くだもの絵本の人気おすすめランキング21選!【可愛らしいイラストからストーリーで楽しめる話まで】

絵本

甘い味と香りで食べやすく、栄養価も高いくだものは、食事やおやつ、デザートなどあらゆる場面で選ばれています。

今やフルーツ好きは老若男女問わず、小さな子どもから大人まで愛されており、離乳食から食べられるということも特徴。

味や見た目、香りなど五感で楽しめる他にも、お菓子よりも健康的に食べられるということもあり、絵本を通じてくだものについて読み聞かせなどを通じて、学んでいくことは食育としてもおすすめです。

今回はフルーツ好きに限らず、みんなが大好きなくだもの絵本の人気おすすめランキングを21選にまとめ、内容や対象年齢と合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク
  1. くだもの絵本の人気おすすめランキングを紹介
  2. くだもの絵本の種類や選び方を紹介
    1. 幼児向けの可愛らしいイラストで選ぶ
    2. ストーリー性に注目し、内容で選ぶ
    3. 対象年齢で選ぶ
  3. くだもの絵本の人気おすすめランキング21選
    1. 『くだもの』 (幼児絵本シリーズ)
    2. 『くだものさがしもの』(PHPわたしのえほん)
    3. 『くだものどうぞ』(WORK×CREATEシリーズ)
    4. 『くだものさん』(PETIT POOKA) 0~3歳児向け 絵本
    5. 『くだものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん) 』
    6. 『くだもの だもの』(幼児絵本シリーズ)
    7. 『くだもの ぱくっ』(講談社の創作絵本)
    8. 『くだものと木の実いっぱい絵本』
    9. 『くだもの』(てのひらしゃしんえほん)
    10. 『くだものあーん』
    11. 『くだもの なんだ』(幼児絵本シリーズ)
    12. 『ふるふるフルーツ』
    13. 『フルーツ めしあがれ』 (視覚デザインのえほん)
    14. 『ブドウの絵本』 (そだててあそぼう)
    15. 『りんごりんごりんごりんごりんごりんご』 (主婦の友はじめてブックシリーズ)
    16. 『キウイフルーツの絵本』 (そだててあそぼう)
    17. 『みかんちゃん』 (ちいさなくだものえほん)
    18. 『いちご』 (幼児絵本シリーズ)
    19. 『バナナのはなし』 (かがくのとも絵本)
    20. 『フルーツケーキ いただきます!』(はじめてえほん)
    21. 『フルーツパンケーキ: つくろう・たべよう』
  4. 絵本でくだものをもっと好きになろう!

くだもの絵本の人気おすすめランキングを紹介

 

スポンサーリンク

くだもの絵本の種類や選び方を紹介

くだもの絵本の選び方には、どのようなものがあるのでしょうか。

対象年齢や内容によって多くの種類がある絵本について3つに分けて紹介していきます。

幼児向けの可愛らしいイラストで選ぶ

くだもの・フルーツの絵本には、くだものが主人公として登場する可愛らしいイラストのものが多いです。

選び方で悩んだときは、自分が好きなイラストで選んでみることもおすすめです。

ストーリー性に注目し、内容で選ぶ

くだもの絵本とはいえ、内容はストーリー仕立てになっており、単純な話の構造から大切なことを学べるもの。

絵本であっても学びが多い内容は、道徳教育にも役立ちます。

そんな子どものためになるようなストーリーから、おすすめしたい内容で選んでいくこともおすすめです。

対象年齢で選ぶ

最後は、王道の選び方ですが、対象年齢で選ぶというもの。

出版社・著者が決めた対象年齢によって子どもに合う絵本を選んでいくことも悩んだ際はおすすめです。

確実ともいえる選び方ですが、対象年齢だけで決定するというよりは、対象年齢でありながらも好きなイラストや内容を含んでいる絵本を選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

くだもの絵本の人気おすすめランキング21選

くだもの絵本の選び方・種類について紹介したところで、これからくだもの絵本の人気おすすめランキングを21選にまとめて紹介していきます。

くだもの、フルーツを中心に扱っている絵本やりんごやバナナなど一種類のくだものなど幅広い種類から選んでいるので、ぜひ参考にしてみてください。

『くだもの』 (幼児絵本シリーズ)

作者:平山和子
出版社:
福音館書店
発行日:1981/10
値段+税:972円

くだものを食べる興味をそそるくだもの絵本

くだものが細部まで丁寧に描かれ、子どものくだものを食べることへの興味をそそる絵本『くだもの』。

ページごとに描かれているくだものの繊細な表現をみていると、まるで甘い香りが読者にまで伝わってくるよう。

スイカやりんご、なし、もも、いちご、くりに至るまで多くの種類のくだものが皮をむかれ、カットされていく過程を通じて、くだもの食べたくなるおすすめの一冊です。

『くだものさがしもの』(PHPわたしのえほん)

作者:はらぺこめがね
出版社:
PHP研究所
発行日:2017/6
値段+税:1,430円

くだもの探しの遊びを楽しめるくだもの絵本

いろんなくだものを探す遊びを楽しめる絵本『くだものさがしもの』。

ぶどうがぶっとんだ、なしのはなし、まんごーでまいごなど言葉を遊びが盛り沢山の内容でくだもの探しを行っていきます。

迷路や絵探し、間違い探しなどの遊びをみんなで一緒に楽しめる内容です。

『くだものどうぞ』(WORK×CREATEシリーズ)

作者:きのしたけい
絵:
阿部 真由美
発行日:2018/6
値段+税:1,100円

オノマトペを駆使したリズミカルなくだもの絵本

おいそうな果物を向いたり、切ったりするオノマトペを駆使し、リズミカルな語幹を楽しめる絵本『くだものどうぞ』。

絵本に施された隠し扉を開けると、くだものが次々と現れていきます。

そんな、おいしそうなくだものを使った仕掛けと繰り返しの言葉で小さな子どもでも楽しみやすい内容です。

『くだものさん』(PETIT POOKA) 0~3歳児向け 絵本

作者:tupera tupera
出版社:
学研プラス
発行日:2010/7
値段+税:1,045円

リアルでかわいいくだもの絵本

ユニークなイラストでリアルでかわいいくだものが描かれている絵本『くだものさん』。

くだものの細部まで描かれていてくだものを覚えるのに最適な絵本。

シリーズ累計60万部を超える売り上げる実績を誇っています。

くだもののかわいさとリアルさだけでなく読み聞かせにもおすすめです。

『くだものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん) 』

作者:いしかわこうじ
出版社:
福音館書店
発行日:2018/7
値段+税:968円

型抜きされたページをめくる楽しみが堪能できるくだもの絵本

型抜きされたページをめくると、くだものが載っているページが現れるという仕掛けで子どもも飽きずに楽しめる絵本『くだものいろいろかくれんぼ 』。

りんごやバナナ、パイナップルなどのさまざまな種類のくだものが英語つきで堪能できる大人気シリーズ。

親子でくだものクイズなども楽しむ絵本としておすすめです。

『くだもの だもの』(幼児絵本シリーズ)

作者:石津ちひろ
絵:山村浩二

出版社:
福音館書店
発行日:2006/6
値段+税:972円

幼い子どもが口ずさみたくなる言葉遊びが盛り込まれたくだもの絵本

くだものを使ったリズミカルな言葉遊びで、幼い子どもが思わずフレーズを口ずさみたく絵本『くだもの だもの』。

「かいすいよくにはいかないスイカ」「キウイうきうきうきわでおよぐ」「バナナはなんばん?ななばんよ!」といった言葉遊びが盛り込まれていることが特徴できです。

くだものたちが海水浴に出かけたことで起こる出来事をユーモラスに描いており、親子で楽しめます。

『くだもの ぱくっ』(講談社の創作絵本)

作者:彦坂有紀、もりといずみ
出版社:
講談社
発行日:2018/9
値段+税:1,320円

くだものの食べ方を教えてくれるくだもの絵本

木版画で描かれたくだものたちをパクパクと食べていく様子からくだものの食べ方を教えてくれる絵本『くだもの ぱくっ』。

みかん、バナナ、ぶどう、メロンといったくだものを「ぱくっ」と食べていきます。

そんな様子を通じて、くだものを食べる楽しみを堪能できるはず。

読み聞かせは1歳から、ひとり読みは3歳からがおすすめされている、幼児が親しみやすい一冊です。

『くだものと木の実いっぱい絵本』

作者:堀川理万子
出版社:
あすなろ書房
発行日:2015/10
値段+税:1,760円

くだものの知られざる魅力を知ることができるくだもの絵本

名前の由来や効能などをまとめ、くだものの知られざる魅力を知ることができる絵本『くだものと木の実いっぱい絵本』。

グレープフルーツの名前の由来や、ネコが好きなくだものの木などを説明していきます。

身近な存在であるくだものの魅力は、美味しさや香りなどに留まらないことが理解できる内容です。

『くだもの』(てのひらしゃしんえほん)

作者:ポプラ社
出版社:
ポプラ社
発行日:2012/1
値段+税:495円

手のひらサイズで持ち運びにもぴったりなくだもの絵本

写真を駆使していながらも、手のひらサイズで収まり、持ち運びにもぴったりな絵本『くだもの』。

くだものの名前と写真が載っており、声に出してくだものの名前を読めば、学習にも活かすことができます。

0歳から2歳の赤ちゃんが対象とされており、学習のために、お出かけにも持っていって楽しみたい一冊です。

『くだものあーん』

作者:ふくざわゆみこ
出版社:
ひかりのくに
発行日:2010/2
値段+税:880円

美しい絵で思わずくだものが食べたくなるくだもの絵本

美しい色調で、くだものが描かれていて思わずくだものが食べたくなる絵本『くだものあーん』。

誰もが知っている、いちご・バナナ・ぶどう・りんご・すいかといったくだもの。

そんなくだものを擬音語を使いながらくだものを使ったおやつが登場します。

親子で楽しみながら知っているくだものの登場にテンションが上がる一冊です。

『くだもの なんだ』(幼児絵本シリーズ)

作者:きうち かつ
出版社:
福音館書店
発行日:2007/4
値段+税:1,100円

シルエットで当てるクイズが楽しめるくだもの絵本

不思議な形のシルエットからくだものを当てるクイズが楽しめる絵本『くだもの なんだ』。

ページを巡るごとに登場するさまざまなくだもののシルエット。

「これなんのくだものだろう……。」普段見慣れているくだものも何だか違ったものに見えてきます。

子どもたちに想像する楽しさや形から連想する楽しさを教えてくれる内容です。

『ふるふるフルーツ』

作者:ひがしなおこ、はらぺこめがね
出版社:
学研教育みらい
発行日:2018/7
値段+税:1,430円

みずみずしいイラストを楽しめるくだもの絵本

いろんなフルーツが集まってくる様子をみずみずしいイラストとともに楽しめる絵本『ふるふるフルーツ』。

フルーツが集まってきて、違う何かに変身していきます。

子どもに親しみやすい楽しいオノマトペが特徴的。

目や耳を駆使して楽しむ一冊は、上下左右に開く仕掛けも盛り込まれており、飽きずに読み進めることができます。

『フルーツ めしあがれ』 (視覚デザインのえほん)

作者:視覚デザイン研究所
絵:高原美和

出版社:
視覚デザイン研究所
発行日:2015/8
値段+税:880円

リアルなくだものを目で味わうことができるくだもの絵本

切り立てのくだものの数々を目で味わうことができる絵本『フルーツ めしあがれ』。

身近なくだものをリアリティ満載で描き、食欲を刺激します。

五・七・五の言葉遊びも特徴的で、俳句のリズムが楽しい一冊。

視覚デザインを研究し尽くされた一冊は、子どもが反応する細かい仕掛けが盛りだくさん。

一緒に読むなら1歳から、ひとりで読むなら4歳から推奨されている目で味わうことにフォーカスした内容です。

『ブドウの絵本』 (そだててあそぼう)

作者:高橋國昭
作者:さわだとしき

出版社:
農山漁村文化協会
発行日:2002/3
値段+税:2,750円

知っているようで知らなかったぶどうの知識を教えてくれるくだもの絵本

甘くて、ほんのり酸っぱい人気のあるくだもの、ぶどうの知識を教えてくれる絵本『ブドウの絵本』。

ぶどうの育て方やジャム、ゼリー、ワインなどの作り方。

他にもたくさんの実験を駆使して、イラストともに紹介していきます。

ぶどうについて楽しく学べる内容は、子どもはもちろんのこと大人も勉強になる内容です。

『りんごりんごりんごりんごりんごりんご』 (主婦の友はじめてブックシリーズ)

作者:安西水丸
出版社:
福音館書店
発行日:2018/5
値段+税:935円

りんごのリズムがクセになるくだもの絵本

りんごが繰り返されるリズムが心地良くクセになる絵本『りんごりんごりんごりんごりんごりんご』。

「りんご りんご りんご…」テンポ良く繰り返される言葉と素朴な線画がクセになります。

持ち歩きにも嬉しいハンディサイズで、親子の読書の新定番に。

赤ちゃんウケ間違いなしの一冊です。

『キウイフルーツの絵本』 (そだててあそぼう)

作者:すえざわかつひこ、ふくだてつお、ほしのいくみ
出版社:
農山漁村文化協会
発行日:2009/2
値段+税:2,750円

意外なキウイについて分かるくだもの絵本

数あるくだものの中でキウイを徹底的に掘り下げることで、キウイへの理解が深まる絵本『キウイフルーツの絵本』。

茶色い毛に覆われた丸い形、中身は美しい緑色、艶やかな黄色などの特徴を持つくだものくだものキウイ。

自分でキウイを育ててみることをテーマにし、キウイについて理解していく内容で、ビタミンたっぷりのキウイをもっと好きになれる一冊です。

『みかんちゃん』 (ちいさなくだものえほん)

作者:ひろかわさえこ
出版社:
偕成社
発行日:2015/10
値段+税:660円

かわいいみかんちゃんの冒険が描かれるくだもの絵本

みかんを擬人化した可愛らしい”みかんちゃん”が外に遊びに出かける冒険を描いた絵本『みかんちゃん』。

箱に詰まったみかんちゃんが箱から飛び出して外の世界に走り出します。

一生懸命に頑張るみかんちゃんたちの癒される姿が印象的。

身近な存在であるみかんの擬人化によって、大人も子どもも感情移入できる内容です。

『いちご』 (幼児絵本シリーズ)

作者:平山和子
出版社:
福音館書店
発行日:1989/4
値段+税:972円

イチゴの成長過程を教えてくれるくだもの絵本

普段美味しく食べているイチゴの長い成長の過程を教えてくれる絵本『いちご』。

畑が雪の下に埋まる寒い冬から春になり、イチゴの収穫の時期を迎えるまでのイチゴの成長を描いていきます。

甘く熟したイチゴがとても美味しそう。

イチゴの成長について学べるだけでなく、だんだんと甘くなっていくイチゴの成長が待ち遠しくなる内容です。

『バナナのはなし』 (かがくのとも絵本)

作者:伊沢尚子
絵:及川賢治

出版社:
福音館書店
発行日:2013/3
値段+税:990円

バナナに関する素朴な疑問を解決していくくだもの絵本

大人から子どもまで大好きなくだものの代表格バナナの素朴な疑問を解決してくれる絵本『バナナのはなし』。

「バナナが黒くなるのはなぜ?」普段何気なく目にしているバナナの当たり前のことは実は分からないこともたくさん。

バナナの成長などをはじめとする特徴について知ることができる一冊です。

『フルーツケーキ いただきます!』(はじめてえほん)

作者:岡村志満子
出版社:
ポプラ社
発行日:2013/10
値段+税:1,045円

フルーツケーキの完成を楽しむくだもの絵本

ページをめくるたびにフルーツケーキが完成していく楽しさが味わえる絵本『フルーツケーキ いただきます!』。

手を洗って、材料を揃えて、フルーツケーキを作っていきます。

絵本を読む進めるたびに現れる楽しい仕掛けと完成していくフルーツケーキにテンションが上がる内容です。

『フルーツパンケーキ: つくろう・たべよう』

作者:さか井美ゆき
出版社:
ひかりのくに
発行日:2015/11
値段+税:1,210円

刺繍で描かれたパンケーキが美しいくだもの絵本

糸を使った刺繍で丁寧に描かれたパンケーキが美しい絵本『フルーツパンケーキ: つくろう・たべよう』。

ミシンを使って、完成していくパンケーキ。

どのようにパンケーキができていくのかが気になり、糸が紡がれていく過程が楽しい一冊です。

スポンサーリンク

絵本でくだものをもっと好きになろう!

数多くの種類があるくだもの絵本を選び方や、人気おすすめランキング21選としてまとめて紹介してきました。

くだもの絵本には、くだものそのものについて知ることができる学べる、絵がとても可愛らしいなどさまざまな種類の絵本があります。

くだものを目で味わえる絵本を、ぜひ読んでみてください!

絵本
スポンサーリンク
絵本スペース
タイトルとURLをコピーしました