ひこうきが登場する絵本のおすすめ37選

絵本

ひこうきには夢や希望が詰まっていますよね。

ひこうきが登場する絵本のおすすめをまとめているので、子どもにぴったりな作品を選ぶことができます。

ひこうきが大好きな子どもと一緒に読みたい絵本の参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  1. ひこうきが登場する絵本のおすすめを紹介!
  2. ひこうきが好きな子どもに!ひこうきが登場する絵本のおすすめ
    1. 『ぼくがとぶ』
    2. 『ひこうき』
    3. 『バムとケロのそらのたび』
    4. 『ペンギンきょうだい そらのたび』
    5. 『ブーンブーンひこうき』
    6. 『るるるるる』
    7. 『とんでいきたいなあ』
    8. 『ぼくたちぱいろっと』
    9. 『とべ!ひこうきかぜにのって』
    10. 『ブンブンひこうき』
    11. 『飛行機にのって』
    12. 『もりのくうちゅうさんぽ』
    13. 『どんくまさん そらをとぶ』
    14. 『あかい ちび ひこうき』
    15. 『ルーピーのだいひこう』
    16. 『ひこうきブルルーン!』
    17. 『ボリスはパイロット』
    18. 『ちいさなひこうきフラップ』
    19. 『とんだよ プロペラくん』
    20. 『おばあさんのひこうき』
  3. ひこうきに関わる仕事に興味ある子どもに!ひこうきに詳しくなれる絵本のおすすめ
    1. 『ぼくひこうきにのったんだ』
    2. 『そらの のりものえほん』
    3. 『ちいさいひこうき』
    4. 『リサひこうきにのる』
    5. 『うみちゃんのまど』
    6. 『ぼくひこうき』
    7. 『ジェット機と空港・管制塔 乗り物ひみつルポ(3)』
    8. 『新訂版 飛行機100点』
    9. 『のりもの(9) ひこうき』
    10. 『栄光への大飛行』
    11. 『こども絵本エルライン6 飛行機・船』
    12. 『ゆうびんひこうき こうのとりごう』
    13. 『ライトきょうだい』
    14. 『増補改訂版・自動車・飛行機』
    15. 『だいすき! そらとぶひこうき』
    16. 『かみひこうき』
    17. 『大解説!のりもの図鑑DX⑨飛行機・船』
  4. ひこうきが登場する絵本のまとめ

ひこうきが登場する絵本のおすすめを紹介!

飛行機イラスト

今回はひこうきが登場する絵本と、ひこうきについて詳しくなれる本を2ジャンルに分けて紹介していきます。

1.とにかくひこうきが大好きな子どもに向けてひこうきが登場する絵本を紹介。

2.ひこうきに関わる仕事に興味がある子どもに向けて、ひこうきについて詳しくなれる本を紹介。

以上を踏まえた上で、ひこうきの絵本を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ひこうきが好きな子どもに!ひこうきが登場する絵本のおすすめ

絵本

ひこうきが好きな子どもにおすすめの、ひこうきが登場する絵本を紹介していきたいと思います。

『ぼくがとぶ』

ぼくがとぶ

作者:佐々木 マキ
出版社:絵本館
発行日:2013/2/12
値段+税:1404円

『ぼくがとぶ』のあらすじ

たくさんの部品を組み合わせて、ぼくが作ったものは本物のひこうき。

砂漠を越え、星空の中を飛び、北極へ。そこで待っていたものは?

絵本の中からプロペラ機の爆音が響いてきます。

『ぼくがとぶ』のおすすめポイント

こちらの絵本は文字が少なく絵が多いので小さな子どもにも楽しんでいただける絵本になっています。

『ひこうき』

ひこうき

作者:バイロン・バートン
訳:こじま まもる
出版社:金の星社
発行日:1992/6/1
値段+税:821円

『ひこうき』のあらすじ

たかいそらに、ひこうきがとんでいます。

おおぜいのおきゃくさんをのせた、じゃんぽじぇっときです。

うみのうえ、やまをこえて、はたけや、まちをとおりこして、ひこうじょうへとうちゃく!

『ひこうき』のおすすめポイント

こちらも同様、文字が少なく絵が多いので小さな子どもにも楽しんでもらえる絵本になっています。
絵が可愛く、子どもにもなじみやすいあたたかい絵で色合いも優しくオススメです。

『バムとケロのそらのたび』

バムとケロのそらのたび

作者:島田ゆか
出版社:文溪堂
発行日:1995/10/1
値段+税:972円

『バムとケロのそらのたび』のあらすじ

パンケーキを食べていたら、おじいちゃんから山のような小包が届いた。

「誕生日にあそびにおいで」

という手紙とともに入っていた組立式ひこうきに乗って、さあ出発!

最初に見えてくるのは、ゴーグルをしないと涙がとまらなくなる玉ねぎ山脈。つぎは、虫がうじゃうじゃいるりんご山。

かぼちゃ火山に大うみへび、吸血こうもりと空の旅は危険がいっぱい。

おおらかで心優しい犬のバムと、やりたい放題がかわいいカエルのケロちゃんを描いた「バムとケロ」シリーズの第2弾。

『バムとケロのそらのたび』のおすすめポイント

こちらの絵本は大人気バムとケロシリーズの絵本です。
ストーリー性があるのでとてもハラハラドキドキしていて大人でもワクワクするようなおはなしです。
2歳以上の子どもにオススメです。
大型本もあるのでそちらも是非ご検討下さい。

『ペンギンきょうだい そらのたび』

ペンギンきょうだいそらのたび

作者:工藤ノリコ
出版社:ブロンズ新社
発行日:2012/10/1
値段+税:1404円

『ペンギンきょうだい そらのたび』のあらすじ

おねえちゃん、ペンちゃん、ギンちゃんは、3人だけでそらのたびに出かけます。

はじめてのひこうきは、ドキドキ・ワクワクの連続。緊張する離陸。

美しい景色を見ながらの機内食。嬉しい、子ども向け機内サービス! 空港に着いて、乗りかえしようとしたそのとき…

『ペンギンきょうだい そらのたび』のおすすめポイント

こちらの絵本もストーリー溢れる絵本でワクワクドキドキしてしまいます。
説明文等は少なく、効果音や効果音や会話だけでおはなしが進んでいくので読みやすく、子どもにもわかりやすい絵本です。
絵も可愛く、小さい子どもに馴染みやすい絵柄になっています。

『ブーンブーンひこうき』

ブーンブーンひこうき

作者:とよたかずひこ
出版社:アリス館
発行日:2007/10/1
値段+税:864円

『ブーンブーンひこうき』のあらすじ

ブルブルブル…ひこうきが飛び立ちます。ふわっ。ブーンブーン。

あっ、くもの中に入ってしまいました。ブーンブーン、音だけがきこえます。

お父さんお母さんと赤ちゃんがゆったりと楽しめる、「あかちゃんのりものえほん」第二作。

『ブーンブーンひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本は小さな子どもや赤ちゃんにおすすめの絵本です。
文字も少なく絵も簡単でわかりやすいものなので指さしして「ひこーき!」って言えるようなほわっとした優しくてかわいい絵本です。

『るるるるる』

るるるるる

作者:五味太郎
出版社:偕成社
発行日:1991/5/1
値段+税:1404円

『るるるるる』のあらすじ

これは音の絵本です。文字の絵本です。

そしてやがて、ゆったりと言葉がきこえてくる絵本です。お話が見えてくる絵本です。

『るるるるる』のおすすめポイント

こちらの絵本は、小さな子どもから幼稚園の子までみんなが楽しめるような絵本です。
文字も2〜3種類しかなく、同じような言葉が何度も出てきますが抑揚をつけて読んであげると小さな子どもは大喜びすると思います。
色や絵も綺麗で素敵な絵本です。

『とんでいきたいなあ』

とんでいきたいなあ

作者:市川里美
出版社:BL出版
発行日:2010/7/1
値段+税:1512円

『とんでいきたいなあ』のあらすじ

「ああ、ぼくどこか行きたいなあ! 」

木のひこうきのコスモスが、おもちゃ箱から飛び出して言いました。

「あのおかの上に白いドームが見えるだろう。あそこへ行ってみたいなあ」

こども部屋から出たことのないコスモスは、なかよしのぬいぐるみの犬のウォーギーと、とんでいくことにしました。

夢をのせて、ふたりのぼうけんがはじまります。

『とんでいきたいなあ』のおすすめポイント

この絵本は冒険大好きな、子ども心くすぐるストーリーでドキドキワクワクできる絵本です。
明るくて楽しく、気分爽快になれる絵本です。

『ぼくたちぱいろっと』

ぼくたちぱいろっと

作者:スザンナ・レオナルド・ヒル
絵:アナ・マーティン・ララナーガ
訳:たに ゆき
出版社:大日本絵画
発行日:2010/06
値段+税:1026円

『ぼくたちぱいろっと』のあらすじ

ひこうきで そらの たびに でかけましょう。

めくりを めくると ひこうきのしくみも たのしめます。

かわいいパイロットが活躍するのりもの絵本。

『ぼくたちぱいろっと』のおすすめポイント

こちらの絵本はユニークな版型のめくりボードブックでワイワイ楽しめる絵本です。
操縦席にいるかのような感覚でパイロット気分になれる子ども心くすぐる素敵な絵本です。

『とべ!ひこうきかぜにのって』

とべ!ひこうきかぜにのって

作者:北沢優子
出版社:アリス館
発行日:2009/10/1
値段+税:1484円

『とべ!ひこうきかぜにのって』のあらすじ

あるひ、グライダーのひこうきが、かぜにふかれておもわぬぼうけんにでかけることに!

うみにおちそうになったり、かべにぶつかりそうになったり―グライダーは、はたしてぶじ、いえにかえりつくことができるのでしょうか?

まるで空を飛んでいるかのような浮遊感と飛んでいる場所がわかる地図付き新感覚絵本。

『とべ!ひこうきかぜにのって』のおすすめポイント

こちらの絵本はお父さんが買ってきてくれたグライダーを一緒に組み立てるシーンがあり、とても親子愛の感じれる絵本です。
旅に出かけるようなドキドキ感の味わえる素敵な絵本です。

『ブンブンひこうき』

ブンブンひこうき

作者:軽部武宏
出版社:小学館
発行日:2009/7/17
値段+税:463円

『ブンブンひこうき』のあらすじ

身体の動きや遊びつき、体感読み聞かせ絵本

からだの動きや、遊びを加えた今までにない読み聞かせ絵本です。

小さなひこうきに乗って、鳥や雷と遭遇したり、山あり、谷ありの大冒険が始まります。

『ブンブンひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本は声に出して読むだけでなく体を動かしたり、読み方ポイントも書いてあるので誰でも上手に読める絵本です。
わんぱくな子どもにおすすめの、親子で楽しめる素敵な絵本になっています。

『飛行機にのって』

飛行機にのって

作者:磯良一
出版社:長崎出版
発行日:2007/05
値段+税:1480円

『飛行機にのって』のあらすじ

野をこえ山こえやってきて、街に向かって急降下。スリル満点の夜間飛行。

『飛行機にのって』のおすすめポイント

こちらの絵本は絵がとても綺麗でついつい見入ってしまうような絵本です。
冒険心溢れる子どもたちにはドキドキして堪らないスリル満点のストーリーでおすすめ。

『もりのくうちゅうさんぽ』

もりのくうちゅうさんぽ

作者:松岡たつひで
出版社:福音館書店
発行日:2007/6/30
値段+税:1296円

『もりのくうちゅうさんぽ』のあらすじ

あまがえる旅行社の空の旅。

紙ひこうきにお客さんを乗せて飛び立って、楽しい空の旅の始まり始まり……のはずでしたが、オオタカがリスを連れ去るところを見かけたり

アマツバメに襲われたりと、空の上も安穏としていられる場所ではないことを体験します。

終いには墜落して地面にぶつかりそうになり……あまがえるたちはどうなってしまうのでしょうか?

『もりのくうちゅうさんぽ』のおすすめポイント

こちらの絵本は自然に生きる生き物たちが冒険するストーリーで、読んでいるとハラハラドキドキする絵本になっています。
自分たちもお客さんになった気分で読みながら、ツアーに参加して自然を楽しめる楽しい絵本です。

『どんくまさん そらをとぶ』

どんくまさん そらをとぶ

作者:蔵富千鶴子
出版社:至光社
発行日:2006/10
値段+税:1404円

『どんくまさん そらをとぶ』のあらすじ

雨が降らないので空から水をまこうと、ひこうきを作り始めたどんくまさん。

「ぼくのひこうき、ぼくの夢をかなえて」・・・どんくまさんは空を飛べるかな?

『どんくまさん そらをとぶ』のおすすめポイント

こちらの絵本は「どんくまさん」シリーズで今回は飛行機のおはなしの絵本です。
必死に頑張るどんくまさんが憎めず、大人が読んでもかわいい絵本になっているのでぜひ親子で読んでみてください。

『あかい ちび ひこうき』

あかいちびひこうき

作者・絵:ケン・ウィルソン・マックス
訳:でんでんむし
出版社:JURA出版局
発行日:2005/03
値段+税:1080円

『あかい ちび ひこうき』のあらすじ

イギリスからやってきた、手のこったしかけの乗り物絵本。

細かい工夫がいっぱいのしかけを操作しているうちに、 パイロットの気分になれること、間違いなしです。

『あかい ちび ひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本は様々な仕掛けがあるしかけ絵本で、操縦できたり給油できたりひこうき大好きな子どもにはもってこいの絵本です。
ついつい集中して楽しんでしまうような素敵な絵本なのでぜひ子どもと読んでみてください。

『ルーピーのだいひこう』

ルーピーのだいひこうき

作者・絵:ハーディー・グラマトキー
訳:わたなべしげお
出版社:学研
発行日:2005/09
値段+税:1404円

『ルーピーのだいひこう』のあらすじ

れんしゅう用ひこうきルーピーは、パイロットなしであらしの空を大飛行。

楽しいカラフルな絵といきいきとはずむようなストーリーで、のりもの好きな子どもが夢中になって読める!

のりものを主人公にした「のりものどうわ」の第3作。

『ルーピーのだいひこう』のおすすめポイント

こちらの絵本はすこし長めのストーリー作品なので大きめの子どもにおすすめの絵本です。
ハラハラドキドキ、最後にどうなるのか、とつい大人も見入ってしまうような絵本なのでぜひ親子で読んでみてください。

『ひこうきブルルーン!』

ひこうきブルルルーン

作者:すえよしあきこ
絵:ふくだゆうこ
出版社:あかね書房
発行日:2004/12
値段+税:1080円

『ひこうきブルルーン!』のあらすじ

ひろくんが、おもちゃのひこうきを満月の光にあてると、ひこうきはぐぐーんと大きくなって…。

幼児の夢をのせて飛ぶひこうきの楽しい絵本。

『ひこうきブルルーン!』のおすすめポイント

こちらの絵本は子ども心くすぐる可愛くて素敵なストーリーの絵本です。
自分のおもちゃもひろくんのひこうきみたいに乗ることができるのかなとワクワクドキドキできる絵本なのでぜひ読んでみてください。

『ボリスはパイロット』

ボリスはパイロット

作者・絵:ディック・ブルーノ
訳:角野栄子
出版社:講談社
発行日:2003/10
値段+税:648円

『ボリスはパイロット』のあらすじ

くまのボリスが空をとぶ。

ディック・ブルーナ102冊目の絵本の主人公は特に男の子に人気の高いボリス。

今回は自慢のひこうきに乗りこんでの空の旅に出かけます。いったい何に出あうかな?

『ボリスはパイロット』のおすすめポイント

こちらの絵本は人気シリーズディックブルーナの102冊目の絵本です。
くまのボリスが可愛くて、絵もはっきりしており子どもウケのいい絵本になっているのでぜひ読んでみてください。

『ちいさなひこうきフラップ』

ちいさなひこうきフラップ

作者:松本州平
出版社:徳間書店
発行日:2002/3/1
値段+税:1728円

『ちいさなひこうきフラップ』のあらすじ

元気なフラップは、みんなの人気者。

ところがある日のこと、嵐に巻きこまれ、海のまん中に不時着してしまいます。

翼が折れてしまったから、もうおうちへ帰れない…。がんばれ、フラップ!

澄んだ色彩が美しい大型絵本。のりもの好きの子どもたちへ贈ります。

『ちいさなひこうきフラップ』のおすすめポイント

こちらの絵本はブラスティラヴァ世界絵本原画展入賞作品でひこうき好きのお子様だったらきっと楽しんでくれる絵本です。
ハラハラドキドキ、頑張れ! って応援したくなるような絵本なのでぜひ親子で読んでみてください。

『とんだよ プロペラくん』

とんだよプロペラくん

作者:筒井 敬介
絵:田代三善
出版社:小峰書店
発行日:2000/12
値段+税:1058円

『とんだよ プロペラくん』のあらすじ

あしたの朝、あそこのはらっぱからひこうきがとぶぞ、とおしえられたぶんちゃんは、ドキドキしながらあしたをまった。

トンボみたいなプロペラひこうき。ぶんちゃんの目の前で見事に飛べるのでしょうか。

『とんだよ プロペラくん』のおすすめポイント

こちらの絵本は主人公のぶんちゃんが本当にひこうきが大好きな男の子で、ひこうき大好きな子どもだったらきっと親近感の湧くお話です。
今と昔のひこうきの違いも知ることのできる絵本で是非オススメです。

『おばあさんのひこうき』

おばあさんのひこうき

作者:佐藤さとる
絵:村上勉
出版社:小峰書店
発行日:1973/2/28
値段+税:1620円

『おばあさんのひこうき』のあらすじ

空にうかんだふしぎなあみもの。

あみものじょうずなおばあさんがまきおこすとってもすてきな事件とは……。

『おばあさんのひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本は第13回課題図書にも選出されており児童福祉文化賞も受賞したことのある絵本です。
おばあさんが編んだひこうきが飛ぶ、ワクワクドキドキ素敵なお話なので子どももきっと楽しんでくれるような絵本になっています。
スポンサーリンク

ひこうきに関わる仕事に興味ある子どもに!ひこうきに詳しくなれる絵本のおすすめ

飛行場

次は将来ひこうきに関わるお仕事をしたい!と言っている子どもにおすすめの絵本を紹介していきたいと思います。

『ぼくひこうきにのったんだ』

ぼくひこうきにのったんだ

作者:渡辺茂男
絵:大友康夫
出版社:あかね書房
発行日:1986/4/1
値段+税:1404円

『ぼくひこうきにのったんだ』のあらすじ

くまたくんは、朝おきたときからむねがどきどき。

きょうははじめてひこうきにのるんです……。初体験の興奮、喜びを描きます。

『ぼくひこうきにのったんだ』のおすすめポイント

こちらの絵本は飛行場を走る車だったり、ひこうきに乗る瞬間だったり、実際にひこうきに乗る子どもがドキドキワクワクするような気持ちを絵本に表現したものになっています。
会話文が多く読みやすい絵本になっています。

『そらの のりものえほん』

そらののりものえほん

作者:いしかわこうじ
出版社:童心社
発行日:2012/11/14
値段+税:1026円

『そらの のりものえほん』のあらすじ

「じぇっとき ごぉー とおいくにへ とんでいくよ。」

身近なものから、乗ったことのないものまで、そらののりものが大集合! しかけページをめくると、のりものがおおぞら高く飛び立ちます。

斬新な発想で、子どもたちのとびたい! という情熱と、のりものを大好きな気持ちに応える意欲作。

『そらの のりものえほん』のおすすめポイント

こちらの絵本はわかりやすい絵に、文字もそんなに多くないのでとても読みやすく、小さな子どもにもおすすめの絵本です。
本当にのりものが動き出すような躍動感のある展開で、ますますめくるのが楽しくなるそんな作品です。

『ちいさいひこうき』

ちいさいひこうき

作者・絵:ロイス・レンスキー
訳:わたなべしげお
出版社:福音館書店
発行日:2005/2/20
値段+税:1080円

『ちいさいひこうき』のあらすじ

小さいひこうきに乗って、スモールさんは空を飛びます。

操縦の手順をひとつひとつ丁寧に表した文章と明快な絵が、読者をスモールさんの世界に引き込むことでしょう。

『ちいさいひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本は作中の中に操縦の手順を教えてくれて、ひこうきを操縦してみたいと思ってる子どもにはすごくワクワクするお話です。
ページ数も多く、内容も少し難しくなっているのである程度大きい子どもにおすすめの絵本です。

『リサひこうきにのる』

リサひこうきにのる

作者:アン グットマン
絵:ゲオルグ ハレンスレーベン
訳:石津ちひろ
出版社:ブロンズ新社
発行日:2000/9/1
値段+税:1296円

『リサひこうきにのる』のあらすじ

はじめてひとりで乗ったニューヨーク行きのひこうき。

でもなぜか、びしょびしょのべとべとになってしまって…!

リサが巻きおこすワクワク・ドキドキな とっても楽しいお話。

『リサひこうきにのる』のおすすめポイント

こちらの絵本は人気シリーズ「リサとガスパール」のリサのお話になります。
初めてひこうきに乗るドキドキ感が伝わってくる、ワクワク楽しい絵本なのでぜひ読んでみてください。

『うみちゃんのまど』

うみちゃんのまど

作者:中川たかひろ
絵:長 新太
出版社:偕成社
発行日:1997/7/1
値段+税:1296円

『うみちゃんのまど』のあらすじ

「おーい、ひこうき!」

うみちゃんがよんだらひこうきは、

「なんのようかここのかとうか。」

っていって、いきなりまどからはいってきました。へんなひこうきとうみちゃんは、いろんな国へ・・。

きいろの国、ろくでもない国、いちばんぼしの国・・。行き先はしりとりで決めたのさ。

『うみちゃんのまど』のおすすめポイント

こちらの絵本はとても独特な世界感のあるストーリーで好奇心あふれる子どもはきっとどっぷりハマってしまう、そんなような絵本です。
大人も楽しくなる文章や絵。ぜひ親子で楽しく読んでみてください。

『ぼくひこうき』

ぼくひこうき

作者:ひがしちから
出版社:コブリン書房
発行日:2011/5/2
値段+税:1512円

『ぼくひこうき』のあらすじ

「よし、ぼくは かみひこうきを つくるぞ」

せいくんは、おりがみが あんまり じょうずでは ありません。

だけど、かみひこうきは だいすきです。

せいくんは ゆっくりと、いっしょうけんめい おりました。そして、そらいろの ひこうきが できあがりました。

「いっきに のぼってやるぞ!」

かみひこうきは すべりだいを かけのぼると、そのまま そらへ とびだしました。せいくんのかみひこうき、どこまでも飛んでいけ!

『ぼくひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本は折り紙で一生懸命折った紙ひこうきを飛ばす男の子が主人公なのですが、絵を見ているとこっちにまで伝わって来るドキドキ感が最高の絵本です。
幼稚園や保育園に行ってる子どもにおすすめの絵本です。

『ジェット機と空港・管制塔 乗り物ひみつルポ(3)』

ジェット機

作者:モリナガ ヨウ
出版社:あかね書房
発行日:2013/9/12
値段+税:1728円

『ジェット機と空港・管制塔 乗り物ひみつルポ(3)』のあらすじ

管制塔からのながめをパノラマ図解。

乗り物ひみつルポ隊の隊長モリナガ・ヨウと、助手のロボが出動します。

東京国際空港で、ジェット旅客機のボーイング787に搭乗し、空の旅のひみつにせまります。

『ジェット機と空港・管制塔 乗り物ひみつルポ(3)』のおすすめポイント

こちらの絵本は子ども用にわかりやすい絵で細かく細部まで描かれていてひこうき関係で働きたいと思ってる子どもには最高の絵本です。
普段ならわからない仕事裏の部分まで知ることのできる素敵な絵本です。

『新訂版 飛行機100点』

飛行機100点

作者:グループ・コロンブス
出版社:講談社
発行日:2012/7/5
値段+税:702円

『新訂版 飛行機100点』のあらすじ

大型旅客機や貨物旅客機、ヘリコプターなど、さまざまなひこうきを紹介しています。

全日空の整備工場の様子や、空港ではたらく車も紹介するなど、ひこうきにまつわる情報を網羅しています。

人気シリーズ、のりものアルバムの最新刊は、話題豊富なひこうきが盛りだくさん!

『新訂版 飛行機100点』のおすすめポイント

こちらの絵本はひこうき関連のほとんどのことが把握できる絵本になっています。
どちらかというともう図鑑に近く、ひこうき大好きな子どもや、将来ひこうきの仕事につきたい人はワクワクしながら眺めることのできる素敵な絵本です。

『のりもの(9) ひこうき』

ひこうき

作者:小賀野 実
出版社:ジェイティビィパブリッシング
発行日:2017/10/13
値段+税:594円

『のりもの(9) ひこうき』のあらすじ

子どもたちに人気の「ひこうき」を集めた、1~3歳向けの写真絵本。

身近なものに興味を持ち始めたこどもたちに学ぶ喜びを与えられる1冊です。

『のりもの(9) ひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本はひこうきが大好きなお子様や、ひこうき関係のお仕事をしたいと思っている子どもには最適な絵本です。
ひとつひとつ丁寧な説明で、いろいろな種類のひこうきも載っていて見ているだけでワクワクする絵本になっています。

『栄光への大飛行』

栄光への大飛行

作者・絵:アリス・プロベンセン マーティン・プロベンセン
訳:今江祥智
出版社:BL出版
発行日:2009/03
値段+税:1512円

『栄光への大飛行』のあらすじ

飛行船を目撃したことから、自分も空を飛びたいという夢にとりつかれたルイ・ブレリオ氏。
度重なる失敗にもめげず挑戦を続けます。

そして1909年、家族に見守られながら、ついに自分で作ったひこうきで英仏海峡の無着水横断を成功させるのです!

史実にもとづいた、ロマンあふれる絵本。

『栄光への大飛行』のおすすめポイント

こちらの絵本はコールデコット賞受賞しており、とても深いストーリーで小さな子どもよりかは大きい子ども向けの絵本です。
実際にいた人たちのおはなしだと子どもに伝えるときっと食いついて聞いてくれるはず。

『こども絵本エルライン6 飛行機・船』

飛行機・船

作者:小賀野 実
出版社:ジェイティビィパブリッシング
発行日:2008/9/17
値段+税:842円

『こども絵本エルライン6 飛行機・船』のあらすじ

5~10歳のこども向けの本。

ジェット旅客機やプロペラ機、ヘリコプター、飛行船やカーフェリー、高速フェリー、豪華客船、遊覧船などのひこうきや船(ふね)を写真と解説で紹介した一冊です。

『こども絵本エルライン6 飛行機・船』のおすすめポイント

こちらの絵本はひこうきと船の写真を見ながらいろいろ学べる絵本です。
ひこうきのお仕事をしたいと思っている子どもにはおすすめの一冊です。
少し内容が難しいので大きい子どもにおすすめです。

『ゆうびんひこうき こうのとりごう』

ゆうびんひこうきこうのとりごう

作者:ジェームス クリュス
絵:リーズル シュティッヒ
訳:はたさわゆうこ
出版社:フレーベル館
発行日:2008/06
値段+税:1296円

『ゆうびんひこうき こうのとりごう』のあらすじ

ふたたびそらをとぶことをゆめみた、ゆうびんひこうきこうのとりごうのおはなし。

国際アンデルセン賞を受賞したドイツを代表する児童文学作家ジェームス・クリュスがおくる―半世紀もの間、ドイツで愛され続けている絵本です。

『ゆうびんひこうき こうのとりごう』のおすすめポイント

こちらの絵本は一度は放置されていたひこうきがまたもう一度活躍するために飛ぼうとする勇気あふれるストーリーの絵本です。
ひこうき大好きな子どもはもちろん、自分も頑張ろう!と元気が沸いてくる絵本なのでぜひ親子で読んでみてください。

『ライトきょうだい』

ライトきょうだい

作者:鶴見正夫
絵:徳田秀雄
出版社:ひさかたチャイルド
発行日:2006/3/1
値段+税:1526円

『ライトきょうだい』のあらすじ

「ねえ、お母さん。鳥はどうして空を飛べるの?」

「だって、鳥には翼があるわ。」

「そうか…。ぼくたちにも翼があればなあ。」

ライト兄弟の胸はいつも大空への憧れでいっぱいでした。そんなこどもの頃の夢を持ち続け、ついにひこうきを発明したライト兄弟の物語。

『ライトきょうだい』のおすすめポイント

こちらの絵本は幼稚園の子どもでも分かる伝記絵本です。
ライト兄弟の少年時代のエピソードからひこうき制作までとてもわかりやすく書かれた絵本なので是非オススメです。

『増補改訂版・自動車・飛行機』

自動車・飛行機

作者:高島 鎮雄
出版社:学研
発行日:2006/11/21
値段+税:2160円

『増補改訂版・自動車・飛行機』のあらすじ

自動車、ひこうきが満載の図鑑です。

自動車・ひこうきのしくみや、カーナビゲーションシステムなどの新しい交通システム、飛行システムなどが、よくわかります。

情報館のページでは、自動車・ひこうきの生産量などの、日本と世界のデータを紹介しています。

『増補改訂版・自動車・飛行機』のおすすめポイント

こちらの絵本は自動車やひこうきのさまざまな情報が載った図鑑のような絵本です。
乗り物大好きな男の子や子どもにはとても楽しい内容となっています。

『だいすき! そらとぶひこうき』

だいすき!そらとぶひこうき

作者:ファリマン・スタージェス
絵:シャーリー・ハルパン
訳:竹下 文子
出版社:PHP研究所
発行日:2004/2/3
値段+税:1296円

『だいすき! そらとぶひこうき』のあらすじ

ぼくは、ひこうきがだいすき。

たかいそらをとびたいな、そらにせんをかきたいな。

いろんなかたちのひこうきがいっぱいとんでいるよ!

『だいすき! そらとぶひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本はいろいろな空飛ぶ乗り物が登場してくる絵本です。
わかりやすいイラストで乗り物や、ひこうき大好きな子どもにはおすすめの絵本になっています。

『かみひこうき』

かみひこうき

作者:小林 実
絵: 林 明子
出版社:福音館書店
発行日:1976/4/1
値段+税:972円

『かみひこうき』のあらすじ

紙ひこうきを上手にとばすことができますか。

どうすれば、よくとび、とばないときは、どこを直せばよいか――遊びながらやり方や法則を発見しましょう。

『かみひこうき』のおすすめポイント

こちらの絵本は紙ひこうきの飛ばし方や作り方をわかりやすく楽しく紹介している絵本です。
実際に工作しながらわいわい楽しめるような絵本で親子で仲良く読んでみてください。

『大解説!のりもの図鑑DX⑨飛行機・船』

飛行機・船

作者:小賀野 実
出版社:ポプラ社
発行日:2013/8/26
値段+税:918円

『大解説!のりもの図鑑DX⑨飛行機・船』のあらすじ

子どもたちが大好きな乗り物を大きな写真と詳しい解説で紹介するシリーズ。

第9弾は空と海で大活躍のひこうきと船(ふね)が登場します。

『大解説!のりもの図鑑DX⑨飛行機・船』のおすすめポイント

こちらの絵本は写真でひこうきと船(ふね)を紹介している図鑑のような絵本です。
乗り物が大好きな子どもや将来ひこうき関係のお仕事をしたいと思っている子どもにはもってこいの一冊です。
スポンサーリンク

ひこうきが登場する絵本のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はひこうきが大好きな子どもと楽しんで読めるようなおすすめの絵本を紹介しました。

子どもが小さいうちに、親が絵本をいっぱい読んであげることは将来の大きな財産になります。

乗り物大好きな子どもともっともっとひこうきのことを大好きになってもらえたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました