5歳向け絵本の人気おすすめランキング20選!【男の子・女の子が自分で読める作品も紹介】

5歳向け絵本絵本
5歳くらいのお子さんに読む絵本って、何を選んだらいいか悩む方が多いですよね。
何にでも興味があって、活発でなかなか座っていてくれない…。なんてお悩みのパパとママは多いはずです。

「こんな絵本もう飽きたよ!」と、すっかり口達者になった我が子。大きくなったな、と嬉しい親心ですが、パパとママは困ってしまいます。
小さいころからのお気に入りの絵本を繰り返し読んであげるのも素敵です。しかし、もう5歳になるのだから、少し背伸びした絵本を選んであげてもいいのかもしれません。

今回は、5歳くらいのお子さんに選ぶ、おすすめ絵本を紹介していきます。
読み聞かせだけではなく、お子さんが自分で読むことのできる絵本も合わせて紹介するので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

5歳向けの絵本の選び方

絵本を読む子供達

5歳くらいというと、ちょうど幼稚園や保育園で数字やひらがななどの教育が行われている時期です。
また、お友達とのちょうどいい距離感などもわかりはじめて、社会性が芽生えるころです。
5歳児の特徴を踏まえて、絵本の選び方を解説していきます。

教育のねらいを決める

教育のねらいを決める

5歳児といえば年中さんから年長さんの頃です。まもなく小学生のお子さんは、自分でひらがなが少し読めるといいですね。
親子で一緒に読める程度のテキストの絵本を選んでみるといいです。
数字を数えるもの、テキストと対応したわかりやすいイラストが入ったものもおすすめです。

また、5歳は周りのお友達との関係も上手に築けるころです。周囲との人間関係をテーマにした絵本も読み聞かせに適しています。
そんなに難しい内容でないものも多いので、社会性を養うために読み聞かせてみましょう。

何度も読みたいおもしろさ

何度も読みたいおもしろさ

5歳のお子さんは活発で、大人の手を離れてどこまでも走っていってしまいます。
そんな年齢のお子さんをとどめておくくらい、面白い絵本を選ぶのがベターです。

面白いと言っても、ただ読んで笑うというだけでなく、ストーリーに強く引き込まれたり、恐怖で動けなくなったりでもいいのです。
一瞬でも絵本の世界に引き込まれて、その体験を楽しんでくれるような絵本を選びましょう。
お子さんが絵本を持って「またこれ読んで!」とおねだりしてくるくらいの作品なら、なおいいです。

大人とのコミュニケーションをはかる

大人とのコミュニケーションをはかる

パパとママが子供のころに読んだ絵本を、お子さんに読み聞かせてあげるのはおすすめです。小さいころに感じた面白さや恐怖などをお子さんと共有できるからです。

「パパは小さいころ、このシーンが好きだったんだ」「このシーンが怖くて、今でも夢に出てくるんだ」など、絵本をきっかけに親子の会話につなげることができます。
パパとママも、あらためて懐かしい絵本を読むと、子供のころに気付けなかったメッセージに気付くこともあります。
親子で楽しめることも、絵本を選ぶポイントです。

スポンサーリンク

5歳でも読める絵本のおすすめランキング【人気の作品はこれ】

子供達

それでは、5歳くらいのお子さんの読み聞かせにおすすめの絵本を、具体的に紹介していきます。
お子さんの興味をダイレクトに引くものから、パパとママにとってなつかしいラインナップまで、幅広く紹介します。

『なぞなぞのみせ』

なぞなぞのみせ

作者:石津 ちひろ
イラスト:なかざわ くみこ
出版社:偕成社
発行日:2011/9
値段+税:1080円

なぞなぞがたくさん、夢中になっちゃう絵本

絵本を開くと、なぞなぞがたくさんでびっくりします。
子供たちはなぞなぞが大好き。大人に出してもらって、納得して、次はお友達に得意顔で出題してみたりするものです。

この絵本は、なんとなくレトロな雰囲気が漂う商店街のお店のイラストの中から、なぞなぞの答えを見つけていきます。
そのイラストの雰囲気は、大人でも見入ってしまう懐かしさを感じさせます。

小学生向けのなぞなぞの本はまだ5歳の子には少し難しいかも?というときに選ぶ、なぞなぞのネタにおすすめです。

なぞなぞの絵本おすすめ人気15選!年齢に合わせたおすすめ絵本を紹介
...

『スイミー』

スイミー

作者:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社
発行日:1969/4
値段+税: 1572円

小学生はみんな知っている、おなじみのお話

『スイミー』と聞いたら、大人は小学校の頃を思い浮かべる方が多いと思います。これは、教科書の定番といってもいいくらいの作品です。
スイミーという小さな黒い魚が、仲間を失って旅に出るお話ということを覚えている方がほとんどではないでしょうか。「ぼくが、めになろう」はあまりにも有名なセリフです。

しかし、教科書に載っているのはほんの一部。実際は、スイミーの冒険はもっと壮大で、スイミーの成長をイラストと共に美しく描いた作品です。
小学校の教科書の定番『スイミー』ですが、ちょっと背伸びして読んでみるのも楽しいかもしれません。

『スイミーちいさなかしこいさかなのはなし』(1969)の内容あらすじ・口コミと評判【ネタバレあり】
...

『おしいれのぼうけん』

おしいれのぼうけん

作者:ふるた たるひ、 たばた せいいち
出版社:童心社
発行日:1974/11
値段+税:1404円

押し入れの中はスリル満点?読み聞かせの定番絵本

「さくらほいくえんには、こわいものがふたつあります」
そんな言葉から始まるこのお話は、2人の少年が保育園で先生を怒らせてしまって、押し入れに閉じ込められるところから始まります。
押し入れの中での2人の冒険は、スリリングで、ちょっぴり怖いかも。最後に2人が無事に押し入れから出てきたときには、ほっとして気が緩んでしまうかもしれませんね。

この絵本は昔から読み聞かせの定番と言われている作品です。小さいころ読んだことのあるパパやママも多いと思います。
子供のときとはまた違った魅力を感じられますので、ぜひお子さんと一緒に楽しんでいただきたい作品です。

『おしいれのぼうけん』(1974)のあらすじ・口コミと評判【ネタバレあり】
...

『はじめてのおつかい』

はじめてのおつかい

作者:筒井 頼子
イラスト:林 明子
出版社:福音館書店
発行日:1977/4
値段+税:972円

大好きなお母さんと、生まれたばかりの赤ちゃんのための、はじめての冒険

5歳のみいちゃんが、生まれたばかりの赤ちゃんのために、はじめてのおつかいをするお話です。

みいちゃんは、ママに頼まれた赤ちゃんの牛乳を買うために、100円玉を2枚握りしめてお店に向かいます。
途中の坂道で転んでしまったり、お店のおばさんが小さなみいちゃんに気付いてくれなかったり、はじめてのおつかいはトラブルの連続です。
みいちゃんは無事、赤ちゃんに牛乳を届けることができるのでしょうか?

この絵本は、ちょうど5歳のみいちゃんが主人公。5歳といえば、弟や妹がいてもおかしくない頃です。
お兄ちゃん、お姉ちゃんたちにぜひ読み聞かせてあげたい絵本です。

『はじめてのおつかい』の内容あらすじ・口コミと評判【ネタバレあり】
『はじめてのおつかい』という絵本をご存知でしょうか。この絵本は1977年出版の作品で、読んだことがあるパパママ世代も多いはず。主人公の女の子が初めておつかいに行く、ドキドキワクワクの絵本です。日常の見え方が少し変わるかも?親子におすすめ!

『100万回生きたねこ』

100万回生きたねこ

作者:佐野 洋子
出版社:講談社
発行日:1977/10
値段+税:1512円

周囲がどれだけ自分のことを大切にしてくれているか、考えさせられる絵本

とあるねこは、誰かの飼い猫に生まれて、その生涯を終えて、何度も生まれ変わっているねこでした。
ねこが死ぬたびに、飼い主は悲しむのですが、ねこは悲しくはありません。ねこが好きなのは自分だけで、飼い主の事は嫌いだったのです。
100万回の転生をして野良猫になったねこは、自分に興味を示さない白猫に出会います。ねこはその白猫の気を引こうと躍起になりますが…。

この絵本は5歳には少し難しいかもしれません。しかし、「自分が自分が!」とワガママな気持ちになってしまったとき、ふと落ち着いて周りを見るきっかけになる作品です。
親子で対話しながら読むのがおすすめです。

『100万回生きたねこ』の内容あらすじ・口コミと評判【大人でも感動する絵本】
『100万回生きたねこ』という絵本をご存知でしょうか。親から子へ語り継がれるロングセラー作品で、子供向けの作品に思われがちですが、実は大人が読んでも感動できる一冊なのです。この記事ではその『100万回生きたねこ』について紹介しています。

『サンタクロースとちいさな木』

サンタクロースとちいさな木

作者:エアーダイブ
出版社:Dybooks
発行日:2009/12
値段+税:1382円

サンタさんと弱虫な木の感動の物語

「サンタクロース島」にいる、心優しいサンタさんと、弱虫な「小さな木」の物語です。
弱虫な木は、いつでもサンタさんと一緒に過ごしたいと願っていますが、成長するにつれて、いつでも一緒にいるのがどんどん難しくなります。
そんなとき、2人は大きな嵐に遭ってしまいました。大好きなサンタさんと離れ離れになってしまった弱虫な木は、ひとりぼっちになってしまいます。

いろいろなバリエーションのサンタさんが見られて目に楽しく、また、弱虫な木の成長に感動させられます。
クリスマスが近くなったらぜひ読んであげたい絵本です。

【年齢別】クリスマス絵本の人気おすすめランキング26選。【読み聞かせにもピッタリな一冊を紹介】
...

『おうさまのたからもの』

おうさまのたからもの

作者:糟谷 奈美
出版社:至光社
発行日:2017/9
値段+税:1296円

本当に大切なものは何か?自分の心に問いかける絵本

おうさまは、素敵な宝箱に入れるための、たからものを探しに出かけます。しかし、なかなかたからものは見つからず、途方に暮れるおうさま。
そんな彼を、動物たちが慰めます。優しい動物たちと一緒にたからものを探していきますが…。

本当のたからものは何か、読んでいるうちに考えさせられる絵本です。みんなを思いやる心が美しい、優しい物語です。
イラストも色彩豊かで夢中になれる作品ですので、親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。

王様の絵本おすすめ人気ランキング15選!いろんな王様が大集合!
...

『りんごかもしれない』

りんごかもしれない

作者:ヨシタケ シンスケ
出版社:ブロンズ新社
発行日:2013/4
値段+税:1512円

「~かもしれない」を思わず真似してしまう絵本

主人公の少年の前に、1つのりんごがありました。
少年はふと疑問に思うのです。「もしかしたらこれは、りんごじゃないのかもしれない」と。
そこから少年の想像力が爆発していきます。もしかしたらりんごメカかも、りんご兄弟かも?
最後にりんごを一口かじってみた少年は、何を思うのでしょうか。

見た目どおりが真実ではないことは、よくあります。
この絵本は「もしかしたら違うのかもしれない」という問題提起のきっかけになる作品です。
お子さんの想像力を育てるのに役立つ絵本です。

りんご絵本おすすめ人気ランキング15選【子どもが楽しめるりんごの絵本を紹介】
甘くて美味しいだけではない、りんご。りんごの絵本は、可愛らしくて夢がある作品がたくさんです。この記事では、そんなりんごが主役の絵本を紹介しています。お子さんから大人まで、幅広い世代で楽しめるものがたくさんなので、ぜひ読んでみてくださいね。

『おでかけのまえに』

おでかけのまえに

作者:筒井 頼子
イラスト:林 明子
出版社:福音館書店
発行日:1981/10
値段+税:972円

お出かけ前のワクワク感を親子で共有できるお話

今日は楽しみにしていたピクニックです。
あやちゃんは準備に忙しそうな両親の手助けをすべく、お弁当をつめて、バッグをしめて…と、お手伝いをしてくれます。
でも、小さなあやちゃんは失敗ばかり。そんなあやちゃんを見ても、両親は怒りません。なぜなら、あやちゃんなりに頑張ってやってくれているのを知っているから。

お子さんって、お出かけ前になるとワクワクしますよね。自分のカバンにお気に入りのおもちゃをつめてみたり、おやつを選んでみたり。
パパとママの準備に興味を示してみたり、彼らなりに手伝ってくれたり。
そんなよくある光景を、主人公のあやちゃんが演じてくれています。
パパとママまで優しい気持ちになれる絵本です。

『もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう』

もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう

作者:土屋 富士夫
出版社:徳間書店
発行日:2000/1
値段+税:1512円

間に合ったー!と思ったら、間に合わない、トイレのおはなし

主人公のひでくんはおしっこがしたくて、デパートに駆け込むのですが、なんとそこは工事中。
デパートの中で親切な仲間たちが案内をしてくれるのですが、ひでくんには使えないトイレばかり。
ひでくんの膀胱は徐々に限界を迎えてきてしまい…。結末はどうなるのでしょう?

子供たちはこういうお話、大好きです。5歳くらいだと、男の子も女の子も「わかるー!」という気持ちになれるはずです。
誰にでも経験のある出来事を、おもしろおかしく描いた作品です。

『のはらひめ―おひめさま城のひみつ』

のはらひめ―おひめさま城のひみつ

作者:中川 千尋
出版社:徳間書店
発行日:1995/5
値段+税:1512円

プリンセスに興味津々な女の子が夢中になる絵本

ある日、おひめさまになりたい女の子のもとに、「おひめさま城」からお迎えがやってきます。「おひめさま城」はおひめさまになるための修行の場所。女の子は修行の結果、無事におひめさまになることができるのでしょうか?

この作品は断然女の子におすすめの作品です。5歳くらいというと、ディズニープリンセスなどがクラスで流行する頃です。
「お姫様になりたい!」と思う気持ちがもっとも強い5歳くらいの女の子たちに、この絵本に描かれる色とりどりのドレスは、宝の山のように見えるのではないでしょうか。

『はっぱのおうち』

はっぱのおうち

作者:征矢 清
イラスト:林 明子
出版社:福音館書店
発行日:1989/5
値段+税:972円

雨の中の、女の子と虫たちの優しい交流

小さな女の子、さちが遊んでいると、雨が降ってきてしまいました。
しかしさちは大丈夫。なぜなら、雨をしのげる「はっぱのおうち」を知っていたからです。
さちが「はっぱのおうち」で雨宿りをしていると、次々と虫たちも雨宿りにやってきます。最初は嫌がるさちでしたが、徐々に虫たちとの雨宿りを楽しむようになるのでした。

女の子が「みーんな おなじうちの ひとみたい」というセリフが印象的な、優しいストーリーです。梅雨の時期に読んであげたい絵本です。

『せきらんうんのいっしょう』

せきらんうんのいっしょう

作者:荒木 健太郎
イラスト:小沢 かな
出版社:ジャムハウス
発行日:2018/7
値段+税:1620円

雲のでき方や衰退を、絵本でわかりやすく紹介

積乱雲という夏によくできる雲について、それぞれの自然現象をかわいらしいキャラクターに例えてわかりやすく表現した絵本です。
作者は雲の研究家で、描かれる雲の知識は事実のもののため、お子さんの学習につながります。

夏に積乱雲を見つけて、大きな雲にびっくりする子供たちの疑問に答えてあげられる絵本です。
漢字が使われていますが、きちんとフリガナもふってあります。
夏の空を見上げて、「この雲はどうしてできたんだろうね?」と、親子で楽しみたい一冊です。

『とにかくさけんでにげるんだ』

とにかくさけんでにげるんだ

作者:ベティー・ボガホールド
イラスト:河原 まり子
訳:安藤 由紀
出版社:岩崎書店
発行日:1999/1
値段+税:1404円

お子さんに防犯意識の大切さを教える絵本

最近、児童に対する卑劣な犯罪が増えています。1人で歩いているときに、知らない人に声をかけられたらどうする?そんなときの対処法が紹介された絵本です。
例えば体を触られたら、誰に助けを求めるか、どこに逃げるかが具体的に描かれており、お子さんでも理解することができます。

カナダの小学校では防犯のための教育本として使われているようです。
ご家庭で「こういう状況になったらどうする?」とお子さんに問いかけながら、一緒に読んでみてください。

『1から100までのえほん』

1から100までのえほん

作者:たむら たいへい
出版社:戸田デザイン研究室
発行日:1986/1
値段+税:1728円

かわいいイラストで数字を身近に感じる絵本

100までの数字を数える、知育絵本です。5歳くらいなら、10くらいまでは数えられても、それ以上は苦手な子もいます。
小学校に入学する前の準備として、100までは数えられるようになっておくといいですよね。

この絵本は、100までの数字をかわいい動物たちと一緒に、実際に数える絵本です。
5歳よりも小さい子でも楽しめますので、兄弟で読むのもおすすめです。
ドリルで勉強するのではなく、楽しみながら数えていきましょう。

スポンサーリンク

【5歳向け】自分で読むのに適した絵本

自分たちで読める

パパとママの読み聞かせだけでなく、自分で興味を持って読むことのできる絵本も紹介していきます。
仕掛け絵本や声に出して読みたくなる絵本など、お子さんが興味を持つよう工夫されている作品を多めに選びました。

『うんぴ・うんにょ・うんち・うんご』

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご

作者:村上 八千世
イラスト:せべ まさゆき
出版社:ほるぷ出版
発行日:2000/10
値段+税:1296円

うんちにみんな興味津々!定番うんちの絵本

5歳くらいのお子さんは、うんちに興味津々です。
うんちのイラストがこれでもかと描かれた絵本に、きっと笑いがこぼれるに違いありません。
この作品は、たくさんのコミカルなうんちのイラストが盛りだくさんなので、お子さんも自然に読むことができます。

「今日はどんなうんちが出たかな?」「絵本のどのうんちと似ているかな?」と親子の会話にもつながります。
ただ面白いだけじゃない、うんちは生きていくうえで大切だ、ということも学べる作品です。

『うんぴ・うんにょ・うんち・うんご』のあらすじ・口コミと評判【ネタバレあり】
『うんぴ・うんにょ・うんち・うんご』という絵本をご存じでしょうか。タイトルからはお笑い系の絵本に見えますが、実は真面目なうんちの絵本。さまざまな形のうんちについて、おもしろおかしく紹介している絵本です。ぜひ親子で一緒に読んでみてください。

『Newウォーリーをさがせ!』

Newウォーリーをさがせ!

作者:マーティン・ハンドフォード
出版社:フレーベル館
発行日:2017/4
値段+税:1458円

おなじみ、絵本の中に隠れたウォーリーを見つけよう!

タイトルを聞いて「懐かしいー!」となる大人の方は多いはずです。
読んだことのある方がほとんどと言って良い、たくさんのそっくりな人物の中からウォーリーを探す絵本です。

おなじみ『ウォーリーをさがせ!』シリーズですが、この作品は少しだけ難易度が上がっています。きっとお子さんは、1人で絵本をのぞき込んで、夢中になってしまいます。
大人がチャレンジしても難しいですので、お子さんと一緒に真剣に探すのもおすすめですよ。

絵探し絵本おすすめ15選【2歳・3歳・4歳~】遊んで観察力をつける
おすすめの絵探し絵本をご紹介します。子どもの年齢に合わせてて適切な絵探し絵本を選ぶことが大切です。2,3,4最上に分けて絵本をご紹介します。自分の子どもの年齢と照らし合わせて確認してみてください。

『モーリーのすてきなおいしゃさんバッグ』

モーリーのすてきなおいしゃさんバッグ

作者:ミリアム・モス
イラスト:デボラ・オールライト
訳:浜崎 絵梨
出版社:ひさかたチャイルド
発行日:2014/12
値段+税:1728円

ごっこ遊びのできる仕掛け絵本

ごっこあそびの大好きなモーリーと一緒に、おいしゃさんごっこができる本です。
ただの絵本ではなく、仕掛け絵本となっています。まずおいしゃさんに変身して、それから訪れる動物たちを、湯たんぽや体温計で診察して、治療していきます。
患者さんは3匹の動物ですが、もし飽きてしまったらパパやママが患者さんになってもいいかもしれませんね。

小さい頃は、何かと病院にかかることが多いものです。
そんなときにお世話になった優しい小児科の先生になりきれる、素敵な作品です。

しかけ絵本おすすめ人気15選!年齢に合わせたおすすめ絵本を紹介
...

『ぐりとぐら』

ぐりとぐら

作者:なかがわ りえこ
イラスト:おおむら ゆりこ
出版社:福音館書店
発行日:1967/1
値段+税:972円

パパママは懐かしい、声に出して読んでしまう絵本

ぐりとぐらは仲良しの双子。お料理することと食べることが大好きで、2人は大きなかごを持って今日も森に出かけます。
森の奥で大きな卵を拾った2人は、何を作ろうかと考えます。思いついたのは、大きなカステラ!
いい匂いにつられた森の動物たちと、大きなカステラをみんなで楽しむのでした。

ぐりとぐらは読んだことのある大人が多いと思います。大きなカステラが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。
「ぐり ぐら ぐり ぐら」と、歌うように声に出して読んでしまう絵本です。

『ぐりとぐら』(1967)の内容あらすじ・口コミと評判【ネタバレあり】
...

『ぜったいに おしちゃダメ?』

ぜったいに おしちゃダメ?

作者:ビル・コッター
出版社:サンクチュアリ出版
発行日:2017/8
値段+税:1058円

タブーを破るのは楽しい!いたずらっ子におすすめしたい絵本

この絵本にはたった1つだけルールがあります。それは、絵本にある「ぜったいにおしてはいけないボタン」を押さないこと。
しかし、絵本に登場するモンスターのラリーが、「おしてみようよ」と子供たちをそそのかしてくるのです。

そそのかされてボタンを押すと、ラリーに思いもよらない変化が!
「次に押したらどうなるんだろう」と、ページをめくる手が止まらなくなります。

「絶対にダメ」と言われたら、やってみたくなってしまうのが子供心。そんな好奇心を簡単に満たしてくれる、笑える絵本です。

スポンサーリンク

5歳児はおもしろいお話が大好き!

喜ぶ子供

今回は、5歳児に適した絵本を紹介しました。
5歳くらいのお子さんは、なんといってもおもしろいお話が大好きです。
絵本を見てゲラゲラ笑って、それをパパとママ、きょうだいに「みてみて!」と楽しそうにお話してくれる、そんな年齢です。

それと同時に、周りへの配慮や学習についても少しずつ考えるべき年齢でもあります。
いかに楽しみながら、それらについて教えることができるのかが親の腕の見せ所です。
しかし、言葉や実際の体験で教えるには、限界があります。

そんなときに絵本での体験を通じて、親子で会話するきっかけを作っていきましょう。
今回紹介した絵本は、お子さんの興味を通じて、知育や情操教育につながる絵本も多いので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました