キリン絵本の人気おすすめランキング10選【読めば、大人気のキリンを好きになること間違いなし!】

絵本

キリンは動物園でも人気者。
ながーい首と、なんだかコミカルな柄が、いつの時代もお子さんたちに大人気です。

首を使って、高い位置のエサを食べているシーンが印象的ですよね。
「あんな高いところのご飯が食べられるんだ!」とお子さんたちも大興奮です。

そんなキリンを主役にした絵本をご存知でしょうか。

キリンは長い首が特徴ですので、それをアクセントにしたストーリーが描かれている作品が多いです。

キリンは草食動物で、動物園でもあまり近くに寄って来てくれないことが多いです。
しかし、絵本でなら、そんなキリンの気持ちがちょっとわかるかもしれませんね。

動物園でキリンを見つけた後は、絵本を読んでキリンにもっと親しみを持ってみるのも、楽しいですよ。

スポンサーリンク

キリン絵本の人気おすすめランキングを紹介

キリンの親子
今回は、キリンが主役の絵本のおすすめ作品を紹介していきます。
特徴の長い首をはじめ、キリンの魅力たっぷりの作品が多いです。

お子さんにおすすめの物語をたくさん紹介していきますので、ぜひ絵本選びの参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

キリン絵本の選び方

子供と絵本
まず、キリンが登場する絵本の選び方のポイントを紹介していきます。
動物園にお出かけする前に読むのがおすすめの作品もあれば、癒されたいときにぴったりの作品も。

お子さんの年齢や好みなどに合わせて選びましょう。

動物園をテーマにした物語を選ぶ

動物園のキリン
普段の生活では、キリンと会えるのは動物園くらいです。

動物園にいるキリンは、まるで人に興味が無いかのように、遠くからしか観察できないことが多いですよね。

そんな動物園を舞台にした作品を選んで、キリンの裏事情などを覗いてみるのはいかがでしょうか。

キリンに詳しくなれる作品を選ぶ

遊びに来た子供
キリンの首って、どうして長いかご存知でしょうか。大人でも即答できないことが多いですよね。

絵本の中には、そういった疑問に自然に答えてくれるものもあります。
「図鑑はまだちょっとハードルが高いかな…」という年齢の、小さいお子さんにおすすめですよ。

おもしろさで選ぶ

動物の衣装のこども
お子さんは、おもしろい絵本が大好きです。

感動する物語で情緒を育てるのもいいですが、やはり繰り返し読みたいのは、おもしろくわかりやすい作品。

絵本初心者のお子さんには、ぜひおもしろい内容や、仕掛けの絵本を選んであげてください。

スポンサーリンク

キリン絵本の人気おすすめランキング10選

キリンの顔
それでは、ここからはキリンが主役の絵本を具体的に紹介していきます。

小さなお子さんから、自分でばっちり読めてしまうお子さんまで、さまざまな年齢層に対応した作品を集めました。

気になる作品があれば、ぜひ読んでみてくださいね。

『キリンがくる日』

キリンがくる日

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:志茂田景樹
イラスト:木島誠悟
出版社:ポプラ社
発行日:2013/8/6
値段+税:1430円

大人と子供のそれぞれの情熱が描かれる、感動の物語

「きたのどうぶつえん」に遊びに来た男の子、けんとくん。
けんとくんは大好きなキリンを見に動物園に遊びにやってきたのでした。

しかし、この動物園にはキリンはいません。
からっぽのキリンエリアの前で悲しむけんとくんに、動物園の園長さんが近づいていきます。

そこで園長さんがけんとくんに言った、アイデアとは…?
けんとくんは、キリンと会うことができるのでしょうか。

どうしてもキリンに会いたいけんとくんと、キリンに会わせたい園長さん。
2人の不安と、希望と、現実が混ざり合ったストーリーです。

実話をもとに描かれた、感動の一冊。

『なぜ?どうして?がおがおぶーっ!(3)キリンのくびはなぜながい?』

なぜ?どうして?がおがおぶーっ!〈3〉キリンのくびはなぜながい?

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:リラ・プラップ
出版社:アノニマスタジオ
発行日:2009/8/1
値段+税:1100円

キリンの首はどうして長い?秘密に迫る絵本

キリンの首って、どうしてあんなに長いのか、ご存知でしょうか。

キリンは首の長い動物、というのは常識と思いがちですが、そこに「なぜ?どうして?」と切り込んでいく絵本です。

ひらがなで書かれていて、小さいお子さんでも簡単に読むことができます。
動物園に行って、キリンのながーい首を見た後に、ぜひお子さんと一緒に読んでみてください。

他にもフクロウや、リスなど他の動物の「なぜ?どうして?」の疑問にも答えてくれています。

巻末にはもう少し詳しい説明も載っているので、大きなお子さんにはそちらも読み聞かせてあげると喜びますよ!

『キリンですけど』

キリンですけど

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:高倉 浩司
イラスト:丸山 誠司
出版社:絵本館
発行日:2016/9/9
値段+税:1430円

変身願望は、キリンにだってある!

キリンの特徴は、なんといっても長い首。

しかし、そんな立派な首を持つキリンだって、他の動物の特徴がうらやましくなってしまうこともあります。

いろいろなことに興味を持ったり、自分と違った特徴を理解したりするのは大切なことです。
でも、そんな過程で、「もし自分がこうじゃなかったら…」と思うこともありますよね。

最後は自分の特徴が自分にいちばん似合っている、ということに気付くキリン。
他のお友達がちょっとうらやましくなってしまったときに、おすすめしたい一冊です。

『きりんさんのこまりごと』

きりんさんのこまりごと

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:金井利栄子・たきむらのろ
編集:桂島昇
出版社:想健文舎
発行日:2018/3/17
値段+税:1296円(kindle価格)

きりんさんの首が曲がってしまったら、どうやって生活する?

「きりんさんの くびが まがっちゃったら どうなっちゃうの?」「じゃあ ぼくだったら いったい どうなっちゃうの?」

そんな疑問からはじまる絵本です。

キリンの首が曲がってしまったら、木の葉っぱを食べられず、お腹が空いてしまいます。
同様に、人間の首が曲がってしまったら、背中が固く、そして重くなってしまうかも。

キリンの長い首を例に、その生物に合った正しい姿勢を保つことの大切さを教えてくれる絵本です。
「まるで かめさんみたい」にならないように、親子で想像しながら読んでみてください。

『ともだちキリン』

ともだちキリン

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:ねじめ 正一
イラスト:村上 康成
出版社:教育画劇
発行日:2009/10/1
値段+税:1210円

キリンが、ともだちのために頑張りすぎてしまうおはなし

キリンは、背中がかゆくなってしまいますが、手が届きません。
お友達のトリにたのんで、苦労しながらもかいてもらうのでした。

そんな優しいトリのために、キリンは自分の背中をすべり台にして遊ばせてあげます。
最初は喜んで遊んでいたトリでしたが、キリンが張り切りすぎたのか、最後はもうヘトヘト。

それを見てしゅんとするキリンと優しいトリの、友情物語の絵本です。

背中がかゆくて暴れてしまったり、お友達のために頑張りすぎてしまったりする、ちょっと子供っぽいキリンが、とってもかわいらしいく描かれています。

『きりんはダンスをおどれない』

きりんはダンスをおどれない

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:ジャイルズ・アンドレイ
イラスト:ガイ・パーカー=リース
訳:たに ゆき
出版社:大日本絵画
発行日:2009/8/1
値段+税:3080円

動物たちがダイナミックにダンス!キリンが主役の仕掛け絵本

踊るのが苦手な、キリンのジェラルド。
そんなジェラルドの住むジャングルで、ダンスのお祭りが開催されることになりました。

他の動物たちと一緒に踊りたいジェラルドは、ダンスに挑戦することにします。
ジェラルドは、どんなダンスを踊るのでしょうか?

この作品は、キリンのジェラルドをはじめ、さまざまな動物たちがダンスを踊る、仕掛け絵本です。
飛び出してきたり、自分で動かしたり、バリエーションが豊富なので、お子さんは大喜びですよ。

動物たちを動かして、ジェラルドと一緒にお祭りを楽しみましょう!

『キリンさん』

キリンさん

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:まど みちお
イラスト:南塚 直子
出版社:小峰書店
発行日:1998/12/1
値段+税:1650円

ほんわかしたイラストと言葉が心地いい、動物をテーマにした詩集

有名な童謡「ぞうさん」の歌詞の作者、まど みちおさんが書いた詩集に、イラストを添えた絵本。

子供向けとは思えないほどの美しい言葉選びが印象的な作品です。

すべての生きているものに、慈しみの気持ちを持っているように書かれた詩は、読者を優しい気持ちにさせてくれます。

また、イラストも優しい色遣いなのも特徴。
子供だけでなく大人も見とれてしまう、美しいイラストです。

親子で詩集を楽しみたいときに、ぜひおすすめの一冊です!

『うみキリン』

うみキリン

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:あきやま ただし
出版社:金の星社
発行日:1996/10/1
値段+税:1320円

海にキリンが住んでいる!人間は知らないうみキリンのおはなし

「うみキリン」ってどういうこと?と思いますよね。
海に住んでいる、キリンに似た生き物のことで、体調はなんと1万メートル。

首は陸上のキリンと同じように長く、海鳥のひとやすみスペースになっていて、その体にはところどころ穴が開いていて、魚たちの遊具になっているのです。

人間は誰も知らない、うみキリン。
「こんな生き物がいたらいいな」「いつか会ってみたいな」と、想像がふくらむ物語です。

空想が大好きなお子さんにおすすめの絵本ですよ!

『キリンねるねんりき』

キリンねるねんりき

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:伊藤文人
出版社:ポエムピース
発行日:2015/11/1
値段+税:1430円

お子さんに大人気、回文まんが絵本

「キリンねるねんりき」をはじめ、「ガンモも食べたモモンガ」など、回文をたくさん収載した作品です。

パパやママも、小さいころ回文に夢中になった時期がありますよね。
それはいつの時代も同じ。この作品は、そんな子供ゴコロを満たす絵本です。

コミカルなイラストと、回文のおもしろさにお子さんたちはきっと夢中。

ちょっと大きいお子さんなら、自分で回文を考えてみるのもおもしろいです。
自分で作った回文は、また特別なものになりますよ!

『キリンのあかちゃんがうまれた日』

キリンのあかちゃんがうまれた日

出典:https://www.amazon.co.jp/

作者:志茂田 景樹
イラスト:木島 誠悟
出版社:ポプラ社
発行日:2019/7/5
値段+税:1650円

お父さん視点の、新しい命の誕生を描いた絵本

キリンのコハネのおなかに、赤ちゃんが宿りました。
お父さんになるスカイはドキドキ。どうしても落ち着かず、いてもたってもいられません。

「無事に元気な赤ちゃんは生まれてくるかな?」と、スカイと一緒にハラハラドキドキしてしまう物語です。

弟や妹が生まれてくるお子さんにぜひ読み聞かせてあげたい、命の誕生を描いた絵本。

さきほど紹介した『キリンがくる日』の続編で、こちらも実話をもとにした作品です。
もし気に入ったら、ぜひ『キリンがくる日』と併せて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

キリンは大きな人気者!

夕焼けとキリン

キリンが主役の絵本には、個性的な作品が多いです。

普段は、たくさんの草食動物の中の1匹という立ち位置が多いキリンですが、主役になるとやはりインパクトが大きい動物。

長い首や大きな体を活かした、ダイナミックな動きを絵本でも見せてくれます。
キリンの飛び出す絵本は、さすがに圧巻です。

キリンの絵本を眺めていると、きっと動物園にお出かけしたくなりますよね。
動物園に遊びに行って、キリンをじっくり眺めてみるのも楽しいですよ。

親子で絵本を読んで、動物園にお出かけして、ぜひコミュニケーションのきっかけにしてみてください。

今回は、キリンが主役の絵本についてご紹介致しました。

お気に入りの一冊が見つかると良いですね!

タイトルとURLをコピーしました