ザリガニの絵本おすすめ人気15選!年齢に合わせたおすすめ絵本を紹介

ザリガニ絵本

みなさんは最近ザリガニを見かけましたか?

昔は近所の川などで友達とタコ糸にスルメをくくりつけてよくザリガニ釣りを楽しんだものです。

今回はそんなザリガニが登場するおすすめの絵本を年齢ごとに合わせて15冊紹介します。

大人気の生き物絵本シリーズの一冊『ざりがにのあかくん』は、ザリガニや沼に住む生き物達の生態がかわいらしいイラストでわかりやすく描かれています。

ザリガニがおたまじゃくしを食べようとする場面は少し驚きです。

アメリカザリガニは体が赤く、大きなハサミを持っているため、別名マッカチンとも呼ばれます。

そんなマッカチンが登場する絵本『ざりがにのおうさま まっかちん』はザリガニ釣りのドキドキが間近に伝わってくる一冊。

それぞれの絵本のあらすじやおすすめポイントもまとめていますので、是非絵本選びの際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ザリガニの絵本おすすめ人気作品【0・1・2・3歳児向け】

ザリガニに初めて出会う子どもには、ザリガニのかわいらしい姿が伝わるようにしましょう。

優しい口調で、明るい雰囲気で読み聞かせることで、ザリガニという生き物に対して興味が湧き、どんどん知りたくなります。

大人のイメージをただ押し付けることはせず、子どもが感じたイメージを大切にしましょう。

『だっぴ!』

だっぴ!

画像引用:こぐま社『だっぴ!』

出版社:こぐま社

作:北村 直子

発行日:2019年

値段:900円+税

対象年齢:2歳頃から

『だっぴ!』のあらすじ

いろいろな生き物が順番に脱皮していきます。

ザリガニやダンゴムシ、イモリなどかわいい生き物が登場します。

もぞもぞしていると思ったら、次のページできれいに脱皮しています。

『だっぴ!』のおすすめポイント

小さいサイズなのでお出かけにもぴったりです。

身近な生き物に興味が出てきた頃の子どもにおすすめです。

『ざりがにのあかくん』

ざりがにのあかくん

画像引用:童心社『ざりがにのあかくん』

出版社:童心社

作:高家 博成

仲川 道子

発行日:2007年6月4日

値段:900円+税

対象年齢:3歳頃から

『ざりがにのあかくん』のあらすじ

ざりがにのあかくんは、沼の泥の中に住んでいます。

ある日ざりこちゃんがやってきて、一緒に楽しく過ごします。

ざりがにはとてもきれい好きで、いつも自分の体をごしごし洗っています。

おたまじゃくしを食べるって知っていましたか?

『ざりがにのあかくん』のおすすめポイント

ざりがにだけでなく、他の生き物も出てきてとてもにぎやかで楽しいお話です。

沼にはどんな生き物が住んでいるのか、学ぶことができますよ。

『ざりがにさんとさわがにさん』

ざりがにさんとさわがにさん

画像引用:福音館書店『ざりがにさんとさわがにさん』

出版社:福音館書店

作:植垣 歩子

発行日:2005年9月1日

値段:400円+税

対象年齢:2歳頃から

『ざりがにさんとさわがにさん』のあらすじ

ざりがにさんとさわがにさんはとても仲良しです。

ある日2匹は手袋が落ちているのを見つけました。

しかし手袋はひとつしかなかったので、2匹は取り合いっこになってしまいました。

引っ張り合っているうちに、手袋はチョキーンと切れてしまいます。

ざりがにさんは大泣きしてしまいますが、さわがにさんは良いことを思いつきました。

『ざりがにさんとさわがにさん』のおすすめポイント

優しい色合いの心あたたまる物語です。

2匹とも立派なハサミを持っているので手袋は切れてしまったんです。

取り合いっこになってしまったけれど、やっぱり仲良しな2匹の姿に癒されます。

『チュッパカホワホワ』

チュッパカホワホワ

画像引用:あかね書房『チュッパカホワホワ』

出版社:あかね書房

作:こいで なつこ

発行日:2014年5月

値段:1200円+税

対象年齢:3歳頃から

『チュッパカホワホワ』のあらすじ

ザリチはザリガニの男の子です。

今日はおじいちゃんの家に泊まりに行くので、準備をしています。

リュックに荷物をたくさん詰めたら、大切なチュッパカホワホワが入らなくなってしまいました。

チュッパカホワホワというのは、ザリチが小さい頃からずっと使っているタオルのことです。

これがないと寝られないんですって。

するとお母さんがチュッパカホワホワを小さく切って持たせてくれました。

さあ、おじいちゃんの家に出発です。

途中でたくさんの友達に会い、話したり、助けたりしているうちに、チュッパカホワホワをなくしてしまいます。

『チュッパカホワホワ』のおすすめポイント

チュッパカホワホワという言葉の響きがかわいくて何度も口に出して言いたくなります。

小さい頃から大切にしているタオルだなんて、身に覚えがあるひとも多いのではないでしょうか。

子どもはもちろん、大人は読んでいて少し懐かしさを感じるお話です。

『ざりがにつり』

ざりがにつり

画像引用:童心社『ざりがにつり』

出版社:童心社

作:柴田 愛子

絵:かつらこ

発行日:2011年7月11日

値段:1300円+税

対象年齢:3歳頃から

『ざりがにつり』のあらすじ

バナナえんのこどもたちはざりがに釣りに出かけました。

かっきーは最後までざりがにを釣ることができませんでした。

あーくんが釣り、かっきーが掴んで取ったざりがにを見ると、なんと脱皮しています。

脱皮したあとの皮はまるで生きているざりがにのようでした。

帰るとき、かっきーとあーくんはどちらがざりがにを持って帰るかでけんかをしてしまいます。

『ざりがにつり』のおすすめポイント

けんかを通して子どもたちが成長していく姿を生き生きと描いています。

よく見られるけんかの光景ですが、子どもたちがどのように乗り越えていくのか、自分たちで考える姿が見どころです。

スポンサーリンク

ザリガニの絵本おすすめ人気作品【4・5・6歳児向け】

ザリガニ触れる子どもは、周りの子どもたちの憧れの的となるでしょう。

その大きなハサミに挟まれると危険ですが、コツさえ掴めば簡単に持つことができます。

はじめは大人がしっかりサポートして、楽しくザリガニと触れ合えるように配慮しましょう。

『にほんざりがに』

にほんざりがに

画像引用:福音館書店『にほんざりがに』

出版社:福音館書店

文:川井 唯史

野中 俊文

絵:浅井 粂雄

発行日:2014年8月1日

値段:400円+税

対象年齢:5歳頃から

『にほんざりがに』のあらすじ

にほんざりがには昔からずっと日本で暮らしてきたざりがにです。

北海道と北東北に生息しています。

きれいな水があるところでひっそりと暮らしているのです。

『にほんざりがに』のおすすめポイント

私たちが出会うざりがにのほとんどはアメリカザリガニです。

アメリカザリガニはその名の通り、アメリカから日本に持ち込まれた外来種。

一方でにほんざりがには日本では滅多に見られない絶滅危惧種なのです。

そんなにほんざりがに注目したお話です。

『ざりがに』

ざりがに

画像引用:福音館書店『ざりがに』

出版社:福音館書店

文・絵:吉崎 正己

監修:須甲 鉄也

発行日:1976年4月1日

値段:900円+税

対象年齢:4歳頃から

『ざりがに』のあらすじ

子どもたちが、田んぼのそばの小川でざりかにつりをしています。

ざりがには大きなハサミで稲を切ったりして田んぼを荒らします。

ざりがにが脱皮する様子や、一度取れたハサミが再生すること、オスメスの見分け方などがわかる絵本です。

『ざりがに』のおすすめポイント

ざりがには普段なかなか出会うことがないでしょう。

この絵本はリアルな描写でざりがにの生態がわかりやすく描かれています。

大人も知らないざりがにの姿が見られるかもしれませんよ。

『ざりがに』

ざりがに

画像引用:フレーベル館『ざりがに』

出版社:フレーベル館

作:武田 正倫

絵:寺越 慶司

発行日:2009年7月

値段:1000円+税

対象年齢:4歳頃から

『ざりがに』のあらすじ

ざりがにのたまごがお母さんのお腹にたくさんくっついています。

ここから無数の赤ちゃんざりがにが生まれるのです。

ざりがには脱皮をくりかえしてどんどん大きくなっていくのです。

『ざりがに』のおすすめポイント

ざりがにの実物大の絵が載っているのも魅力的な絵本です。

だいすきしぜんシリーズは他にも『やどかり』や『かめ』などの生き物から、『かがみ』や『かげ』などさまざまあり、人気を集めています。

『ざりがにのひみつ』

ざりがにのひみつ

画像引用:ひさかたチャイルド『ざりがにのひみつ』

出版社:ひさかたチャイルド

監修:武田 正倫

写真:武田 晋一

発行日:2020年2月

値段:1300円+税

対象年齢:3歳頃から

『ざりがにのひみつ』のあらすじ

子どもたちに大人気のざりがにですが、その姿をまじまじと観察するのは難しいですよね。

この絵本はざりがにの顔やハサミ、しっぽなどを拡大した写真がたくさん載っています。

これなら好きなだけじっくり観察できますね。

『ざりがにのひみつ』のおすすめポイント

この絵本を読んでさらにざりがにのことが好きになるはずです。

生まれたばかりの小さなざりがにも、拡大して見ることができます。

立派なハサミも拡大することで迫力満点です。

『ぼくはざりがに』

ぼくはざりがに

画像引用:ひさかたチャイルド『ぼくはざりがに』

出版社:ひさかたチャイルド

監修:武田 正倫

写真:飯村 茂樹

片野 隆司

発行日:2005年7月

値段:1200円+税

対象年齢:3歳頃から

『ぼくはざりがに』のあらすじ

子どもたちに大人気のざりがにのリアルな姿がたくさん載っている写真絵本です。

意外と知られていないざりがにの体の秘密やその暮らしを学びましょう。

『ぼくはざりがに』のおすすめポイント

表紙いっぱいに大きなハサミを広げるざりがにが目を惹きます。

本当に目の前にざりがにがいるかのような迫力です。

生き物に興味を持っている子どもにおすすめです。

スポンサーリンク

ザリガニの絵本おすすめ人気作品【小学生以上向け】

ザリガニを飼ったことがある人はいますか?

実はザリガニはペットとしても人気な生き物なんです。

ザリガニを飼うためには、まずその生態をしっかり知ることが大切です。

住んでいる環境や食べ物など、ザリガニが快適に過ごせるにはどのような準備が必要か学びましょう。

『ざりがにのおうさま まっかちん』

ざりがにのおうさままっかちん

画像引用:福音館書店『ざりがにのおうさま まっかちん』

出版社:福音館書店

作:大友 康夫

発行日:1991年10月1日

値段:1300円+税

対象年齢:5歳頃から

『ざりがにのおうさま まっかちん』のあらすじ

はちのす保育園では、ざりがに釣りが子どもたちの間で大人気です。

まわりはどんどん釣っているのに、のぞみは全然釣ることができません。

友達にどうしたら釣れるか教えてもらって挑戦です。

するとのぞみのエサに大きなまっかちんが食いついたのです。

果たしてまっかちんを釣ることができるのでしょうか。

『ざりがにのおうさま まっかちん』のおすすめポイント

ザリガニの中でも、大きくて赤いアメリカザリガニのことをマッカチンと呼ぶことがあるそうです。

そんなざりがにの王様マッカチンとのぞみたちのハラハラドキドキの物語です。

『ガマ王子VSザリガニ魔人』

ガマ王子VSザリガニ魔人

画像引用:Amazon『ガマ王子VSザリガニ魔人』

出版社:求龍堂

文:後藤 ひろひと

絵:たなか しん

発行日:2014年1月1日

値段:1800円+税

対象年齢:小学校低学年頃から

『ガマ王子VSザリガニ魔人』のあらすじ

ガマ王子はとてもわがままで自分勝手ななカエルでした。

気に入らないことがあると家来の家を壊したりとやりたい放題でした。

ある日ザリガニ魔人が現れてガマ王子の家来を食べてしまいます。

ガマ王子は家来がいなくなってはじめてその大切さを知り、今までの自分の行いを悔いたのでした。

そしてガマ王子はザリガニ魔人を倒すために立ち上がるのです。

『ガマ王子VSザリガニ魔人』のおすすめポイント

映画『パコと魔法の絵本』の中で少女パコのお気に入りの絵本として登場していたものです。

その映画の中の絵本が、本当の絵本として発売されており、映画ファンの中で人気を集めています。

ガマ王子が自分の行いを悔い改め、強すぎる敵ザリガニ魔人に立ち向かう姿に心が締め付けられます。

『みつけた!水べのいきもの』

みつけた!水べのいきもの

画像引用:童心社『みつけた!水べのいきもの』

出版社:童心社

文:谷本 雄治

絵:石森 愛彦

発行日:2019年6月11日

値段:1400円+税

対象年齢:5歳頃から

『みつけた!水べのいきもの』のあらすじ

ザリガニをはじめ、カエルやカメなど水べで暮らす生き物たちの生態をわかりやすく描いた絵本です。

大人も知らない生き物たちの不思議がたくさん詰まった一冊です。

『みつけた!水べのいきもの』のおすすめポイント

写真のようにリアルな絵でありながら、生き物が苦手な子どもも楽しめるようかわいらしく描かれています。

ユニークな豆知識がたくさん紹介されており、読んだあとで家族や友達に話したくなります。

『ザリガニのかいかたそだてかた』

ザリガニのかいかたそだてかた

画像引用:岩崎書店『ザリガニのかいかたそだてかた』

出版社:岩崎書店

文:小宮 輝之

絵:浅井 粂男

発行日:1998年4月20日

値段:1400円+税

対象年齢:小学校低学年頃から

『ザリガニのかいかたそだてかた』のあらすじ

作者の小宮輝之は今までたくさんのザリガニを育ててきました。

自分の経験から、ザリガニの上手な飼育の仕方をわかりやすくまとめています。

『ザリガニのかいかたそだてかた』のおすすめポイント

かいかたそだてかたシリーズは他にも『カメ』や『ウサギ』といった動物から、うえかたそだてかたシリーズとして『やさい』や『草花』までたくさんの種類があります。

自分の興味にあった本を選びましょう。

『ザリガニ』

ザリガニ

画像引用:あかね書房『ザリガニ』

出版社:あかね書房

作:七尾 純

監修:杉浦 宏

発行日:1999年4月

値段:2000円+税

対象年齢:5歳頃から

『ザリガニ』のあらすじ

ザリガニの生態や飼育方法についてわかりやすく描かれています。

ザリガニをうまく釣る方法も紹介されていますよ。

これを読めばザリガニ釣りに行きたくなります。

『ザリガニ』のおすすめポイント

えほんフォトかみしばいシリーズは他にも『カブトムシ』や『アゲハチョウ』などたくさんの生き物があり、人気を集めています。

スポンサーリンク

ザリガニの絵本は乳児から小学生まで人気!選び方は?

ザリガニ

実際にザリガニの絵本を選ぶ際のポイントを3つにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ザリガニの絵本の選び方① 写真が載っているもの

ザリガニを実際に見たことがない子どもには、写真などでザリガニの本当の姿を見せてあげましょう。

ザリガニの本当の姿を知っておくことで、かわいいイラストで絵本を見ていてもザリガニの生態がよりイメージしやすくなるでしょう。

ザリガニの絵本の選び方② 楽しい内容のもの

ザリガニのかっこいい見た目を、少し怖く感じてしまう子がいるかもしれません。

しかし、絵本の内容が楽しいものであれば、ザリガニのイメージが良い方向へと変わっていきます。

周りが言葉で説得するよりも、絵本を通してザリガニは怖い生き物ではないことを知る方がずっと納得しやすいです。

ザリガニの絵本の選び方③ 生態がわかるもの

実際にザリガニを釣ったりして触れ合う機会があったり、ペットとして飼おうとしたとき、ザリガニの生態が学べる絵本を読むと良いでしょう。

自分で調べることで、生き物を飼育することへの責任感が生まれます。

また、ザリガニの生態を学んだことがきっかけで、他の生き物にも興味が出てきて、どんどん学びたい意欲が湧いてくるでしょう。

スポンサーリンク

【ザリガニの絵本まとめ】子どもも大人もハマるザリガニ!

ザリガニ

ザリガニはそのかっこい見た目から、子どもだけでなく大人にも人気の生き物です。

ペットショップなどでも買えますが、やはりザリガニ釣りを経験したいところ。

タコ糸に餌をくくりつけて岩の隙間に垂らしてじっと待つドキドキ感。

そしてザリガニが釣れたときの達成感はたまりません。

今度の休日は家族でザリガニ釣りをしに行くのも良いかもしれません。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました