『おつきさまこんばんは』(1986)のあらすじ・口コミと評判【笑顔を届ける赤ちゃん絵本】

おつきさまこんばんは絵本

『おつきさまこんばんは』は、1986年の発売以来、たくさんの子どもたちに愛されてきた絵本。

ページごとに表情を変えるおつきさまのイラストは、まだ文字の読めない小さな子どもにも大人気です。

赤ちゃん絵本のベストセラーとして、現在まで読み継がれています。

ゆったりと物語が進行する絵本は、「そろそろ絵本を読み聞かせたいな」とお考えの時にも、ぴったりの一冊。

今回は、『おつきさまこんばんは』の内容についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

『おつきさまこんばんは』(1986)とはどんなお話【概要とあらすじを紹介】

おつきさまの表紙が印象的な『おつきさまこんばんは』には、どのような物語が描かれているのでしょうか。

早速、その概要とあらすじについてご紹介します。

『おつきさまこんばんは』(1986)の概要

おつきさまこんばんは

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:林 明子
出版社:福音館書店
発行日:1986/6/20
価格+税:880円

『おつきさまこんばんは』(1986)のあらすじ

月と家

いちにちが終わり、今日も深い藍色の夜の闇がやってきました。

ひろいひろい空がだんだん明るくなったかと思うと、そこにあらわれたのは、まあるく黄色いおつきさま。

「おつきさま、こんばんは」

屋根の上のネコは声をかけるのですが、黒い雲がやってきて、おつきさまを隠してしまいます。

でもだいじょうぶ。黒い雲は、おつきさまとお話をすると、どこかへ行ってしまいました。

残ったのは、まあるい笑顔のおつきさま。

にっこり顔や、困った顔。いろんなお顔のおつきさまにつられて、気が付けば笑顔がこぼれる赤ちゃん絵本。

スポンサーリンク

『おつきさまこんばんは』(1986)の内容要約

開くページ

『おつきさまこんばんは』は、とてもシンプルなストーリーでありながら、多くの人を惹きつけて止まない絵本です。

ここでは、その内容について、さらに詳しくご紹介していきます。

要約1.暗い夜空にあらわれたおつきさま

月

物語は、三角屋根のおうちと、2匹のネコのシルエットから始まります。

「よるになったよ。ほら、おそらが、くらいくらい」

「おや、やねのうえがあかるくなった」

2匹が見上げると、黄色く輝くおつきさまが、だんだんと姿を現すのでした。

「おつきさま、こんばんは」

2匹がそうあいさつをすると、空の向こうから黒い雲がやってきました。

要約2.おつきさまが隠れちゃう

月と雲

黒く大きな雲は、少しずつ少しずつ、おつきさまの顔を隠していきます。

「だめだめ、くもさん。こないで、こないで」

「おつきさまが、ないちゃう」

2匹が心配するように、おつきさまの顔は今にも泣きだしてしまいそうです。

さっきまで明るかった空も、輝きを失ってしまいました。

要約3.大きなおつきさまの大きな笑顔

月の笑顔

黒い雲はおつきさまとお話をすると、また、ゆっくりゆっくりとどこかへ行ってしまいました。

黒い雲の後に現れたのは、満面の笑みの大きなおつきさま。

「あーよかった。おつきさまがわらってる」

2匹のネコも、屋根のてっぺんで寄り添って嬉しそう。

お外では、お母さんと小さな子どもが、手をつないでおつきさまを見上げています。

「こんばんは」「こんばんは」

みんなは笑顔で、おつきさまにそう呼びかけるのでした。

スポンサーリンク

『おつきさまこんばんは』(1986)の口コミ・評判

本

30代 女性
30代 女性

口コミ・評判:★★★★★

娘が1才になった時に、初めて読んであげました。色が地味かなぁなんて思っていたのですが、想像以上の反応にびっくり!絵本の内容に合わせて、いつも目をキラキラさせています。

20代 女性
20代 女性

口コミ・評判:★★★★

息子は「くも」や「つき」といった言葉を、この絵本で覚えました。絵のタッチも優しくて、子どもへの読み聞かせにぴったりだと思います。

40代 女性
40代 女性

口コミ・評判:★★★★★

短いながらも、流れるようなストーリーがとってもきれい。まあるいお月さまの絵柄が、赤ちゃんの目にも入りやすいんだと思います。ファーストブックのプレゼントにもおすすめですよ。

スポンサーリンク

『おつきさまこんばんは』(1986)の主題・テーマは?

開いたページ

赤ちゃん絵本の代表作である『おつきさまこんばんは』には、小さな子どもを惹きつける要素が詰め込まれています。

ここからは、そのテーマについて更に掘り下げていきましょう。

くるくると表情を変えるおつきさま

月齢

絵本の中では、中央に描かれたおつきさまが、ページごとにその表情を変えていきます。

笑ったかと思ったら困ってみたり、まるで泣き出しそうになったり。

その姿には、文字の読めない赤ちゃんも、思わずつられてしまうことでしょう。

黒い雲が去った後には、おつきさまもにっこり。

「こんばんは」とみんなで言い合う様子は、読後の心を、あたたかな気持ちで包んでくれます。

印象的な色使いの月夜

波紋

絵本を手がけるのは、『はじめてのおつかい』や『こんとあき』といった名作で知られる、林明子さんです。

本書は、赤ちゃん絵本シリーズ『くつくつあるけのほん』の第1冊目となります。

0歳児を対象とした絵本の表紙は、深い藍色に包まれ、一見控えめな雰囲気。

しかし、夜の藍色とあざやかな黄色のコントラストは、小さな子どもの視線をくぎ付けにしてしまうのです。

作者の描く幻想的な世界観には、子どもだけでなく大人も引き込まれてしまうことでしょう。

屋根の上の2匹のネコ

月と猫

おつきさまに声をかけるのは、屋根の上の2匹のネコ。

ネコはシルエットだけで描かれているのですが、おつきさまの動きに合わせてくっついたり、離れたり、細かく姿を変えているのです。

それは、まるで絵本のおつきさまを眺める、子どもの気持ちを代弁しているかのよう。

ラストには、お家の中からお母さんと子どもも登場します。

黄色く輝くおつきさまだけでなく、細かなところまで描かれているため、読み手はよりその世界観に引き込まれていくのです。

スポンサーリンク

【ネタバレあり】『おつきさまこんばんは』(1986)の感想とレビュー

絵本を読む2人の子ども

『おつきさまこんばんは』には、小さな子どもとその世界観を楽しんだという声が、数多く寄せられています。

これから赤ちゃんへ読み聞かせを考えていらっしゃる方は、ぜひ参考になさってください。

1歳から楽しめる素敵な絵本

絵本をパパに読んでもらう赤ちゃん

イラストだけの絵本から、そろそろストーリー性のある絵本はどうかなと、息子のために購入した一冊です。

深い夜空の青と、おつきさまの色の対比がとても幻想的。

裏表紙のあっかんべーのおつきさまは、なんともチャーミングで、息子とわたしのお気に入りです。

読み聞かせの時には、お月さまの表情に合わせて、息子の顔もころころ変わります。

だから、この絵本を読んでいる時には、わたしもいつの間にか笑顔になってしまうんですよね。

赤ちゃんのための絵本として、名作と言える一冊だと思います。

おつきさまとおんなじお顔に

親子と絵本

娘が話せるようになってきた頃、毎晩寝る前に読み聞かせていました。

そのうち、「こんばんはー」「くもさんー」などと、物語に合わせて娘も話すようになりました。

字が読める読めないは、絵本を楽しむ時には関係ないのかもしれないですね。

そんな娘の成長を見ながら、お布団の中でいつも温かい気持ちになります。

これから娘が大きくなっても、きっといつまでも大切な絵本。

赤ちゃんの時期に限らず、これからも手元に置いて、ずっと読んであげたいです。

絵本を好きになったきっかけの一冊

本を読む母娘

わがやの娘は、「おつきさまこんばんは」をきかっけに絵本が大好きになりました。

それまでは、絵本をなめてみたり、ただめくるだけだったり、あまり興味がないのかなぁと思っていたんです。

でも、この絵本は娘の反応がまるで違ってびっくり。表紙のおつきさまの顔を指さして、きゃっきゃと喜んでいるんです。

嬉しかったり、悲しかったりといった物語の流れも、1歳ながらにきちんと理解しているようで、親の私も感激。

今では、泣いていてもこの絵本を持ってくると機嫌が良くなるほど、お気に入りの一冊となっています。

スポンサーリンク

『おつきさまこんばんは』(1986)は、こんな方におすすめ!

ファンタジー

「おつきさまこんばんは」は、赤ちゃんへのファーストブックとしても人気の、ベストセラー絵本です。

絵本の中で輝くおつきさまの表情に、笑ったり泣いたりしながら、赤ちゃんも豊かな感情を育むことができます。

屋根の上のネコや黒い雲など、細かい部分まで物語の見どころも満載。

最後に「こんばんは」と声を掛け合えば、親子の絵本タイムも、おつきさまのような笑顔でいっぱいになりそうですね。

絵本
スポンサーリンク
絵本スペース
タイトルとURLをコピーしました