金魚の絵本の人気おすすめランキング15選!内容・あらすじなども紹介!

絵本

水槽の中を金魚が泳いでいると、ついつい見てしまいませんか?

ひらひらとヒレを動かして泳ぐ姿は、人魚のようでとっても綺麗。

子供も思わず目を奪われてしまいますよね。

今回は、そんな金魚にまつわる絵本のおすすめを15冊ご紹介します。

スポンサーリンク

金魚の絵本は乳児から小学生まで大人気!子どもにはどんな効果が!?

かわいいお顔、きれいな色のまあるいからだ。

優雅におよぐ金魚の姿に、子どもたちは夢中。

また、お祭りの金魚すくいのイメージから夏らしい気分にもなりますね。

絵本に登場する金魚は、ごはんを食べたり、お散歩をしたりします。

親子で想像を膨らませながら楽しめますよ。

スポンサーリンク

金魚の絵本人気おすすめランキング15選!

子どもも大人も大好きな金魚の絵本を、さっそく見ていきましょう!

おはなしのあらすじやおすすめポイントもご紹介するので、是非選ぶときの参考にしてください。

1位「きんぎょがにげた」

きんぎょがにげた

出典:Amazon

作者:五味太郎

出版社:福音館書店

発行日:1982年8月31日

値段:900円+税

対象年齢:2歳~

「きんぎょがにげた」あらすじ

1匹の金魚が金魚鉢から、逃げ出しました。

カーテンの模様の中、植木鉢の花の中、おもちゃがある部屋の中。

金魚はいったい、どこに逃げたのでしょうね?

「きんぎょがにげた」おすすめポイント

1匹の金魚を探しながら、いろいろな部屋を回ります。

「こんどはどこ?」と言いながら、子どもたちは夢中で金魚を探します。

何回でも楽しめる、素敵な絵本ですよ。

2位「うちのきんぎょ」

うちのきんぎょ

出典:紀伊国屋書店

作者:谷口國博

絵:村上康成

出版社:世界文化社

発行日:2005年7月1日

値段:952円+税

対象年齢:3歳~6歳

「うちのきんぎょ」あらすじ

ぼくが目を覚ますと、金魚と一緒に泳いでいる!?

ぼくはパジャマのまま、金魚と一緒の生活が始まります。

ぼくは一体どうなるのでしょう?

「うちのきんぎょ」のおすすめポイント

大人気「うちのかぞく」シリーズの1冊です。

ぼくが金魚鉢の中に入ると、ガラス越しに見る景色がゆがんで見えます。

まるで一緒に金魚鉢の中にいるかのうよう。

不思議な景色に、子どもたちも夢中になりますよ。

3位「なでなでももんちゃん」

なでなでももんちゃん

出典:紀伊国屋書店

作者:とよたかずひこ

出版社:童心社

発行日:2016年3月1日

値段:800円+税

対象年齢:1歳~

「なでなでももんちゃん」あらすじ

ももんちゃんのお友達、きんぎょさんとおばけさんは元気がありません。

お腹が痛くて、泣いています。

一緒にお腹をなでなでしてあげよう。

「なでなでももんちゃん」のおすすめポイント

こちらも大人気「ももんちゃんあそぼう」シリーズの1冊です。

お腹が痛いきんぎょさんとおばけさんが登場します。

ももんちゃんと一緒に、お腹をなでなでしながら話しが進みます。

親子で楽しめる、参加型の絵本ですよ。

4位「きんぎょのトトとそらのくも」

きんぎょのトトとそらのくも

出典:こぐま社

作者:西巻茅子

出版社:こぐま社

発行日:1970年1月1日

値段:1,100円+税

対象年齢:3歳~5歳

「きんぎょのトトとそらのくも」あらすじ

きんぎょのトトは、毎日お空を見ていました。

すると、お空に自分とそっくりの雲がいます。

ともだちに会うため、トトはお空へ飛んでいきます。

「きんぎょのトトとそらのくも」のおすすめポイント

まるで小さい子どもが描いたような、可愛いイラストの絵本です。

きんぎょのトトは、ともだちに会うためお空を冒険します。

お空の上では、いろいろな雲たちに出会います。

子どもと一緒に空を見上げて、トトを探してみるのも楽しいですよ。

5位「きんぎょのひるね」

きんぎょのひるね

出典:Amazon

作者:奥野涼子

出版社:フレーベル館

発行日:2010年4月1日

値段:1,000円+税

対象年齢:3歳~

「きんぎょのひるね」あらすじ

きんぎょさんが池の中で昼寝をしていると、お友達がやってきます。

でも、きんぎょさんは「昼寝ができない!」と怒ってしまいます。

きんぎょさんとお友達は、どうなるのでしょう?

「きんぎょのひるね」のおすすめポイント

こちらは縦に開くタイプの仕掛け絵本です。

ページをめくるたびに池や雲の形が変化するので、子どもも釘づけになります。

お友達と仲良くするにはどうしらたいいのか?

子どもが考えるきっけけになる絵本です。

6位「トトシュとキンギョとまほうのじゅもん」

トトシュとキンギョとまほうのじゅもん

出典:crayonhouse

作:カタリーナ・ヴァルクス

訳:ふしみみさを

出版社:クレヨンハウス

発行日:2012年9月28日

値段:1,500円+税

対象年齢:6歳~

「トトシュとキンギョとまほうのじゅもん」あらすじ

ねずみのトトシュは、お祭りでキンギョをもらいます。

ところが、キンギョは他の動物になりたいと言います。

トトシュはキンギョのために、まじょのところへ行くことに。

2人はどうなるのでしょうか?

「トトシュとキンギョとまほうのじゅもん」のおすすめポイント

トトシュがもらったキンギョは、他の動物になりたいと言い出します。

トトシュはキンギョのために、いろいろ考えて行動します。

ともだちのために何ができるだろう?

これは、ともだちのために頑張るお話しです。

7位「ぼくのきんぎょをやつらがねらう!」

ぼくのきんぎょをやつらがねらう

出典:Amazon

作者:武田美穂

出版社:小学館

発行日:2016年8月25日

値段:1,300円+税

対象年齢:3歳~10歳

「ぼくのきんぎょをやつらがねらう!」あらすじ

ぼくの宝物は、夜店で買った赤いきんぎょ。

でも、ぼくの大事なきんぎょを、にわとり、いぬ、ねこがねらっている!

そしてさいごは、お母さんまで!?

ぼくはきんぎょを守れるのか?

「ぼくのきんぎょをやつらがねらう!」のおすすめポイント

夜店で買ったきんぎょが大事すぎて、他のことが手につかないぼく。

子どもなら、大事なものをずっと持っていて離さない時期がありますよね。

大事なきんぎょを守るために、ぼくはにわとり、いぬ、ねこと協力します。

素直に謝る、まわりと協力することが大切だとわかるお話しです。

8位「きんぎょすくいめいじん」

きんぎょすくいめいじん

出典:講談社BOOK倶楽部

作者:松成真理子

出版社:講談社

発行日:2019年7月18日

値段:1,400円+税

対象年齢:4歳~

「きんぎょすくいめいじん」あらすじ

ぼくはお祭りで念願のきんぎょすくいをするも、失敗してしまします。

そこで出会ったのは、きんぎょすくい名人のお兄ちゃん。

ぼくはお兄ちゃんに特訓してもらい、きんぎょすくいの大会に出ることに。

はたして、結果はどうなったのでしょうか?

「きんぎょすくいめいじん」のおすすめポイント

ぼくはきんぎょすくい名人になる目標を見つけて、頑張ります。

何かに熱中する姿は、子どもも応援したくなります。

自分で目標を決めて、達成するまで努力することの難しさ、悔しさが伝わる絵本ですよ。

ぜひ、親子でぼくを応援してくださいね。

9位「金魚のひなこさん」

金魚のひなこさん

出典:Amazon

作:ただのゆみこ

絵:ふくだいわお

出版社:文研出版

発行日:2011年7月30日

値段:1,200円+税

対象年齢:6歳~

「金魚のひなこさん」あらすじ

主人公のルイは、お母さんとお姉ちゃんと暮らしています。

でも、お姉ちゃんは中学受験があり遊んでもらえず、友達ともケンカしてしまいます。

そんな時、赤い服を着た少年が現れ不思議なうろこをくれます。

「金魚のひなこさん」のおすすめポイント

ルイはお姉ちゃんとも遊べず、友達ともケンカしてひとりぼっちになります。

でも、ルイは赤い服の少年と出会い、勇気をもらいます。

友達と仲直りをするため、ルイは一歩を踏み出すのです。

この絵本は、現状を変えるには自分から行動をすることが大切だと、教えてくれますよ。

10位「きんぎょ」

きんぎょ

出典:Amazon

作者:山本久美子

出版社:ひだまり舎

発行日:2020年8月29日

値段:1800円+税

対象年齢:6歳~

「きんぎょ」あらすじ

今日は楽しいお祭りの日です。

ケンは、弟と妹と一緒にきんぎょすくいに挑戦します。

3人はそれぞれ、何匹とったでしょうか?

「きんぎょ」のおすすめポイント

絵本のイラストは版画で描かれていて、独特の空気があります。

絵本を読んでいると、自分もお祭りに行った気分になりますよ。

読み終わったあと、家族できんぎょすくいがしたくなるお話しです。

11位「きんぎょのおうち」

きんぎょのおうち

出典:Amazon

作者:高部晴市

出版社:フレーベル館

発行日:2005年7月1日

値段:1,300円+税

対象年齢:1歳~

「きんぎょのおうち」あらすじ

金魚のアカさんは、フーちゃん家のきんぎょです。

アカさんはフーちゃんをお家にご招待しますよ。

金魚鉢のお家は、どんなところなのでしょうか?

「きんぎょのおうち」のおすすめポイント

この絵本は「金魚のアカさん」シリーズの1冊です。

金魚の世界や金魚鉢のお家はどんなところなのかと、ワクワクさせてくれます。

いろいろ想像しながら読むのも、楽しいですよ。

12位「赤い金魚と赤いとうがらし」

赤い金魚と赤いとうがらし

出典:Amazon

作:高橋久美子

絵:福田利之

出版社:mille books

発行日:2017年6月15日

値段:1,400円+税

対象年齢:1歳~

「赤い金魚と赤いとうがらし」あらすじ

赤い金魚のピッピロはいつもひとりぼっちでいます。

そんなある日、金魚鉢の中に赤くて辛いとうがらしが落ちてきます。

ピッピロと赤いとうがらしは仲良くなれるのでしょうか?

「赤い金魚と赤いとうがらし」のおすすめポイント

赤い金魚のピッピロと赤いとうがらしの友情物語です。

人間と金魚の物語はたくさんありますが、金魚ととうがらしの話は珍しいですね。

ピッピロととうがらしがどんな友情を築くのか、想像しながら読むと楽しいですよ。

13位「きんぎょ」

きんぎょ

出典:Amazon

作・絵:ユ・テウン

訳:木坂涼

出版社:らんか社

発行日:2009年5月1日

値段:1,500円+税

対象年齢:5歳~

「きんぎょ」あらすじ

主人公のジェジェは、おじいちゃんと一緒に森の奥にある古い図書館へ行きます。

本を読むことに夢中になっていると、連れてきた金魚が本の中に消えてしまいます。

金魚を探していると、ジェジェも本の中に吸い込まれてしまいます。

はたして、無事に帰ってくることができるのでしょうか?

「きんぎょ」のおすすめポイント

古い図書館、本、夕闇と暗い色味の中に、赤い金魚が印象的な絵本です。

子どもも大人も、金魚に目が釘付けになりますよ。

後半はイラストのみの展開で、想像をかきたてられます。

14位「きんぎょとしょうぶ」

きんぎょとしょうぶ

出典:文研出版

文:うどんあこ

絵:たごもりのりこ

出版社:文研出版

発行日:2017年5月30日

値段:1,300円+税

対象年齢:2歳~

「きんぎょとしょうぶ」あらすじ

金魚くすい屋さんの看板には「金魚としょうぶ」と書いてあります。

でも、金魚は一匹しかいないのです。

ぼくは、一匹の金魚と勝負をすることに。

「きんぎょとしょうぶ」のおすすめポイント

ぼくは一匹の金魚と、金魚すくいの勝負をしますが勝てません。

この金魚がとにかくすごいのです!

ぼくと金魚、どちらを応援しても楽しい絵本です。

15位「やさしい金魚」

やさしい金魚

出典:Amazon

作者:くぼたあきな

出版社:文芸社

発行日:2015年11月1日

値段:1,200円+税

「やさしい金魚」あらすじ

一匹の金魚が、池にやってきます。

池に住む仲間たちは、金魚を歓迎します。

しかし、金魚のある一言から、騒動が起きてしまい。

「やさしい金魚」のおすすめポイント

金魚や池に住む仲間たちを、きれいな押し花で表現した絵本です。

金魚は赤い花で作られていて、ひらひらとゆれるドレスのように美しいです。

いろいろな花や植物で表現されているので、子どもも夢中になりますよ。

お花にも興味がでてくる、芸術的な絵本です。

スポンサーリンク

金魚の絵本はやさしさにあふれた作品がいっぱい!

金魚の絵本は、人間や他の動物たちとの交流を描いた作品が多いです。

絵本を通して、自分以外にも優しくすることを自然と学べますよ。

ぜひ親子で読んで、優しい世界に触れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました