『おふろだいすき』(1982)のあらすじ・口コミと評判【おふろ絵本のベストセラー】

おふろだいすき絵本

男の子に体を洗ってもらう、気持ちよさそうなカバさんの表紙が印象的な絵本、『おふろだいすき』。

おふろを舞台にした本作は、子どもの心を捉えて離さない、夢いっぱいの作品です。

読後にほっと温かくなれる絵本は、おふろが恋しくなる、これからの季節にぴったり。

親子のおふろタイムをより楽しいものにしてくれる絵本の世界を、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

『おふろだいすき』(1982)とはどんなお話【概要とあらすじを紹介】

おふろ

『おふろだいすき』は、1982年の発行以来、多くの人々に夢を与えてきた作品です。

松岡享子さんの紡ぐ文章は、その美しい日本語と丁寧な語りが、おふろの温かな世界を思い起こさせます。

そして、その世界を描き出す、やさしさに溢れた林明子さんのイラストも、人気の理由のひとつ。

まずは、ベストセラー絵本の概要とあらすじについてご紹介いたします。

『おふろだいすき』(1982)の概要

おふろだいすき

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:松岡 享子
イラスト:林 明子
出版社:福音館書店
発行日:1982/4/30
価格+税:1,430円

『おふろだいすき』(1982)のあらすじ

ページ

物語の主人公は、男の子のまこちゃん。

まこちゃんは、おふろが大すき。いつも、おもちゃのプッカと一緒にひとりでおふろに入ります。

ところが今日は、なんだか様子が違うみたい。

まこちゃんが体を洗っていると、なんとおふろの底から、大きカメが浮いてきたのです。

びっくりしたまこちゃんが振り向くと、そこにいたのは2匹のペンギン。

続いてアシカにカバ。なんと、最後はくじらまで!

立ち上る湯気の中、子どもが喜ぶファンタジーに溢れた、心温まる名作絵本。

『おふろだいすき』(1982)の内容要約

ノート

『おふろだいすき』は、もわ~っと温かな湯気に包まれた、お家のおふろが舞台の作品です。

湯船から次々と動物たちが登場する、思いもよらないストーリーが、多くの人々を惹きつけて止みません。

ここからは、物語の内容を、ほっと心温まるラストまで、さらに掘り下げてご紹介していきます。

要約1.おふろが大好きな男の子、まこちゃん

お風呂のおもちゃ

物語の主人公は、おふろが大好きなまこちゃんです。

毎日のおふろのおともは、あひるのおもちゃのプッカ。

赤いビニールのおもちゃであるプッカもまた、おふろが大すきという設定です。

ちゃんとせっけんを泡立てて、今日もひとりで、上手に体を洗うまこちゃん。

ところが、ざぁー!という音と共に、湯舟の中から大きなカメが現れたからさぁ大変。

おふろを舞台に、楽しいファンタジーの始まりです。

要約2.どんどん広がる空想の世界

バスタイム

湯船につかって、気持ちよさそうなお顔のカメさん。その次に表れたのは、2匹の愉快なペンギンです。

「ぼくたち、ふたごなんです」

声をそろえておじぎする2匹のペンギン。

登場する動物たちは、人間味にあふれ、おしゃべり上手なのが特徴です。

ペンギンとお話をしていると、まこちゃんの手からするっと落ちたせっけんは、つるつるとおふろの床を滑り出します。

続いて登場したのは、アシカにカバさん。

そして最後は、湯船から大きな大きなクジラが浮かび上がるのでした。

要約3.あたたかいお母さんのタオル

タオル

おふろでは、肩までしっかり温まるのがお約束。

まこちゃんと動物たちはみんなで体を洗うと、ゆっくりと50まで数え始めます。

「50!」と、大きな声を出したのは、一番大きなクジラさん。

そこで登場するのが、まこちゃんのお母さんです。

「よくあったまった?あがってらっしゃい」

お母さんが顔を出すと、動物たちはお湯にもぐりこみ、あっという間に消えてしまいました。

「ああ、いいにおい、いいきもち」

まこちゃんはお母さんの広げたタオルに飛び込むと、その温かさにぎゅっと包まれるのでした。

スポンサーリンク

『おふろだいすき』(1982)の口コミ・評判

アヒルちゃん

30代 女性
30代 女性

口コミ・評判:★★★★★

こんなお風呂があったら楽しそう!夢に溢れた展開に、大人でもワクワクしてしまいます。

20代 女性
20代 女性

口コミ・評判:★★★★

お風呂の冒険の後は、お母さんのやさしさに包まれるというストーリーがいいですね。ずっと大事にしていきたいな。

40代 女性
50代 女性

口コミ・評判:★★★★★

美しい言葉と温かなイラストがお気に入り。娘は「お風呂からいろんな動物が出てくる絵本読んで!」といつもせがんできます。

スポンサーリンク

『おふろだいすき』(1982)の主題・テーマは?

本

おふろを舞台に、次々と楽しい空想が繰り広げられる絵本『おふろだいすき』。

長きに渡り多くの人々に愛されるその理由は、作品のテーマに隠されています。

現実と空想を行き来するスケールの大きさ

海の中

絵本の主人公は、おふろが大好きな男の子。

おもちゃを持っておふろに入る男の子は、子どもにとって親近感の湧く存在ですよね。

日常的な存在であるおふろから、次々に動物が登場するのが、この作品の魅力のひとつ。

「自分のお家のおふろも、もしかしたらふしぎの世界に繋がっているのでは…」

と、子どもたちの想像力を広げてくれます。

物語の着地点は、お母さんの広げたタオルの中。

夢の世界の後には、現実のお母さんの温もりの中に帰ってくるという設定も、子どもの心をほっと安心させてくれそうですね。

読み応えのある美しい文章

万年筆

作者の松岡享子さんは、「ゆかいなヘンリーくんシリーズ」や「くまのパディントンシリーズ」など、数々の名作絵本の翻訳者としても、知られる人物です。

そんな著者の紡ぐ本作は、美しい文章が、多くの読者から定評を得ています。

読み聞かせの際にはある程度の時間を要するものの、幼い子どもが最後まで集中できるのが、この作品のすごいところ。

登場する動物はみなおしゃべり上手で、子どもたちの空想力をより刺激する内容となっています。

湯気の温かさが伝わりそうなイラスト

色鉛筆

本作のイラストを手掛けるのは、『こんとあき』や『はじめてのおつかい』でも知られる、林明子さん。

湯気がもうもうと立ち上がるお風呂の温もりは、嬉しそうなカバさんの描かれた表紙からも伝わってきます。

湯船から次々と動物が登場するシーンでは、溢れるお湯の音まで聞こえてくるよう。

まだ、文字が読めない子どもでも、絵柄を指さしながら物語を楽しむことができますね。

スポンサーリンク

【ネタバレあり】『おふろだいすき』(1982)の感想とレビュー

親子と絵本

発行から30年以上に渡り、子どもたちに夢を与えてきた本作には、多くの感想が寄せられています。

そこには、子どもと一緒に絵本の世界を楽しんだ、大人の喜びの声がいっぱい。

読み聞かせに最適な絵本をお探しの方は、ぜひ参考になさってくださいね。

ファンタジー要素たっぷりのおふろ絵本

輝き

松岡享子さんも、林明子さんも大好きな作家さんです。

松岡さんの丁寧で優しい文章は、子どもたちに読み聞かせる絵本としてもぴったりですよね。

林さんのイラストもとても柔らかで、登場する動物たちの表情にいつも癒されます。

特に、お気に入りなのは表紙にもなっている大きなカバさん!

「気持ちよさそうだねー」と、いつも子どもと言いながら、ページを眺めています。

大人でも、こんなおふろがあったらなぁと色々想像してしまいますよ。

驚きの展開に胸がワクワクします

アヒルのおもちゃ

わが家の5歳の息子はお風呂がだいすき。

いつもおもちゃを持ち込んでは長湯しているのですが、そんな息子に、この絵本はぴったりだったようです。

まるでお風呂の温かさが伝わってくるようなイラストが、本当にすてきですよね。

もわーっとした湯気の向こうで繰り広げられる、動物たちとの交流に、大人のわたしもワクワクしてしまいます。

読み終わったあとは、まるでお風呂に入った後のような、あったかな気持ちに包まれる絵本です。

おふろが苦手な娘に夢を与えてくれた絵本

ハート絵本

わが家の4歳の娘は、どちらかというとお風呂は苦手。

いつもこちらが何度も誘って、やっと入ってくれるという状況でした。

そんな娘が本屋さんで見つけたのが、大きなカバさんが、気持ちよさそうに入浴しているこの絵本。

「お母さん、おふろからカメさんが出てきたよ!」

早速購入してみたところ、予想外の展開に親子で大盛り上がり。

まだまだ、大好きとまではいきませんが、娘はお風呂に興味を持ったみたい。

お風呂上りには、絵本のように、タオルで優しく娘のことを包んであげようと思います。

スポンサーリンク

『おふろだいすき』(1982)は、こんな方におすすめ!

親子と絵本

『おふろだいすき』は、夢に溢れたストーリーとやさしいイラストが、心をほっと温かくしてくれる作品です。

おふろから次々に動物が登場する物語は、子どもだけでなく、大人が読んでも楽しむことができます。

親子で一緒に読んだ後は、いつものおふろタイムが、より一層待ち遠しくなりそうですね。

おふろが大好きな子どもにも、少し苦手だな…という子どもにも、ぜひゆっくりと読み聞かせてみて下さい。

絵本
スポンサーリンク
絵本スペース
タイトルとURLをコピーしました