絵本『りゆうがあります』のあらすじ・口コミと評判【理由があれば許される?】

りゆうがあります絵本

何か悪いことをしてしまったとき、思わず言い訳をしてしまったことはありますか?

きっと、誰にでも思い当たるところがあることでしょう。

絵本『りゆうがあります』は、あまり褒められないクセを指摘された男の子が、苦し紛れに理由を説明して、言い訳を並べていく作品。

こう聞くと、「主人公は卑屈なのかな?」と思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

男の子が話す「理由」は、想像力に満ちていて、子どもならではの視点がたくさんです。

苦し紛れだった言い訳がお話を盛り上げていくのは、読んでいてワクワクしますよ!

大人にも子どもにもおすすめの一冊ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

『りゆうがあります』(2015)とはどんなお話【概要とあらすじを紹介】

親子

『りゆうがあります』の概要を紹介していきます。

子どもに大人気の絵本作家、ヨシタケシンスケならではの世界観が広がっていきますよ!

『りゆうがあります』(2015)の概要

りゆうがあります

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:ヨシタケシンスケ
出版社:PHP研究所
発行日:2015/3/6
価格+税:1430円

『りゆうがあります』(2015)のあらすじ

白い本

男の子には、悩みがあります。

それは、鼻をほじってしまうくせがあり、よくお母さんに叱られること。

お母さんは「お行儀が悪いから」という理由で叱るのですが、男の子は「それなら、理由があれば鼻をほじってもいいのではないか」と思います。

男の子が考えた理由は、大人には想像もつかない、独創的なもので……。

鼻をほじるだけでなく、さまざまなことに対して男の子がその想像力を生かして、理由を作っていくというストーリーです。

スポンサーリンク

『りゆうがあります』(2015)の内容要約

重なる本

ここからは、『りゆうがあります』のストーリーを、もう少し掘り下げて、解説していきます。

ネタバレを含む内容なので、まだ読んだことのない方は注意してくださいね。

要約1.鼻をほじるのには理由がある!

外にいる男の子

無意識に鼻をほじってしまう男の子。

それを見ていたお母さんは、当然やめさせようと指摘します。

その理由は、お行儀が悪いから。

男の子はこう思います。

「鼻をほじるのにも理由があれば、鼻をほじってもいいんじゃないかな?」

そう考えた男の子は、鼻をほじる理由をお母さんに言います。

「鼻の中にスイッチがあって、それを押すと周りがウキウキするんだ!」

それを聞いたお母さんは、げんなり。

「お母さんは十分楽しいから、これ以上ビームを出さないでくれる?」

要約2.ご飯をこぼしちゃうのにも、廊下を走るのにも、理由があります!

船

まだまだ、男の子の言い訳は続きます。

爪を噛むのは、ゴミ捨て場のカラスに、大人には聞こえない音を聞かせて追い払うため。

また、びんぼうゆすりは地中のモグラと会話するためだそうです。

これらの言い訳をどんどん並べていく男の子。

最初は、言い訳で済むようなレベルでしたが、どんどん話が大きくなっていきます。

「ストローを噛むのは、選手権で優勝してその賞金で船を作って、世界を旅するため!」

そう言った男の子は、ついに大きな船に乗る想像をするのでした。

要約3.ついやっちゃうことって、お母さんにもあるよね

母と男の子

言い訳を繰り返していた男の子は、ついに反撃に出たのでした。

「でもさ、大人だってついやっちゃうこと、あるでしょ?」

そう言った男の子は、このように指摘します。

「お母さんが髪の毛をいじるのはどうして?」

お母さんは少し考えたあと、こう答えます。

「毛先に小さくメニューが書いてあるから、これを見て夕飯のメニューを決めているの!」

この受け答えは、さすが親子ですよね。

スポンサーリンク

『りゆうがあります』(2015)の口コミ・評判

おしゃべり

20代 女性
20代 女性

口コミ・評判:★★★★★
読んでみて、笑っちゃいました。まさかこんな内容とは思わず、いい意味で裏切られた絵本です。子どもたちも大好きで、繰り返し読んでいますよ。

30代 女性
30代 女性

口コミ・評判:★★★★
これを読んでから、息子が少し生意気になったような気がします。もちろん悪いことではないですし、成長を感じました。幼稚園生くらいから自分で読めるし、下の子が大きくなったらまた与えてみようと思います。

40代 女性
40代 女性

口コミ・評判:★★★★★
男の子のお母さんの、納得していない顔がおもしろかったです。子育てしている最中は笑いごとじゃないですが、これを読んですっと心が楽になりました。親にもおすすめですよ。

スポンサーリンク

『りゆうがあります』(2015)の主題・テーマは?

雑誌

『りゆうがあります』は、一見ただ男の子が言い訳をしているだけの作品に見えます。

しかし、そこにはいくつか隠されたテーマや教訓があり、読み込んでいくとさらにおもしろく感じられることでしょう。

この絵本の主題・テーマを紹介していきます。

想像力を広げることの楽しさ

夢

主人公の男の子は、とにかく想像力が豊かです。

「ストローを噛む」ことの理由が、「ストロー噛み選手権で優勝して、その賞金で船を作って、世界中を旅したいから」だなんて、誰が思いつくでしょう。

これは、作者のヨシタケシンスケならではの発想ですが、子どもたちはこんな想像が大好き。

きっと、『りゆうがあります』を読んだら、想像力が刺激されてしまいますよ。

身近なことに対する理由を、親子で探ってみるきっかけになるかもしれませんね!

大人だって同じことをしている

大人

『りゆうがあります』に登場しているお母さんの表情は、とにかく不満のありそうな顔。

息子の言い訳に対して、信じず、うんざりしているような表情です。

親になると、子どもからの言い訳にうんざりして、このお母さんのように、嫌になってしまうこともあるでしょう。

しかし、ストーリーの最後に、お母さんは男の子と同じような言い訳をします。

「さすが親子!」と言いたくなるような、見事にそっくりな言い訳です。

このように、大人だって苦しくなれば言い訳をすることもありますよね。

子どもよりも巧妙な言い訳を考えられるのだから、タチが悪いくらいです。

「自分も言い訳をするから」と考えれば、子どもの言い訳にも少し寛容になれそうではないですか?

よくないことを客観的に理解する

学校

子どもは、何か悪いことをしたとき、それを指摘されたのをきっかけに、言い訳してくることがあります。

それはよくあることで、大人がうっとおしいと思ったとしても、言い訳自体は悪いことではありません。

しかし、危険なこと、周囲に迷惑をかけることが、言い訳に負けてしまい是正できないというのは問題ですよね。

この絵本を読むことで、一般的によくないとされていることを、子どもたちは簡単に知ることができます。

どうしていけないのか、大人からの理由の説明を添えながら読んでみるといいでしょう。

客観的に見れば、どうしていけないかの理解も早いかもしれません。

スポンサーリンク

【ネタバレあり】『りゆうがあります』(2015)の感想とレビュー

パソコン

『りゆうがあります』は、子どもから大人まで大人気の作品です。

感想やレビューで、絵本を選ぶ際にぜひ参考にしてみてくださいね!

子どもの想像力を侮ってはいけないです

男の子たち

主人公の男の子が特別に賢いようにも見えますが、子どもってこういう知恵はすごくはたらくものですよね。

それがいけないというわけではなく、子どもならではの想像力を大切にしてあげたいな、と思えるような絵本です。

中でも、一段高いところに上ることは猫を助ける訓練だ、というのにはほっこりしました。

これも、純粋な子どもたちが考えそうなことで、さすが子ども心をわしづかみにする、ヨシタケシンスケならではの想像力です。

理由を考えたくなってしまう

考える人

この絵本で語られていることは、すべて言い訳でしかありません。

しかし、挙げられている理由の秀逸さには驚かされます。

世の中、言い訳に使う以外にも、大抵のことには理由があります。

この絵本を読むと、無意味なこと、理解しがたいことに対しても探求心が湧いてきそうですよね。

想像力の豊かな子どもたちは、「自分の知らない理由があるはず」という気持ちが芽生えると、それを探りたくなってしまいます。

『りゆうがあります』を読んだ子どもたちは、探求心に火が付くかもしれませんね。

子どもはこの作品を読むとどんな気分になるんだろう?

本を読む子ども

『りゆうがあります』では、男の子がひたすらお母さんに、自分がやってしまったことに対する言い訳を並べています。

この男の子のようなレベルの言い訳をされたら、現実の大人は納得したふりをして、引き下がるしかできないですよね。

実際の子どもたちだって、クオリティはともかくとして、言い訳をしてくることもあります。

そんな少し生意気な子どもたちが、この絵本を読んだらどんな気持ちになるのか気になりますよね。

自分を客観的に見直す子、それともちょうどいい言い訳の材料を見つけたと張り切る子など、その子の個性によって異なってきます。

読み終わったら、親子で感想を言い合いたい絵本です。

スポンサーリンク

『りゆうがあります』(2015)は、こんな方におすすめ!

ベッドと本

この絵本は、親子での会話がしっかりできるようになってきた、年少さんから年長さんくらいの子におすすめです。

ひらがなとカタカナで書かれているので、自分で読める場合はぜひ読んでみていただきたいです。

また、ちょっと子育てに疲れた大人にもおすすめ。

言い訳をする子どもは我が子だけではないですし、悩みすぎる必要はないと教えてくれる絵本です。

かわいらしいイラストと、軽快なテンポで笑わせてくれるのは、ヨシタケシンスケの絵本ならでは。

ぜひ、親子で読んで、男の子とお母さんのやりとりをマネしていただきたいです!

絵本
スポンサーリンク
絵本スペース
タイトルとURLをコピーしました