知育とは?年齢ごとに効果的な知育教育をやその効果を紹介

知育知育

知育とは子供の知能を高め、知識を豊かにするための教育を意味しています。知育の効果や知育を始める時期、問題点などを詳しく紹介します。

スポンサーリンク

知育とは?

知育とは

「知育」とは、思考力や判断力、発想力といった「知的能力」を育てることを示します。一方で、計算や読み書きなどは「学習能力」と言います。

簡潔に言うと「自分で考える力」を育てる教育のことです。また、知育は「三育(さんいく)」という考え方のひとつで、
三育とは、

徳育 道徳心を養う教育。人の気持ちを考え、道徳的な行いができるようになことを目指す教育
体育 運動によって健康的な体を育てる教育。

知育 能力、才能、知能を育てる教育。

スポンサーリンク

知育を取り入れるべき理由

知育を取り入れるべき理由

3歳くらいまでの脳は柔軟性、吸収性に優れているから

3歳くらいまでの脳は非常に吸収性が高く、柔軟性に富んだ状態なので、3歳くらいまでに良質な刺激をたくさん与えてあげることで、たくさん学習することができます。

また、3歳くらいまでの脳は右脳の方がよく働き、3歳以降は左脳の働きの方が活発になるという脳科学の研究もあります。

ですので、3歳までは右脳を知育で刺激するのがおすすめです。右脳を刺激することで、記憶力や想像力に優れる、さらには感情表現が豊かになります。

IQを伸ばすことができる

知育を3歳くらいまでの時期に行うとIQを大きく伸ばすことができる可能性があります。

IQは生まれ持った素質の影響も大きいですが、早期の教育によりIQを高められると言われています。

IQが著しく伸びるのは幼児期だけと一説には言われています。

地頭の良さを育てることができる

幼児期の適切な教育によって地頭が鍛えられることが科学的に証明されています。

地頭が良いと、頭の回転が早い、論理的思考を伴い、状況判断が即座にできる、発想力が優れているなどの様々な能力が高いと言われています。

スポンサーリンク

知育を始める年齢と年齢別の知育のポイント

知育年齢

知育を始める時期

赤ちゃんの脳は産まれてからすぐに発達していくので、0歳からできる知育教育はたくさんあります。知育は年齢別に合った教育を行うことが大切です。

年齢別に見る知育の実施例をご紹介します。

0歳から1歳まで 聴覚と視覚を刺激

「見る・聞く・触る」などの五感が成長途中なので適度な刺激をあげることで五感が育ちます。この時期は絵本の読み聞かせで視覚と聴覚を一緒に刺激することがおすすめです。

特に擬音語、擬態語の多い絵本の読み聞かせが知育には最適です。

2歳から3歳まで 手や指を使い触覚を刺激

つみき、パズルなどで手先を細かく動かすことで触覚を刺激すると知育に繋がります。

また好奇心が高まる時期で、大人の真似を上手にするので、本物に近い使いやすい道具で道具の目的や社会性、道具の使い方を遊びを通じて伝えると効果的です。

4歳から6歳まで 言葉や数字を使った知育

言葉を正しく理解し、少しずつ抽象概念が理解できる様になるので言葉や数字を使った知育を積極的に用いるとより言葉、数字の理解が深まります。

子供でも分かりやすいルールが単純なゲームを選ぶ様にするのがポイントです。

しりとりはより多くの言葉を覚えるのに効果的で、なぞなぞやごっこ遊びは楽しみながら想像力、思考力を高めることができます。

さらに記憶力、集中力を鍛えることもできます。

スポンサーリンク

知育をにはどんな方法があるのか

知育を始める年齢

知育玩具

年齢にあわせたおもちゃがたくさん発売されていますが、大きく分けて7つに分類されています。

  1. 文字や記号を教える知育玩具
  2. パズル系の知育玩具
  3. 形を成形できる知育玩具
  4. 化学や工学などの知育玩具
  5. 操作によって音声の出る知育玩具
  6. テレビゲームを使用した知育玩具
  7. 受動的な映像を使用した知育玩具

知育玩具にはそれぞれに対象年齢があり、成長過程や育児方針に合わせて適切なものを選ぶことが重要とされています。また、選ぶ際は「安全・安心である事」「子供の興味を引きつける作りである事」「衛生的である事」に注意する必要があります。

絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせは子供の脳の発達を促したり、知育絵本を通じて、語彙力や知識を高め、思考力や想像力を豊かにすることが出来ます。知育絵本も知育玩具同様たくさん種類があるので、対象年齢や年齢や子供の興味に合わせて絵本を選ぶとよいでしょう。

知育菓子

「お菓子を作る」という楽しい体験を通して、豊かな想像力、発想力を育てるお菓子を「知育菓子」といい、グミやゼリー、キャンディ以外にも、本物にそっくりな見た目のたこ焼きやラーメンなどを作ることができる知育菓子が販売されています。

お菓子作りの工程には科学的な要素が含まれており、理科の実験のような発見ができるのが特徴です。伸びたり固まったり、色が変わったり子供の好奇心をくすぐります。

「知育菓子」には安全性が保証されている成分が使われてたり、カルシウムが配合されているものがあったり、子供向けに工夫されている製品もあります。

幼児教室や習い事

知育に特化している幼児教室や習い事もあります。それぞれに教育方針や指導の仕方も違うので、それぞれの子供に合った教室や習い事を選ぶことが大切です。

お試し、体験入会に参加し、内容や参加している子供の様子を見てから、教室や習い事を決めるのが良いと思われます。

スポンサーリンク

注意点

注意点

子供を否定しない

知育に正解や不正解はありません。大人から否定されてしまうと、子供は自分の頭で柔軟に考えることをやめてしまいます。決して否定はしないでください。

できなくても焦らない

子供にも得意なものと苦手なものがあります。しっかりと見極めてサポートしてあげることが大事です。できないからといって無理やりやらせても子供は楽しくありません。

子供が嫌がっているのに無理にやらせようとすると、子供も親もストレスがたまるだけです。子供自身が気に入っていることや興味を持ったことから始めた方が、積極的に楽しんで始められるようになります。

比較しない

他の子供と比較されると子供は「自分はダメなんだ」と思って、自身で考えたことを否定するようになります。知育とは本来考えて行動できるようになることを意図しているのに、比較することで逆効果となるので要注意です。

「できるようになること」が知育教育の目的ではないことを忘れないとが大事です。
個性に合わせて進める
知育玩具や絵本に全く子供が興味を示さいことはあります。

子供自身が興味を持たないことを無理に大人がやらせても意味がありません。子供が興味をもち、楽しく遊べることが重要です。子供一人一人に合った知育教育方法を見極めましょう。

スポンサーリンク

まとめ

知育は、知識を詰め込むことではなく、子供が自らの頭で考えて行動する力を育てる教育のことです。

その意味を正しく理解し、子供に合った知育環境を与えてあげることが最善です。

また、知育にもさまざまなやり方や対象年齢ががあるので、子供の興味や成長に合った方法を選ぶことが大切です。

知育
スポンサーリンク
絵本スペース
タイトルとURLをコピーしました