象年齢:幼児から

『そらから ぼふ~ん』のあらすじ

犬を散歩中、上からなんと巨大なホットケーキが降ってきました!

さらに、べとべとのバターに、滝のようなはちみつまで。

食べていいのかな?と男は迷いながら、ホットケーキの中に入ってみます……。

『そらから ぼふ~ん』のおすすめポイント

まさか、空からホットケーキが降ってくるなんて!

奇想天外なストーリーに、大人も子どもも引き込まれてしまいます。

「ぼふ~ん」や「どっぷ~ん」という独特の響きも、子どもは夢中になること間違いなし!

そして、最後に男はこのホットケーキを食べるのか?気になりますね。

4位:『ねずみくんとホットケーキ』

ねずみくんとホットケーキ

出典:amazon.co.jp

作:なかえよしを

絵:上野紀子

出版社:ポプラ社

発行日:2000年9月1日

値段:1,000円+税

対象年齢:3歳から

『ねずみくんとホットケーキ』のあらすじ

お友達のねみちゃんが、「ホットケーキ食べに来ない?」と誘ってくれました。

ねずみくんは嬉しくなって、みんなを呼びますが、たくさんお料理の注文を受けてねみちゃんは困ってしまいます。

「おりょうりでなくて ホットケーキっていってるのに」

ねみちゃんは、どう切り抜けるのかな?

『ねずみくんとホットケーキ』のおすすめポイント

大人気『ねずみくんの絵本』シリーズの中でも人気の作品です。

ホットケーキをふるまうはずが、たくさんの料理の注文をされてしまい、困ったねみちゃん。

日々、たくさんのリクエストに応えなければいけないママ達は、ねみちゃんに共感してしまうかも?

最後は、ほっこりと温かい気持ちになれる、読み聞かせに最適な一冊です。

5位:『ホットケーキできあがり!』

ホットケーキできあがり

出典:amazon.co.jp

作:エリック・カール

訳:アーサー・ビナード

出版社:偕成社

発行日:2009年9月1日

値段:1,400円+税

対象年齢:4歳から

『ホットケーキできあがり!』のあらすじ

ホットケーキが食べたいと思った主人公ですが、簡単には食べられません。

まずは、小麦を刈り取り、脱穀の作業からです。

卵もとってきて、牛乳も搾らなければいけません。

たくさんの仕事をやり終えて、やっとホットケーキを作ります。

『ホットケーキできあがり!』のおすすめポイント

簡単なホットケーキでも、材料を準備するのはこんなに大変なの!?

原料生産の工程まで知ることができる、食育にぴったりの絵本です。

お母さんの言うとおりに、淡々と仕事をこなす主人公の姿は微笑ましく、安心感があります。

エリック・カールの色彩豊かな絵も魅力で、大人も楽しめますよ!

6位:『おばけとホットケーキ』

おばけとホットケーキ

出典:amazon.co.jp

作者:新井洋行

出版社:くもん出版

発行日:2015年2月16日

値段:900円+税

対象年齢:3歳から

『おばけとホットケーキ』のあらすじ

かわいいおばけのルララちゃんが、ホットケーキ作りの案内をしてくれます。

まずは、冷蔵庫から材料を選んでみよう。

ホットケーキも一緒にひっくり返してみるよ!

ルララちゃんが教えてくれる通りにやってみると、おいしそうなホットケーキが出来上がります。

『おばけとホットケーキ』のおすすめポイント

『えほんとあそぼ』おばけシリーズは、物語に参加しながら遊べる絵本です。

おばけの言ったとおりにやってみると、本当にホットケーキを作っている気分になれますよ。

お料理に興味がわいてきたお子さんにおすすめ!

おばけだけれどかわいい絵で、子どもがつい手に取りたくなる絵本です。

7位:『おさるのジョージパンケーキをつくる』

おさるのジョージ

出典:amazon.co.jp

原作:M.レイ H.A.レイ

訳:渡辺茂男

出版社:岩波書店

発行日:1999年10月25日

値段:900円+税

対象年齢:4歳から

『おさるのジョージパンケーキをつくる』のあらすじ

子ども病院でのお祭りの日。

何でも知りたがりのジョージは、パンケーキを作るコックさんに興味しんしんの様子。

ブルーベリー入りパンケーキを作ることになりますが、今日も楽しい事件が起こります。

『おさるのジョージパンケーキをつくる』のおすすめポイント

ロングセラー『おさるのジョージ』シリーズの、かわいいこざるのジョージ。

パンケーキ作りのお手伝いに挑戦しますが、なかなか思うようにはいきません。

今回も、失敗しながらもお手伝いを楽しむ気持ちを忘れない、そんなジョージに大人も子どもも夢中になります。

無邪気で愛らしいこざるを、周囲の人がいつも優しく助けてくれるところも魅力ですよ。

子ども達にこんな風に接したいと思える、心温まるお話です。

8位:『くろくまくんのパンケーキ』

くろくまくん

出典:amazon.co.jp

作者:小林ゆき子

出版社:フレーベル館

発行日:2014年1月1日

値段:1,200円+税

対象年齢:3歳から

『くろくまくんのパンケーキ』のあらすじ

くろくまの3兄弟は、朝ごはんにパンケーキを作るのが日課です。

美味しいパンケーキを森の仲間たちにもおすそ分けしたいと、せっせと配ります。

でも、くろくまくんたちが食べる分がなくなってしまいました。

『くろくまくんのパンケーキ』のおすすめポイント

優しいくろくまくん兄弟と、森の動物たちのほんわかするストーリー。

みんなでパンケーキを作る場面は、ワイワイと楽しそうで、仲間に入りたくなります!

野菜やフルーツたっぷりのパンケーキに、思わず見入ってしまいますよ。

かわいい絵とカラフルな色合いで楽しい気持ちにさせてくれる、人気の絵本です。

9位:『くうちゃんのホットケーキ』

くうちゃんのホットケーキ

出典:amazon.co.jp

作者:わたなべゆうこ

出版社:ポプラ社

発行日:2016年10月3日

値段:1,300円+税

対象年齢:3歳から

『くうちゃんのホットケーキ』のあらすじ

ママのホットケーキ作りを、手伝い始めたくうちゃん。

何でも自分でやりたいくうちゃんは、「ママは手伝わなくていいからね」といいますが、ひとりではうまくできません。

手伝おうとするママと喧嘩してしまいます。

部屋をとび出したくうちゃんの前に、なんとお話するホットケーキが現れます!

『くうちゃんのホットケーキ』のおすすめポイント

手伝いたい、自分でやりたい盛りのお子さんにおすすめの一冊。

やりたい気持ちは大切にしたいけれど、ママの大変さも表れていて、「あるある」とうなずいてしまうはずです。

泣いてしまうくうちゃんの気持ちに共感して、子どもが何度も読みたくなること間違いなし!

親子の読み聞かせにぴったりのストーリーです。

10位:『だいすきほっとけーき』

だいすきほっとっけーき

出典:amazon.co.jp

作者:かんのゆきこ

出版社:岩崎書店

発行日:2015年4月10日

値段:850円+税

対象年齢:0歳から

『だいすきほっとけーき』のあらすじ

みんなでホットケーキを作りましょう。

「ぴょんぴょん」だれの耳かな?ページをめくると、うさぎさん。

うさぎ、ぺんぎん、タヌキ、ブタ、動物たちがそれぞれ材料をもってやってきます。

大好きな動物たちと、ワクワク楽しいホットケーキを作り!

『だいすきほっとけーき』のおすすめポイント

かわいい動物たちのクイズなど、0歳から楽しめる遊びがいっぱい。

擬音の真似っこや、体の場所あてクイズもできて、親子でのふれあい遊びのきっかけにもおすすめです。

ホットケーキの作り方もわかりやすく、楽しく作って食べることが学べます。

小さい頃から、ぜひ読み聞かせたい絵本です。

11位:『きょうのおやつはなんだろな?』

きょうのおやつはなんだろな

出典:amazon.co.jp

作者:ふじもとのりこ

出版社:鈴木出版

発行日:2017年1月20日

値段:1,200円+税

対象年齢:2歳から

『きょうのおやつはなんだろな?』のあらすじ

ちょうど焼けたホットケーキは、バターが溶けてとってもおいしそう!

にんじんは、ジュースやゼリー、ケーキにも。

焼きとうもろこしや、ふかしたさつまいもだって、立派なおやつです。

昔からの素朴なおやつが絵本いっぱいにひろがって、きょうのおやつはなんだろな?

ママのおやつがだーいすき。

『きょうのおやつはなんだろな?』のおすすめポイント

色鉛筆で描かれた繊細な絵のおやつたちは、本当に食べたくなるくらい美味しそうです。

どれも簡単なものですが、素材を生かした愛情いっぱいの手作りおやつは、子どもが大好きなものばかり。

昔ながらの素朴なおやつから、今日のおやつを決めるのもいいですね。

言葉のくり返しで、リズムよくおやつが登場し、何度も読みたくなる絵本です。

12位:『バムとケロのおかいもの』

バムとケロ

出典:amazon.co.jp

作者:島田ゆか

出版社:文溪堂

発行日:1999年2月1日

値段:1,500円+税

対象年齢:3歳から

『バムとケロのおかいもの』のあらすじ

ケロちゃんはいつも朝寝坊だけれど、今日は早起きしてパンケーキまで作っています。

水曜日はバムと一緒に、市場へ楽しいお買い物に行く日なのです。

市場では、生地屋さんで生地をを選んで服を作って、八百屋さんやドーナツ屋さんへ行き、お昼ご飯も食べます。

ケロちゃんは不思議なお店に入って、底がぼこぼこの古いフライパンを選びます。

『バムとケロのおかいもの』のおすすめポイント

『バムとケロ』シリーズの中でも、ケロちゃんが活躍するこの作品は人気です。

最初は、黒こげのパンケーキを作っていたケロちゃんですが、最後はビックリ!?

楽しいお買い物に引き込まれながら、ケロちゃんの成長ぶりにも嬉しくなるストーリーです。

お店の中や、買ってきたものの細かな描写が目を引き、絵だけでも楽しめますよ。

13位:『フルーツパンケーキ』

フルーツパンケーキ

出典:amazon.co.jp

作者:さか井美ゆき

出版社:ひかりのくに

発行日:2015年11月5日

値段:1,100円+税

対象年齢:0歳から

『フルーツパンケーキ』のあらすじ

フルーツをたくさん盛り付けて、おいしいパンケーキを作りましょう。

『フルーツパンケーキ』のおすすめポイント

パンケーキやフルーツが、なんと全て刺繍で描かれています。

刺繡での繊細な描写と、鮮やかな色づかいに、大人も子どもも夢中になること間違いなしの一冊!

写真絵本にはないあたたかな風合いを、目でみて手でさわって感じてください。

14位:『パンケーキをたべるサイなんていない?』

パンケーキを食べるサイ

出典:amazon.co.jp

文:アンナ・ケンプ

絵:サラ・オギルヴィー

訳:角野英子

出版社:BL出版

発行日:2011年12月1日

値段:1,500円+税

対象年齢:5歳から

『パンケーキをたべるサイなんていない?』のあらすじ

最近、パパとママは話をちっとも聞いてくれないと、デイジーは不満に思っていました。

あるとき、家の中に紫色の大きなサイがあらわれて、デイジーのパンケーキを食べてしまいます。

デイジーは、パパとママにサイのことを話しますが、2人とも忙しくて相手にしてくれません。

動物園から逃げたサイがいると知って、初めてパパとママは家にいる紫色のサイに気が付くのです。

『パンケーキをたべるサイなんていない?』のおすすめポイント

家の中に紫色のサイが現れてお話をするという、驚きのストーリーは子どもに大人気。

「パパとママがお話を聞いてくれない」という主人公の思いにも、共感し引き込まれてしまいます。

家族の大切さを思い出させてくれる深い内容で、大人も考えさせられますよ。

15位:『おおきなきがほしい』

おおきなきがほしい

出典:amazon.co.jp

作:佐藤さとる

絵:村上勉

出版社:偕成社

発行日:1971年1月1日

値段:1,000円+税

対象年齢:5~6歳から

『おおきなきがほしい』のあらすじ

かおるは、「おおきなきがあるといいな。ねえお母さん」と語り始めます。

太い幹の中にできた空洞を、はしごで登っていくと、かおるの部屋や台所まである大きな夢の木。

ここでかおるはホットケーキを焼きます。

さらに登ると、見晴台があって気持ちい風が吹くのです。

夏になったら、秋になったら、冬になったら……。

かおるの想像は、どんどん膨らんでいきます。

『おおきなきがほしい』のおすすめポイント

1971年の発行から、長く愛され続ける大人気作。

子どもの頃に読んだパパママも多いのでは?

かおるの夢の木の世界へ、大人も子どもも引き込まれる絵本です。

丁寧な説明と、ほのぼのとした縦開きの絵が、大きな木を登っている気分にさせてくれます。

長めの文章で、5~6歳のお子さんが夢中で読みすすめられる、おすすめ絵本です。

スポンサーリンク

ホットケーキの絵本で笑顔の絵本時間を!

ホットケーキ

おいしそうなホットケーキの絵本を読むと、今すぐ作って食べたくなりますね!

食育を考えているパパママからも、楽しいお話を読みたい子どもたちからも、ホットケーキの絵本は選ばれています。

ぜひホットケーキの絵本を手にとって、おいしい笑顔いっぱいの絵本時間を過ごしてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました