『おもちのきもち』(2005)のあらすじ・口コミと評判【みんなで読みたいお正月の絵本】

おもちのきもち絵本

「もういくつ寝ると、お正月」と歌いたくなるこの時期。

お正月の準備に欠かせないのが、真っ白につやつやと輝く、おもちです。

そんなおもちに、実は大きな悩みがあるのをご存じでしたか?

今回ご紹介する『おもちのきもち』は、悩みを抱えたおもちが巻き起こす、奇想天外なストーリーが魅力の一冊です。

年末の笑い納め、年始の初笑いのおともに、ぜひ家族みんなでお楽しみください。

スポンサーリンク

『おもちのきもち』(2005)とはどんなお話【概要とあらすじを紹介】

鏡餅

『おもちのきもち』は、ほのぼのとした画風が人気の、かがくいひろしさんのデビュー作となる絵本です。

今もなお、多くのファンを増やし続けるそのあらすじを、早速ご紹介していきます。

『おもちのきもち』(2005)の概要

おもちのきもち

出典:https://www.amazon.co.jp/

作:加岳井 広
出版社:講談社
発行日: 2005/12/17
価格+税:1,650円

『おもちのきもち』(2005)のあらすじ

図書館

「もう、たいへんなんです」

どこからともなく聞こえてきたのは、お正月にかかせない”かがみもち”のつぶやき。

どっしりと鎮座するおもちが、まさか大きな悩みを抱えていたなんて…。

思いがけないラストは、読者をあっと驚かせると共に、大きな笑顔に包みます。

第27回講談社絵本新人賞を受賞した、お正月に読みたい楽しい一冊。

スポンサーリンク

『おもちのきもち』(2005)の内容要約

絵本

何とも言えない表情の鏡餅が表紙に描かれた『おもちのきもち』。

おもちの悩みとは、一体何なのでしょうか?

ここからは絵本の内容を更に掘り下げてご紹介します。

思いがけないラストにも触れているので、結末を知りたくない方はご注意くださいね。

要約1.主役はお正月に欠かせない「かがみもち」

お正月の鏡餅

お正月になると、床の間にどしっと鎮座するかがみもち。

真っ白なおもちの上には、寿の扇とお決まりのみかんが飾られて、なんともおめでたい雰囲気です。

ところが、おもちは腕を組んで、なんだか神妙な顔つきです。

どうやらおもちには、悩みがいろいろあるみたい。

どれどれ、今日はその悩みに耳を傾けてみましょう。

要約2.おもちにそんな悩みがあったなんて!

餅つき

「もう、たいへんなんです」

おもちが語りだしたのは、おもちならではたくさんの悩み。

まず、おもちつきでは頭をペッタンペッタン、たたかれます。

やっとたたき終わったと思えば、棒でのばされ、プッチンとちぎられ、挙句の果てには、あんこやきなこにダイビング。

甘いものだけかと思いきや、時には納豆に混ぜられてねばねばに…。

かがみもちは、今は大事にされているものの、

「いつなんどき、たべられることやら、あぁおそろしや…」

と、その悩みはいつまでたっても尽きません。

悩んだ挙句、一大決心をしたかがみもちは、思いもよらない行動に移ります。

要約3.おもちの大脱走!

のびる餅

「食べられたくない!」と一大決心したかがみもちは、なんと床の間から大脱走。

「それー、ビロンビロンビローン」

丸いはずのかがみもちは、手と足を伸ばし、一目散に逃げだします。

やがて走り疲れたおもちは、お腹が空いて、自分の足を食べてしまうからびっくり。

「おいしい、おいしい」と食べるうちに、おもちは段々硬くなってきて…。

おもちならではの展開に、最後は誰もが笑顔になってしまう、爽快なお正月の絵本。

スポンサーリンク

『おもちのきもち』(2005)の口コミ・評判

親子の読書

30代 女性
30代 女性

口コミ・評判:★★★★★

おもちの脱走シーンがおもしろくて、子どもたちに大ウケ!お正月に食べるお餅を見る目が変わりそうな、楽しい一冊です。

20代 女性
20代 女性

口コミ・評判:★★★★★

最後は自分を食べちゃうなんて、奇想天外なストーリー。おいしそうで迫力ある絵柄に、親子で夢中になってしまいました。

40代 女性
40代 女性

口コミ・評判:★★★★★

お正月でなくても楽しめる絵本だと思います。いつも子どもたちの間で大盛り上がりなので、読み聞かせにもおすすめ!

スポンサーリンク

『おもちのきもち』(2005)の主題・テーマは?

つきたての餅

一度ページを開けば、子どもも大人も、思わず大爆笑。

幅広い世代に大人気の『おもちのきもち』には、どのようなテーマが隠されているのでしょうか。

リアリティ溢れるおもちの姿

焼餅

この絵本の見どころのひとつとなるのが、かがみもちの大脱走シーン。

今までどっしりと鎮座していたのがウソのように、ビローンとのびるおもちの手足。

その姿は、「つきたてのお餅だったのかしら?」と、読者の想像力をかきたてます。

ひとくち、またひとくちと自分の足を食べていく姿は、まさに迫力満点。

見る者を惹きつけ、読後はすかっとした清涼感に包まれる一冊です。

読み聞かせにぴったりのおもちのセリフ

ふくらんだ餅

『おもちのきもち』は、読み聞かせやお話会にも大人気の絵本です。

そのひみつは、おもちの独特のセリフの言い回し。

「もう、たいへんなんです」

「プッチンとちぎられたり、さんざんです」

「きがつくとわたくし、なんども、あたまをたたかれておりました」

と、どこか丁寧であるほど、その様子に笑いがこみあげてしまいます。

ゆかいな言い回しは、小さな子どもにも大人気。

読後はおもちを食べながら、思わず真似してしまいたくなりそうですね。

読み手が笑顔になる奇想天外なストーリー

鏡餅飾り

「おもちが抱えた悩み」という、思いがけない切り口が読者を驚かせる『おもちのきもち』。

おもちが語りだすその悩みは、「確かにそれは大変だ…」と思わせる真実味に溢れています。

食べられたくないと逃げ出したはずが、最後は自分の足を食べてしまうというラストには、読者もびっくり。

唯一無二のその世界観は、お正月の初笑いにもぴったりですね。

スポンサーリンク

【ネタバレあり】『おもちのきもち』(2005)の感想とレビュー

家族の笑顔

『おもちのきもち』の思いがけない展開は、子どもだけでなく大人にも大人気。

ここからは、「あっという間に読み終えてしまった!」と言われることも多い『おもちのきもち』の感想の一部を、ご紹介いたします。

迫力あるおもちの姿に大興奮

お正月

両手を組んだおもちの表紙がとっても印象的で、思わず購入。

困っているような、笑っているようなおもちの表情に、引き付けられてしまいました。

かがくしひろしさんの描くおもちのリアルな動きには、あっという間に子どもも夢中に。

お正月シーズンになると食卓にのぼるおもちが、普段こんな事を考えていたらどうしようと、色んな想像が頭をめぐります。

ビロンビローン!と大疾走するおもちの姿は、4歳の息子と一緒に大爆笑!

お正月シーズンに親子で楽しむ絵本として、おすすめしたい一冊です。

お正月を楽しくしてくれる、おもちの絵本

お正月の干支

帯に書かれた「もう、たいへんなんです」の一言が納得の楽しい絵本。

「まさか、おもちにこんな悩みがあったなんて!」と、思いがけない発想に、大人も爆笑です。

ペッタンペッタン叩かれたと思ったら、のばされて、ちぎられるなんて、確かに自分の身に置き換えたら散々ですよね(笑)

5歳の娘は、おもちを好んで食べるほうではなかったのですが、この絵本の影響か、今年は納豆餅をリクエストしてくれました。

ダイナミックな発想が子どもに大人気

笑顔の子供

保育園でのお餅つき大会に合わせて、息子が借りてきた絵本です。

「おもちが主役の絵本なんてめずらしいな」くらいに思っていたのですが、まぁその発想のダイナミックなこと。

走りすぎてお腹が空いて、自分の足を食べちゃうなんて!

実際におもちをついたばかりの息子には、物語の展開が楽しくて仕方がなかったようです。

今後はおもちの気持ちになりながら、楽しくおいしく、おもち料理をいただくことができそう。

叩かれたり伸ばされたり…おまけにペロっと食べられて大変だけど、ありがとうおもちさん!

スポンサーリンク

『おもちのきもち』(2005)は、こんな方におすすめ!

かどまつ

『おもちのきもち』は、思いもよらない設定とストーリー展開が、多くの人々に笑顔を届ける絵本です。

「まさか!」とうなってしまう楽しいラストは、明るい気持ちで迎えたいお正月にも最適。

たくさんの人が集まることの多いこの時期です。

お正月に欠かすことのできないおもちの、意外な悩み。

ぜひ、みなさんで共有してみてはいかがでしょうか。

絵本
スポンサーリンク
絵本スペース
タイトルとURLをコピーしました