『おふろでなんでやねん』(2017)のあらすじ・口コミと評判【心がぽかぽかあたたまるおふろ絵本】

おふろでなんでやねん絵本

お外が寒くなってくると、恋しくなるのがあったかいお風呂。

『おふろでなんでやねん』は、お風呂やさんを舞台にした、楽しい物語です。

「なんでやねん!」とつっこまずにはいられない、思いもよらない展開は、小さな子どもにも大人気。

仲良しファミリーの温かさに、大人も思わずにこにこ。

ぜひ、親子で「なんでやねん」とつっこみながら、楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク

『おふろでなんでやねん』(2017)とはどんなお話【概要とあらすじを紹介】

銭湯

2013年に発行された『なんでやねん』が、舞台を銭湯に変えて帰ってきました!

今回はおじいちゃんに妹、クロネコまで、なかよし家族が大集合。

早速、楽しい「なんでやねん」の世界を覗いてみましょう。

『おふろでなんでやねん』(2017)の概要

おふろでなんでやねん

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:鈴木 翼
イラスト:あおき ひろえ
出版社:世界文化社
発行日:2017/7/4
価格+税:1,100円

『おふろでなんでやねん』(2017)のあらすじ

靴箱

今日はみんなで、おふろやさん。

ボクを先頭に、家族全員でおでかけです。

おふろやさんについたら、いりぐちでお父さんが…、なんでやねん!

ボタンをおしてチケットをかったら…、なんでやねん!

思いもよらない「なんでやねん」な展開に、つっこみと笑顔が止まらない、楽しい家族の絵本。

要約1.家族みんなで銭湯におでかけ

家族のあしもと

今回のなんでやねんの舞台は、大きなお風呂が魅力の銭湯。

お父さんとお母さんに、小さな妹とおじいちゃん。ボクの後ろには、なんとクロネコまで一緒です。

ちゃんとお風呂セットも持って、さぁ、おふろやさんに到着しましたよ。

まずは入り口でくつを脱いだのですが…。

要約2.なんでやねん!の連発

銭湯の休憩所

なんと、その場で全部脱ぎ出だしたお父さん。パンツも脱いでお尻が丸見えです。

「なんでやねん!」

ボクが券売機からチケットを買うと、入浴券と共に出てきたのは、おふろやのおじさん。

「なんでやねん!」

さてさて、無事お風呂に入ることはできるのでしょうか?

要約3.とびらをあけたらそこは…?

銭湯ののれん

はりきるクロネコを先頭に、ボクとお父さん、おじいちゃんは、男湯ののれんをくぐります。

早速みんなは着替えるのですが、気が付くと腰につけていたのは、なんと腰みの!

扉を開けると、そこは南国ハワイの世界。

お風呂をあがるまで、「なんでやねん!」とつっこまずにはいられない、爆笑ギャグの連発です。

最後はみんなでポカポカにあったまって、瓶牛乳をプハーっ。

笑顔で銭湯を出たら、あれあれ?おじいちゃんを忘れてる!

裏表紙では、おじいちゃんとクロネコがなかよく一言。「もうええわ」。

スポンサーリンク

『おふろでなんでやねん』(2017)の口コミ・評判

あひるちゃん

30代 女性
30代 女性

口コミ・評判:★★★★★

「なんでやねん」のツッコミがとにかくおもしろい!いつも子どもと一緒に大爆笑です。

20代 女性
20代 女性

口コミ・評判:★★★★

お風呂を舞台に「なんでやねん!」とツッコミたいポイントがたくさん。「絶対ありえないー」と子どもと言いながらも、読んだ後は心がほかほかです。

40代 女性
40代 女性

口コミ・評判:★★★★★

『なんでやねん』絵本のパワーアップバージョン。裏表紙の「もうええわ」にはやられました!

スポンサーリンク

『おふろでなんでやねん』(2017)の主題・テーマは?

おふろねこ

子どもに大人気の本作には、どのようなテーマが隠されているのでしょうか?

誰もが笑顔になれる、絵本の秘密を紐解いてみましょう。

子どもが参加できる絵本

おふろのおもちゃ

本作は、保育士の経験を活かし、各地の保育園で「あそびうた」や「絵本の読み聞かせ」で活躍する、鈴木翼さんが紡ぐ物語です。

笑顔溢れるその世界観は、前作の『なんでやねん』から大人気。

子どもが一緒に声を出して楽しむことのできるスタイルが、その理由のひとつとなっています。

子どもたちは「なんでやねん!」のひとことを言いたくて、絵本の世界にぐいぐいと引き込まれしまいます。

ツッコミポイントを見つけて楽しんで

ハワイ

イラストを手掛けるのは、『パパとぼく』『夏平くん』など、数々の名作絵本を手掛ける、あおきひろえさん。

明るい色彩のイラストは、読み手をホカホカと温かい気持ちにさせてくれます。

注目すべきは、イラストの随所に盛り込まれた「なんでやねん」ポイント。

ハワイのシーンでは、おじいちゃんはアロハを踊り、お父さんはワニに追いかけられて椰子の木に登っています。

その横では、ハイビスカスの髪飾りを付けて、チェアーに寝転ぶお母さん。

胸につけているのは、なんと貝殻のビキニと、細部まで遊び心に溢れた仕上がりです。

家族の温かさが伝わる

家族

本作は笑って楽しめる絵本であると共に、家族の温かさを伝える、家族にとっておきの絵本。

奇想天外なドタバタ劇の後は、家族みんなでプハーっと冷たい飲み物をいただきます。

手にしているのは、銭湯ならではの瓶牛乳。これもまた、微妙に色が塗分けられています。

子どもと指さしながら、「お父さんとお母さんはフルーツ牛乳?」「クロネコはコーヒー牛乳かな?」と想像をめぐらせるのも楽しいですね。

楽しいギャグと共に、笑顔に溢れる家族の姿は、読み手を温かい気持ちで包んでくれます。

スポンサーリンク

【ネタバレあり】『おふろでなんでやねん』(2017)の感想とレビュー

お風呂と本

親子で楽しめるシーンが満載の『おふろでなんでやねん』。

本作には、読み手の笑顔が目に笑顔が浮かぶような、楽しい感想が多数寄せられています。

一緒につっこみたい「なんでやねん!」

お風呂とねこ

子どもたちへの読み聞かせで大人気の絵本!

子どもたちはお話にくぎ付けになりながら、その一言が出てくるのを今か今かと待っています。

そのページがやって来ると、みんなが声を合わせて「なんでやねん!」。

参加型の絵本は、子どもは本当に喜びますよね。

奇想天外な「なんでやねんワールド」、ぜひたくさんの人に楽しんでもらいたいです。

とにかくかわいい、楽しい、おもしろい!

かわいいねこ

登場人物に家族が加わり、「なんでやねん」が銭湯バージョンにパワーアップ!

いつもと違ったワクワク感に、4歳の息子も目を輝かせて読んでいました。

かわいいイラストは、細部までつっこみどころ満載。ペットのクロネコちゃんの、かわいらしさがたまりません。

関西弁を知らない息子にとって、「なんでやねん」はどこか憧れの存在みたい。

お風呂の湯舟につかりながら「なんでやねん!」と楽しく言い合っています。

いつか一緒に銭湯に行けたらいいなぁ。

家族みんなで「なんでやねん!」

なつかしい銭湯

次から次にやってくる「なんでやねん」に、とにかく笑ってしまいました。

明るいテイストの絵柄も、とってもほのぼのとしていて良いですね。

よくよく調べたら、作者は関西出身の方ではないんですね。なんでやねん!(笑)

絵本を読んだ後は、お風呂に入るのがもっと楽しくなりそう。

4歳の息子は、まだ行ったことがない銭湯に興味深々みたい。

家族の仲良しな姿に、我が家もみんなで銭湯に行きたくなりました。

お風呂が苦手なお子さんにもおすすめだと思います!

スポンサーリンク

『おふろでなんでやねん』(2017)は、こんな方におすすめ!

銭湯の入り口

『おふろでなんでやねん』は、ぜひ親子で一緒に楽しんでいただきたい絵本です。

子どもが声を出しながら笑顔になれる絵本は、読み聞かせの時間をより一層豊かなものにしてくれます。

いつものお風呂タイムも、絵本の世界を思い返しながら、楽しむことができそうですね。

仲良しファミリーの姿が微笑ましいのも、本作の魅力のひとつ。

銭湯や温泉など、家族みんなでお風呂を楽しむきっかけに、ぜひ本作を手に取ってみて下さい。

絵本
スポンサーリンク
絵本スペース
タイトルとURLをコピーしました